DOCONO
DOCONO
オーディオにハマってまだ10年。恐ろしいことになっています。でも、今まで聞いていた曲が全く別のものにきこえたり、アーティストが苦労して作り上げた音の詳細がわかったときに、感動できたり、オーディオを趣味…

マイルーム

孤独と瞑想の部屋
孤独と瞑想の部屋
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~12畳 / 防音あり / スクリーン~100型 / ~5.1ch
ようやく機器も落ち着いて、セッティングも終わり私としては大満足の音になりました。 これからはゆっくり、この部屋で瞑想でもしながら音楽を聴きたいと思います。
所有製品
  • SACDプレーヤー/トランスポート
    MARANTZ SA-10
  • パワーアンプ
    ACCUPHASE A-200
  • その他
    PS AUDIO P5
  • プリアンプ
    PASS XP-20
  • その他オーディオプレーヤー

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り製品

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

Sonus faber TOYをCarot one Ernestoloで鳴らす 良いです

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年04月01日

押入れの隅で眠っていたCarot one Ernestoloを思い出し、同じイタリアンブランド同士で合うかもと思ってSonus Faber TOYを鳴らしてみました。構成は

Mojo+Polyで再生しErnestoloのRCA入力に。
全景はこんな感じに


ボーカルがとにかくリアルで綺麗。正直言ってアキュフェーズより全然良いかも。
びっくりです。
ブログもご覧ください

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. こんにちは。

    Carot oneもなかなか頑張ってるなという印象です。
    私は、音色はスピーカーで決まりシステム全体のスケール感や深さなどはアンプが支配的になると思っています。
    自作派にもスピーカーをたくさん作る方がいますが、私はアンプとDACが主です。
    アンプは回路や使用部品によってかなり音が違います。市販品にはあまり興味がありませんが(資金的に手が出ないのであきらめています)国内ですとソウルノートの最近のアンプに興味があります。JBLのK2 S9900の評価もソウルノートのアンプとの相性がよかったのかもしれません。たぶん究極はFMアコースティックスだと思っていますがかなりお高いですが機会があれば視聴されることをおすすめします。

    byマイペース at2021-04-02 09:57

  2. マイペース様
    レス有難うございます。FMアコースティックスは確かに究極でしょうね。でも値段も究極で、ちょっと手が出ない感じです。音は一度は聴いてみたいなと思います。残念ながら一ども聴いたことがなく、スピーカー探しの旅の間にどこかで聞ければいいなと思います。

    byDOCONO at2021-04-02 23:12

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする