myu
myu
伊豆高原にてマルチアンプのシステムでオーディオを楽しんでいます。 週一の更新ですがブログやっています。 https://myuaudio.hatenablog.com/

マイルーム

Accutonのある部屋
Accutonのある部屋
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~14畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
伊豆高原にてマルチアンプのシステムでオーディオを楽しんでいます。リスングルームは約14畳で傾斜天井となっています。 スピーカーユニットはAccutonとソニーを使っています。 Accutonス…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

リスニングルーム完成しました

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年11月22日

以前我が家のリスニングルーム関係の記事をアップしましたが、今回はその最終章です。
  2016年01月06日 リスングルーム遮音工事のまとめ
  2016年08月20日 内装工事 - 開始間近です
  2016年09月05日 残響時間の測定結果

我が家のリスニングルームの内装工事が完了して、ようやく音楽を落ち着いて聴けるようになりました。

壁は檜の板を縦張り、天井は檜の角材、床はチークのフローリングで仕上げています。弦楽器の音が瑞々しく聴こえるようにと、この様な仕上げを選んでいます。部屋の容積は約85㎥あり、加銅鉄平氏が奨励されているリスニングルームの最適残響時間より少し短くなっていますが、私の耳には程良い響きに感じられます。

スピーカー付近の横壁はフラッターエコーをなるべく防ぐために約5度の角度がつけてあります。見た目には、言われないと分からない位ですのは、危惧されるような視覚的な違和感は全く有りません。

スピーカーはソニーの4インチドライバーを中心としたホーンシステムと太鼓型エンクロージャーに収まったAccutonのユニットの2系統を気分によって使い分けています。デジタルチャンネルデバイダーとパワーアンプ類はスピーカーの背後に設置しています。その他の機器類はリスニング側に置いたラックに収納しています。




外窓は一般的なペアガラスを使ったアルミサッシですが、内窓は大信工業 「内窓プラスト」 です。内窓プラストは気密性が非常に高く遮音性に優れているそうです。特に防音仕様の部屋では窓が遮音・防音の観点からネックとなりますので、後で後悔しないものを選択したいものです。ガラスは10.8mmの防音ガラスを採用しました。遮音性能は測定していませんが、聴感的には我が家の壁の部分よりほんの少し劣る程度の遮音効果があること確認しました。




ドアは2重にしています。外ドアは大建工業の簡易型の防音ドア、内ドアは私が自己流で設計して大工さんに造って貰いました。内ドアの仕上げは壁と同じ檜の板ですので部屋との一体感があります。内ドアの厚みは60mmです。5mm厚のアスファルトシートで20mm厚の吸音ウールをサンドイッチした構造です。大工さんに”重ーい”と冗談を言われてしまいました。




我が家の遮音壁(仕上げ材も含む)の厚みは150mm程しか有りませんが、遮音性能は私の環境では十分です。iPhoneで簡易的に測定しましたらD-50程の性能は確保できているみたいです。この部屋の防音設計は防音専門のコンサルタントに依頼しました。この方は「出来る限り薄くてコンパクトな防音」をコンセントにされています。今回、これが我が家でも証明された形となりました。木造住宅でも、高密度の吸音ウール・ロックウール・アスファルトマット・遮音ゴムマット・強化石膏ボード・2重窓・2重ドアの組み合わせで十分な遮音性能が得られました。


リスニング側には可愛い小物達が無機的になりやすい男の趣味の部屋に安らぎを与えてくれています。



今回のリスニングルームの防音工事と内装の工事の状況は詳しく「私のブログ、Myu Audio日記」にアップしていますので、もし、部屋に興味のある方は除いてみて下さい。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. あ~うらやましい、スピーカーの形がおもろいですねー、四角い分がウーハーなんでしょう?是非聞いてみたいような気がします、ビデオ録音して公開されたらいかがでしょうか?ところで板張りで反響は気になりませんか?まだ何もなくのっぺらぼうなので、本棚とかいろいろ設置して見られれば音が乱反射して更に良くなりませんか?

    bypyhon at2016-11-22 12:37

  2. pyhonさん

    四角い箱に入ったウーファーをホーンとAccutionのシステムで共用しています。フラッターエコーはあると思いますが、傾斜天井と傾斜壁のお蔭でしょうか、今のところ気になるレベルでは無いです。乱反射については私も考えていまして、壁掛け照明を兼ねたパネルを様子を見ながら取り付けたいと思っています。

    bymyu at2016-11-22 17:14

  3. myuさん、リスニングルーム良いですねぇ!

    写真からはライブな感じを受けましたが、ブログを拝読すると残響はそれほどでもないのですね。側面の壁も並行ではないとのことでしょうか。

    byバーガンディミスト at2016-11-22 19:15

  4. バーガンディミストさん

    私も残響については意外でした。檜のほど良い強度が良い結果をもたらしているようです。吸音は傾斜壁の裏と天井の格子の裏で行っています。

    はい、側面はフラッターエコー低減の為一部を傾斜させています。これも意外でしたが、視覚的には全く違和感はありません。我が家に来た人も言われるまでは気づかないほどです。

    bymyu at2016-11-22 20:03

  5. myuさん

    天井の高さや傾斜も功を奏しているのでしょうが定在波の影響も少ないようで、かなりのリスニングルームとお見受けしました。
    今後のオーディオライフを満喫なさってくださいね。

    byバーガンディミスト at2016-11-22 21:58

  6. myuさん、初めまして。

    室内音響にとても興味があります。
    これまでの体験談や、工夫して作られたお部屋のサウンドをお聞かせいただきたいです。ご予定の合うときに訪問させて下さい。

    byヒジヤン at2016-11-22 22:41

  7. バーガンディミストさん

    この部屋は元は和室・広縁・押入れでこれらをリフォームしてワンルームにしましたので、新築の時のような部屋のサイズを自由に選ぶことはできませんでしたが、偶然にも定在波の影響は少ない結果を得ることができました。ビギナーズラックですね。

    bymyu at2016-11-23 07:36

  8. ヒジヤンさん

    初めまして。室内音響に興味をお持ちの方との交流楽しみです。ヒジヤンさん宅の床下の束の写真拝見しました。我が家もツーバイフォー工法の部屋ですので、お互い工夫した所などをお話できたら楽しいでしょうね。

    訪問の件は、私のブログのゲストブックに内緒で書き込みして頂けませんでしょうか。

    bymyu at2016-11-23 07:54

  9.  完成おめでとうございます。

     経過を見ながら完成をお待ちしていましたが、過程を楽しみながらこの1年苦労されてきた甲斐がありますね。

     是非その内お邪魔したいと思います。

    byケン at2016-11-23 08:26

  10. 完成おめでとうございます。

    檜の部屋と太鼓三兄弟?の音とホーンシステムの音、
    想像が付きませんが、これからの日記を楽しみにしています。

    byスイートサウンド at2016-11-23 09:41

  11. ケンさん

    ありがとうございます。防音工事と内装工事を分けたのは正解でした。是非、遊びに来てください。

    bymyu at2016-11-23 14:23

  12. スイートサウンドさん

    ありがとうございます。太鼓三兄弟は変顔に似合わず、ごく普通の音がしています。檜の部屋の良さは、下方リニアリティ高いことでしょうか。小音量でも瑞々しく音楽が楽しめます。漆喰の部屋も同じように良さそうな気がします。

    bymyu at2016-11-23 14:34

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする