DOCONO
DOCONO
オーディオにハマってまだ10年。恐ろしいことになっています。でも、今まで聞いていた曲が全く別のものにきこえたり、アーティストが苦労して作り上げた音の詳細がわかったときに、感動できたり、オーディオを趣味…

マイルーム

孤独と瞑想の部屋
孤独と瞑想の部屋
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~12畳 / 防音あり / スクリーン~100型 / ~5.1ch
ようやく機器も落ち着いて、セッティングも終わり私としては大満足の音になりました。 これからはゆっくり、この部屋で瞑想でもしながら音楽を聴きたいと思います。
所有製品
  • SACDプレーヤー/トランスポート
    MARANTZ SA-10
  • パワーアンプ
    ACCUPHASE A-200
  • その他
    PS AUDIO P5
  • その他オーディオプレーヤー
  • DAコンバーター
    CHORD DAVE

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

お気に入りユーザー

  

日記

安価な2chピュアオーディオでも3Dは分かりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月26日

POPsの3D音場の再構築を可能なシステムはどの程度のシステムで可能なのか、を知りたくてピュアオーディオ用としてはほぼ最安値のシステムで3D空間に音がちりばめられているソフトを再生してみました(ブログ参照

スピーカーはARL/JORDAN ENTRY-S 4万円程度で購入したもの、Nuforce iCON、3.5万で購入。両方とも結構古いシステムです。

ソフトによっては(YMO RYDEEN、Micheal Jackson Jamなど)結構、いけています。明らかにイヤホンやヘッドホンとは違った世界です。

ただし、音の質を問わず、音場の再構築だけを考えたら、AVアンプのバーチャルモードに負けてしまいます。
アーティストがどんな風に意図して音を配置しているのかを知りたければAVアンプの方が良いかもしれません。

今回のテストで、ハイエンドピュアオーディオ機器の再生音はやっぱり別世界なのだと再認識できました。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする