DOCONO
DOCONO
オーディオにハマってまだ10年。恐ろしいことになっています。でも、今まで聞いていた曲が全く別のものにきこえたり、アーティストが苦労して作り上げた音の詳細がわかったときに、感動できたり、オーディオを趣味…

マイルーム

孤独と瞑想の部屋
孤独と瞑想の部屋
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~12畳 / 防音あり / スクリーン~100型 / ~5.1ch
ようやく機器も落ち着いて、セッティングも終わり私としては大満足の音になりました。 これからはゆっくり、この部屋で瞑想でもしながら音楽を聴きたいと思います。
所有製品
  • SACDプレーヤー/トランスポート
    MARANTZ SA-10
  • パワーアンプ
    ACCUPHASE A-200
  • その他
    PS AUDIO P5
  • その他オーディオプレーヤー
  • DAコンバーター
    CHORD DAVE

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

お気に入りユーザー

  

日記

高級ポータブルプレーヤーはコスパの良い再生機かも

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月31日

手持ちのMojo+PolyとNP-S2000, NP-S303、Hugo M-Scaler+DAVEを比べてみました(詳細はブログ参照)。

Mojo+Polyは持ち出してポータブルプレーヤーとして使うのは使い勝手が悪いのですが、据え置き機としてはかなりコスパがいいです。据え置き機としては20万円以下でこれに勝てる機種は無いかもしれません。

思うに、現在のオーディオはポータブル機+イヤホン再生が中心です。ですので、ポータブルプレーヤーは激しい競争でかなりコスパがいいのかもしれません。そもそも、ヘッドホン、もしくは、イヤホン再生という、かなり細密な再生が可能な機器の仕様を前提としているので解像度が高くないとお話にならないという事もあるのでしょう。

mojo+polyの音からの推測ですが、世にある高級ポータブルプレーヤーはスピーカー再生のステレオ機器に組み入れるとかなりの実力があるのでは無いでしょうか。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする