よんまる
よんまる
 自作PCでPCオーディオを楽しんでいます。  ハンドルネームはかつて憧れのMPUであったMC68040にちなんでいます。  多数の情報を集積し、最高の音を目指します。  私の駄文をつらねた…

マイルーム

マイオーディオルーム
マイオーディオルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
 5.5畳しかないごく普通の部屋です。  狭いので全景を撮るのが大変です。  近年の住宅であればごく普通の装備ですが、窓はペアガラス、壁にはグラスウールが入っているので、音漏れはわりと少なめで…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り製品

日記

Yoshii9の購入までその1 「Yoshii9を最高の音で聴こう!」との出会い

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年04月29日

 前回の日記でYoshii9を導入したと書きましたが、ここからは少し戻ってYoshii9購入にいたるまでをもうすこし詳しく書いていきます。

 2007年12月あたりからネットでオーディオについて調べ始め、さまざまなホームページやブログ、掲示板などを読んでいきました。2008年に入ってプロケーブルに出会い、しばらくプロケーブルを軸に情報収集を進めました。現在までの知見を踏まえたプロケーブルの評価については今まで書いてきたとおりです。私がプロケーブルを読み始める少し前にAirMacExpressのことが話題になったらしく、外部クロック的利用の発見やバッテリーハブのあたりについては追体験する形となりました。AirMacExpressについての基本情報や他のサイトでの検証結果を調査するため検索を続けたところ、出会ったのが、すでに何度か引用していますが、小提琴奏者さんが書いているブログ「Yoshii9を最高の音で聴こう!」でした。
 はじめはそのタイトルや記事内での「Yoshii9」の連呼から、メーカーの回し者かとも思ったのですが、記事を読んでいくとそうではなく、プロバイオリン奏者というのも本当だと判断できました。

 AirMacExpressの記事にはじめ出会ったので、その周辺記事を先ず読んでいきました。無線をOFFにすることや、IPアドレスを固定することなどはプロケーブルと同様の結論となっていました。この方はAirMacExpressの外部クロック的利用(触媒的?利用)を推奨していること、バッテリー駆動により著しく高音質となるスイッチングハブを見出したことは以前に書いたとおりです。メビウスの輪設定(AirMacExpressのゲートウェイ設定をPCのアドレスとし、PCのゲートウェイをAirMacExpressのアドレスとする奇抜な設定)についてはダメだったとしています。プロケーブルサイトをよく読むと、メビウスの輪設定についてははじめに提案した方も結局はこの設定を放棄しているように読めます。

 AirMacExpressに関する一連の記事の中で、特に重要なものはハブの数珠繋ぎ、外部クロック的利用(触媒的?利用)、LANケーブル、電源ケーブルといったところですが、これらの記事の中で普通の方にはとても見つけられそうに無い設定方法が書かれているエントリーがあります。

 http://shyouteikin.seesaa.net/article/152616209.html

ここに

>AirMacExpressを使い始めてから
> べつにその様な音が聞こえるわけではないのですが
> あえて言葉に例えれば「キィ~~ン」とでも表現される様な
> べつにそこまでの症状が現れているわけではないのですが
> あえて言葉で書けば 「頭が締め付けられる」ような感じがしていました。
>その様な時
>ふと
>拙室に置いてある上掲の電波時計を見ると
> 電波時計として
> 日本標準時を載せた電波を受信して、時刻を自動修正する動作を始めたところ
> 針がグルグルと回って、定刻で停まる…はずが
> 針がグルグル、グルグル、グルグル…と回り続けているではないですか!

>ということで
> 私は電波の専門家ではないので、上記はたんなる偶然なのかもしれませんが
> 私は電波=AirMacExpressがワイヤレス使用であるからいけないと思い
>AirMacExpressをスイッチングHUBにLANケーブルで有線接続した上で
>AirMac 管理ユーティリティから
>「ワイヤレスは無効」にしてみたものの、上記症状は改善されなかったのですが
>今度は
>「送信電波の強さ」のスライドレバーを最弱にしてみたところ
>電波時計の上記障害が改善されるとともに
>AirMacExpressの触媒的?利用で聴く音質も向上したのです!

 電波の強さ設定は無線をoffにしていると出てきません。

 一度無線を有効にしてから電波強度を細弱にする必要があります(その後、無線を再び無効にすると良い)。ですので、無線が原因とあたりをつけることができなければ無線の強度設定を行うなどという発想にはなりません。


 この記事ではたまたま電波時計の動きがおかしかったことがきっかけとなったと述べられていますが、別のエントリーではキィ~~ンという音が聞こえるような気がしたので調べてみると盗聴器があったなどという記事も存在していますので、やはり電波に起因するビートダウン音を聞き取っていたのではないかという気がしますし、本人も電波時計だけではなく感じる症状から電波だというあたりがついていたのではないかと思われます。そうでなければ、「ワイヤレスは無効」にして解消しなかった時点で別の原因を探しに行ってしまい、再びワイヤレスを有効にして電波強度を設定するというところにはなかなか到達しないと思います。この方法で得られる音質向上は少なくとも私のほうでは劇的なものではありませんでしたので、人によってはたまたま設定の方法を見つけても、見逃してします可能性も大きいと思われます。
 この方法を発見したのは、探求熱心な方だという要素もあるのでしょうが卓越した耳の持ち主ということが強く作用したように思います。私が時間をかけていろいろ試したところでこの方法が良いと適切に判断できるとは到底思えません。
 この電波強度を細弱にするという設定方法は音質向上の程度はそこそこでしたが、小提琴奏者氏の耳の凄さを初めに知ったエントリーでした。この後、さらに記事を読み進め、このブログを強く信頼する様になります。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 我家も無線LANを繋げてた時は音が悪かったです。
    現在は使用時のみ相互で無線LANをオンして居ます。

    byNong-Khai at2012-04-30 13:21

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする