「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
VOTTA7
VOTTA7

マイルーム

ALTEC A7改
ALTEC A7改
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~120型 / ~7.1ch
システム環境 メインスピーカー  ALTEC A7改 511B+802D×2 416A +TANNOY ST-200 プリアンプ  McIntosh C22(復刻) SANSUI C-23…
所有製品
  • カートリッジ
    ORTOFON SPU#1E
  • BDプレーヤー
    PIONEER BDP-LX88
  • AVアンプ
    MARANTZ AV8801
  • CDプレーヤー/トランスポート
    SOUND WARRIOR SWD-CT10
  • パワーアンプ
    TRIODE TRV-P845SE

レビュー/コメント

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入り製品

日記

無指向型リアサラウンドスピーカーの検証

このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年01月06日

新しく導入した無指向性型スピーカーがリアサラウンド用として通用するのか?
直接放射型と違い無指向型の場合後方への明瞭な移動感が得られるのか懸念を示されたので確認のための映画鑑賞。

無指向型といってもフルレンジ一発と違いS119は四隅にツイーターが配置されているのでぬるい音は出てこない。

『ヒート』
今後もこれを超えるオフィス街での銃撃戦を観ることは出来ないだろう。
高層ビルのガラスに反射する銃声の残響音が凄まじく無指向型だろうと関係ない。
まだまだ余裕があり、もっと音量を上げたいが本物のパトカーが来てしまいそうなので我慢(笑)
『プライベート・ライアン』
こちらも一般家庭では限界の音量での試聴だがリアが物足りないことは無い。
戦車の機動はサブウーハーが無くてもボディソニックが上手く演出してくれる。
『ゼロ・グラヴィティ』
ツッコミどころ満載の演出で真面に観たことは無かったが今回サラウンドを注視して試聴(^^;
この映画フロントからだけでなくリアからもセリフが出てきて音が回る。
A7とS119の出音の違いはあるが位置関係は問題なく再現され興ざめするようなことは無い。
アトラクションとしては面白いがストーリーが陳腐だと没入感も乏しく3時間弱の『ヒート』『プライベート・ライアン』は一気に観れたがこれは途中飛ばした(^^;

自分にとってサラウンドはストーリーを盛り上げるための効果音で過度な表現は好きでないことが分かった(^^;

理想を言えば5本全て同じスピーカーなのだろうが、現実には部屋とスピーカーに合わせた選択が必要になる。
限られた空間でALTEC A7をメインに選んだ以上それに見合うセンター、リアスピーカーを求めて数十年(^^;

フロントスピーカーのスーパーツイーターは音楽ソフトには有効だが今回のような映画ではスクリーンに隠したままでもいいかもしれない。
荒々しさが減りちょっとお上品になってしまった(笑)
音楽ライブソフトに合わせてチューニングしてきた結果が出ているとも言えるが、
今後の課題としておこう。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. VOTTA7さん、こんばんは。

    「無指向型リアサラウンドスピーカー」は音をイメージしただけでも良さそうですね。スピーカー配置もITU規格の準拠しなくても、比較的フリーなセッティングでまとめることが出来そうだと感じました。

    世の中の多くのサラウンドを楽しんでいる人が、「ITU規格の配置は難しいと思えること」や、「サラウンド・スピーカーやサラウンド・バックを設置しなくても、無指向型リアサラウンドスピーカーのみでまかなえそうなこと」からマルチスピーカー派の方々には面白い研究テーマかと思います。

    ◆自分でサラウンドをやっていないのに、イメージの書き込みから失礼します。

    byヒジヤン at2022-01-06 19:25

  2. ヒジヤンさん、こんばんは。

    リアスピーカーの置き場所は限られているので、その場所で最高のパフォーマンスが得られる物は何かと考えたら30年以上前のスピーカーに辿り着きました(笑)
    それもサラウンドバックを捨てたから出来た発想でもあったりして。

    ピュアもサラウンドもイメージは大切ですね。
    実践してもイメージ通りにいかないのがオーディオ。
    そこからどう引き出していくかが勝負(笑)

    byVOTTA7 at2022-01-06 21:01

  3. VOTTA7さん

    >この映画フロントからだけでなくリアからもセリフが出てきて音が回る。A7とS119の出音の違いはあるが位置関係は問題なく再現され興ざめするようなことは無い。

    『ゼロ・グラヴィティ』の要望にお応えいただいたようで(笑)、参考になりました。そうですか、無指向性SPでも定位はキチンとするんですね。

    >戦車の機動はサブウーハーが無くてもボディソニックが上手く演出してくれる。

    そのようなものをお使いとは!恐れ入りました(笑)。これは3Dを超えて、「4DX」と呼ばれるスタイルですね。映画館なら経験したことがありますが、ご自宅でやっておられる方がいらっしゃるとは。

    くだんの友人ともうじきまた会うのですが、さすがにボディソニックまでは無理でも(笑)、モニターオーディオのバイポール・ダイポール型Bronze FX-6Gというモデルはリア用に検討してもよさそうですね(こういうSPはAVACのような専門店でも試聴の機会が全くないので、VOTTA7さんのご報告は貴重です)。

    byAuro3D at2022-01-06 21:28

  4. Auro3Dさん、こんばんは。

    無指向型やバイポール・ダイポール型は設置周囲の調音をした方がいいです。
    必要ない方向の音を反射させリスナー方向に振るのも面白い。
    これは実際やってみないと分からないですけどね(^^;

    ボディソニックも30年以上前からあったものです。
    自分のシステムは古いモノばかり(笑)

    byVOTTA7 at2022-01-06 21:51

  5. VOTTA7さん

    そうですか、ボディソニックというのはそんなに昔からある技術なんですね。まさか映画館のように前後や左右に動いたりはしないんでしょうが(笑)。

    実は、Auro3DのInstallation Guidelineでは、ダイポールスピーカーは「推薦しない」と明示してあるんです(以下添付)。設置のハードルを下げようと、Enabled SpeakerでもOKなどと言っている映画用のAtmosとは異なり、音楽用のAuroは「設置位置(角度)」が重要なので、厳密度が違うのでしょう。それで少し迷っていましたが、くだんの友人も、音響は映画中心でしょうからまあいいかと思い始めています。最終的にはデザインと設置容易性を勘案して彼が決めるでしょう。

    4.1.1 Dipole speakers Some home theater installers use dipole speakers for the Surround channels, especially when those speakers need to be positioned close to the listeners. This helps to create a more diffuse sound field without the speakers themselves becoming too obvious. However, the addition of the Height speakers in the Auro-3D® configurations inherently eliminates these issues. The use of dipole speakers is therefore not recommended for any Auro-3D® speaker setup.

    byAuro3D at2022-01-07 10:24

  6. Auro3Dさん

    直接リスナーに向けることが前提なので無指向型、ダイポール型は論外でしょうね(笑)

    自分がAtmos以上のサラウンドをやるとしたらAudio HeartのSA-1852を考えますね。
    でもメインはフロント大型スピーカーでのステレオ再生(^^;

    byVOTTA7 at2022-01-07 21:32

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする