VOTTA7
VOTTA7

マイルーム

ALTEC A7改
ALTEC A7改
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~120型 / ~7.1ch
システム環境 メインスピーカー  ALTEC A7改 511B+802D×2 416A +TANNOY ST-200 プリアンプ  McIntosh C22(復刻) SANSUI C-23…
所有製品
  • カートリッジ
    ORTOFON SPU#1E
  • BDプレーヤー
    PIONEER BDP-LX88
  • AVアンプ
    MARANTZ AV8801
  • CDプレーヤー/トランスポート
    SOUND WARRIOR SWD-CT10
  • パワーアンプ
    TRIODE TRV-P845SE

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り製品

日記

アイコール製IQ1300A 復帰計画 その1

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年09月27日

2019年9月末で生産中止したアイコール製 バキュームディスクメイトIQ1300A。

真空ポンプを強化しレコードスタビライザーに逆流防止弁を取り付けそこから吸引する形にしたが他のプレーヤーに対し絶対的な優位性は得られず、それ以上のアイデアも浮かばなかったので煩わしさから今年4月外してしまった。

違うターンテーブルシートに交換しこれで完了と2021年の総集編まで挙げてしまったが....

8月にユキム、バキューム式レコードスタビライザー「CVS-1」の形を見てピンときた。

IQ1300Aの開発者がユキムに移り改良したのが間欠吸引機能を持つ「CVS-1」

なんか似ていない?


レコードスタビライザーを使用し吸引するというのは自分もやっていた。
しかしいくら強力な真空ポンプ、逆流防止弁を使ってもサクションホースを外すときに吸着が低下する。

ホースをつないだままで回転する継手なんてあるんだー!

ハイロータリージョイント
ベアリングを2ヶ所使用しておりますので、ロータリジョイントでは使用できない動きの速い揺動部、高回転部に使用可能。

こんな業務用一般人には単品購入なんた出来ないだろうと調べてみると....
通販で普通に買えるじゃないか(^^;

こうなると更に構想が湧き試してみたくなる(笑)

ということでハイロータリージョイント導入
サイズが色々あり選択に困ったがM5ネジで固定できる一番小さいのにしてみた。
CVS-1はホース径が6mmのようだが此方は4mmだった(^^;

これをレコードスタビライザーにM5の鬼目ナットを埋め込み固定。
無抵抗とまでは言えないがダイレクトドライブのターンテーブルなら問題ない。

吸着も上々で一時的に強力な吸引をするより弱くても持続的な吸引をした方が良い感じだ。

さすがに以前使っていた電動真空ポンプでは五月蠅くて使えない。
付属の真空ポンプでも五月蠅く常時は無理。

新しい真空ポンプ探しが始まる。

購入したアクセサリーが不満なら自分好みに改良していくのがオーディオの楽しみ方。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. VOTTA7さん、

    こんにちは。
    私もIQ1300AをNottinghamの HyperSpace HDと組み合わせて使っています。
    吸着機能は魅力ですが、片面終了時点ではどうしても吸着が弱くなります。

    スタビライザーを加工して逆流防止弁を取り付けるとは凄いですね。私は内蔵電池の代わりに大型モバイル・バッテリーから給電して2回吸引することで、比較的安定するようになりました。それでも、メインに使用しているAirforce Oneの吸着機能とは比較になりませんが...

    あと、外周のゴムリングがレコードより大きく針を降ろすときにゴム部分に落とさないように神経を使いますが、これをAirforce Oneのようにレコードより小さい径にしたらどうかな?と思案しています。


    その2以降の展開が楽しみです。

    byのびー at2021-09-28 07:26

  2.  VOTTA7 さん、お早う御座います。

     工夫されておられますね。私もオーディオテクニカの吸着ターンテーブルシートを未だ使い続けています。


     ただその吸着シートは、最初吸着すれば吸着装置は取り外し自己吸着力だけです。その為レコードの半分程で吸着力はなくなります。

     VOTTA7さんの日記を拝読し俄然挑戦したくなりました。ハイロータリージョイントはモノタロウでも入手できそうです。スタビライザーの穴を貫通させ、ジョイントを付けてばなんとかなるかなと思います。問題は静かな吸着ポンプですね。消音ボックスの検討も必要でしょうね。

     私も頑張ってみます。情報有難う御座います。

     yhh

    byyhh at2021-09-28 11:38

  3. のびーさん、こんばんは。

    Airforce Oneのターンテーブルを浮かせてレコード盤は吸着とエアーポンプの使い方は秀逸ですね。

    色々弄ってみて持続的な吸引というのがポイントだと思います。

    ユキムからIQ1300AユーザーのCVS-1へのアップグレードもアナウンスされています。

    byVOTTA7 at2021-09-28 21:30

  4. yhhさん、こんばんは。

    以前真空ポンプでハンダ吸引機作っていましたからテクニカの吸着ターンテーブルシートを合わせて流用出来ますね。

    問題はやは振動と音です。

    なかなか40dB以下にはならず苦労しています(-_-;
    何かアイデアあれば教えて下さい。

    byVOTTA7 at2021-09-28 21:35

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする