よんまる
よんまる
 自作PCでPCオーディオを楽しんでいます。  ハンドルネームはかつて憧れのMPUであったMC68040にちなんでいます。  多数の情報を集積し、最高の音を目指します。  私の駄文をつらねた…

マイルーム

マイオーディオルーム
マイオーディオルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
 5.5畳しかないごく普通の部屋です。  狭いので全景を撮るのが大変です。  近年の住宅であればごく普通の装備ですが、窓はペアガラス、壁にはグラスウールが入っているので、音漏れはわりと少なめで…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入り製品

日記

ラインケーブルの比較その5 AEXおよびVGPから見たケーブルの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年07月24日

 ラインケーブル(RCAケーブル、インターコネクトケーブル)の比較について、今回はオーディオ雑誌等による評価を中心に見ていきます。
 オーディオ雑誌による製品紹介記事については製品の優劣が全く分からないものが殆どであるわけですが、それでもオーディオアクセサリー誌において行われている「オーディオ銘機賞(AEX)」や音源出版が主催となり販売店の協力を得ておこなわれているビジュアルグランプリ(VGP)においてはその性質上、特に優秀な製品を決定する形になっています。ただし、審査基準は発表されていないため、忠実に再生するかどうかだけを評価しているとは限らず、多様な音の好みやCPを多少考慮している可能性があるため、そのことが誤差となっているかもしれません。なお、「オーディオ銘機賞」は前年の新製品が対象、「VGP」はエントリーされた製品すべてが審査対象となっているようです。
 オーディオ銘機賞の2009~2013およびVGP2009summer~2013summerまでの受賞製品のうち、トップ賞等の他の受賞製品よりも上位の賞を受賞している製品を並べると、次のようになります。なお、これらの結果はファイルウェブ内で閲覧できるようになっていますが、オーディオ銘機賞2009と2010についてはトップ賞がどれであったのファイルウェブ上には書いてありません。

オーディオ銘機賞2009
トップ賞  ACOUSTIC REVIVE XLR-1.0PAII

オーディオ銘機賞2010
トップ賞  ACOUSTIC REVIVE LINE-1.0R
トップ賞  FURUTECH Lineflux (RCA&XLR)

オーディオ銘機賞2011
グランプリ     ZONOTONE 7NAC-Shupreme 1
20万円以上部門金賞 AET EvidenceLine
10-20万円 部門金賞 ACROLINK 8N-A2080III Evolution
5-10万円 部門金賞 TIGLON MGL-R1/X1
2.5-5万円 部門金賞 OYAIDE TUNAMI TERZO RR/XX

オーディオ銘機賞2012
10万円以上部門金賞 JORMA DESIGN ORIGO RCA&XLR
5-10万円 部門金賞 OYAIDE AZ-910
5万円以下部門金賞 CHORD Company CADENZA RCA/XLR

オーディオ銘機賞2013
グランプリ CHORD SARUM Tuned ARAY
グランプリ AET CADENZA RCA/XLR
5万円以上部門金賞 NVS FD RCA 0.9
5万円以下部門金賞 ACOUSTIC REVIVE LINE-1.0RS/XS

VGP2009summer
5万円以上部門金賞 ZONOTONE 7NAC-Grandio10
2~5万円部門金賞 WIRE WORLD ECI6 RCA
2万円未満部門金賞 OYAIDE QAC-212R

VGP2010
5万円以上部門金賞 SAEC   SL-4000
2~5万円部門金賞 ZONOTONE 7.6N・AC-4000 Meister
2万円未満部門金賞 ACOUSTIC REVIVE LINE-1.0R

VGP2010summer
5万円以上部門金賞 ZONOTONE 7NAC-Grandio10
2~5万円部門金賞 OYAIDE TUNAMI TERZO RR
2万円未満部門金賞 FURUTECH ALPHA Line 2

VGP2011
5万円以上部門金賞 ZONOTONE 7NAC-Shupreme
2~5万円部門金賞 ZONOTONE 7NAC-5000 Meister
2万円未満部門金賞 ACROLINK 6N-A2200 II

VGP2011summer
金賞        ZONOTONE 7NAC-Shupreme 1
銀賞        ACROLINK 8N-A2080III Evolution RCA
銅賞        OYAIDE AZ-910

VGP2012
金賞 ZONOTONE 7NAC-Shupreme 1
銀賞 ESOTERIC 8N-A2000
銅賞 JORMA DESIGN JORMA UNITY RCA

VGP2012summer
金賞 ZONOTONE 7NAC-Shupreme 1
銀賞 ACROLINK 8N-A2080III RCA
銅賞 MONSTER CABLE M1000iMK2

VGP2013
金賞 ACOUSTIC REVIVE LINE-1.0RS
銀賞 ESOTERIC 8N-A2000
銅賞 ZONOTONE 7NAC-Shupreme 1

VGP2013summer
金賞 ZONOTONE Blue Spirit 777-AC

 これらの製品はほかの一般の受賞製品よりも高音質の可能性が高いと考え、比較していきます。
 たとえば、オーディオアクセサリー2009年冬号(135号)に掲載のオーディオ銘機賞2010ではアコリバのLINE-1.0R(19,740円)がフルテックのLineflux(186,900円)とともにオーディオケーブル部門でトップ賞を受賞しています。他の入賞製品はATLAS ASIMI(525,000円),CHORD INIDIGO PLUS(273,000円),MIT CVT 1ic(78,750円),OYAIDE QAC-212R(9,555円),Purist Audio Disign(59,850円),QED QSG6S-1.0S(63,000円),REAL CABLE CA OCC90(31,500円),TIGLON MGL-1000R&X(50,400円),WIRE WORLD ECI6 RCA(67,200円),WIRE WORLD PEIRCA(367,500円),ZONOTONE 7.6N-AC-4000 Meister(29,295円),ZONOTONE 7NAC-Grandio 06(50,293円)があがっています。そのため、

 ACOUSTIC REVIVE LINE-1.0R, FURUTECH Lineflux >
ATLAS ASIMI,CHORD INIDIGO PLUS,MIT CVT 1ic,
OYAIDE QAC-212R,Purist Audio Disign,QED QSG6S-1.0S,
REAL CABLE CA OCC90,TIGLON MGL-1000R&X,
WIRE WORLD ECI6 RCA,PEIRCA,
ZONOTONE 7.6N-AC-4000 Meister,7NAC-Grandio 06

という意味であると思われます。この関係は上記の他のランキングやこれまで調べてきた他の情報と比較してもとくに矛盾が見つからないため、正しいものと推測します。そして、VGP20115万円以上部門においてLinefluxが一般入賞製品であるのに対してZONOTONE 7NAC-Shupremeが金賞となっています。そして、VGP2013において、ACOUSTIC REVIVE LINE-1.0RSが金賞であるのに対して、ZONOTONE 7NAC-Shupreme 1が銅賞であるため、LINE-1.0RS > 7NAC-Shupreme 1 > Linefluxとなります。また、LINE-1.0RSはLINE-1.0Rがモデルチェンジしたものであり、メーカーは旧モデルよりも音質を向上させたとしており、そのことはアコリバ掲示板の書き込みにおいて使用者の声として確認できるため、LINE-1.0RS > LINE-1.0Rであることは間違いないと考えられます。これらの関係は、ほかから得られた情報と明らかには矛盾したないため、LINE-1.0RSがオーディオ銘機賞2010受賞製品すべてに対して(VGP2011、VGP2013の受賞製品に対しても)優れていると考えます。以下同様にケーブルを比較していきます。
 ただし、VGP2013summerではZONOTONE Blue Spirit 777-ACが金賞であり、同じZONOTONEの7NAC-Shupreme 1およびアコリバのRCA-1.0PAが入賞となっていますが、Blue Spirit 777-AC > RCA-1.0PAとすると、アコリバのメーカー見解および掲示板の書き込みその他情報によりRCA-1.0PA > LINE1.0RS であり、また、VGP2013からはLINE-1.0RS > 7NAC-Shupreme 1 > Blue Spirit 777-AC であるため、LINE-1.0RS > Blue Spirit 777-AC > RCA-1.0PA > LINE-1.0RSとなり、またBlue Spirit 777-AC > 7NAC-Shupreme 1 > Blue Spirit 777-ACとなるため、矛盾します。そこで、RCA-1.0PA > LINE-1.0RS > 7NAC-Shupreme 1 > Blue Spirit 777-ACという関係を正として、RCA-1.0PAをVGP2013summerの受賞作品に対し優れていると考えます。
 同様に、VGP2009summerではZONOTONE 7NAC-Grandio10 > ACOUSTIC REVIVE RCA-1.0PAなのですが、その後のVGPにより、LINE1.0RS > 7NAC-Shupreme 1 > 7NAC-Grandio10であるため、音質的にはRCA-1.0PA > 7NAC-Grandio10 であったと考えます。
 オーディオ銘機賞2009ではACOUSTIC REVIVE XLR-1.0PAIIがトップ賞となっており、RCA-1.0PAがのっていませんが、これは、XLR版のプラグが変更されて新製品となった一方でRCAは新製品ではないためですが、ケーブル部分は同一のため、オーディオ銘機賞2009のデータについてはトップ賞をRCA-1.0PAに置き換えて考えます。

 以上を行ったうえで、ランキング全体を見ていくと、アコースティックリバイブのケーブルが強く、RCA-1.0PAがアコリバの音質的ハイエンドとすると、RCA-1.0PA未満となるケーブルは
 ・VGP2009summer5万円以上部門全部
 ・VGP2009summer2~5万円部門全部(WW ECI6 < SAEC SL-4000 < 7NAC-Grandio10 < RCA-1.0PAのため)
 ・VGP2009summer2万円未満部門全部(QAC-212R < LINE1.0R(オーディオ銘機賞2010)のため)
 ・VGP2010 5万円以上部門全部(SAEC SL-4000 < 7NAC-Grandio10 < RCA-1.0PAのため)
 ・VGP2010 2~5万円部門全部(7.6N・AC-4000 Meister < LINE-1.0R (オーディオ銘機賞2010)のため)
 ・VGP2010 2万円未満部門全部
 ・VGP2010summer5万円以上部門全部
 ・VGP2011summer 全部
 ・VGP2011 5万円以上部門全部
 ・VGP2012 全部
 ・VGP2012summer 全部
 ・VGP2013 全部
 ・VGP2013summer 全部
 ・オーディオ銘機賞2009全部
 ・オーディオ銘機賞2010全部
 ・オーディオ銘機賞2011 10万円~20万円部門全部
(8N-A2080III < 7NAC-Shupreme 1(VGP2012,2012summer)であるため)
 ・オーディオ銘機賞2011 5万円~10万円部門
(TIGLON MGL-R1 < LINE-1.0RS (VGP2013)であるため)
 ・オーディオ銘機賞2012 10万円以上部門全部
(JORMA DESIGN ORIGO < 7NAC-Shupreme 1(VGP2012)であるため)
 ・オーディオ銘機賞2012 5万円~10万円部門
(OYAIDE AZ-910 < 7NAC-Shupreme 1(VGP2011summer)であるため)
 ・オーディオ銘機賞2013 5万円以下部門全部
となります。

また上記にはゾノトーンの7NAC-5000 Meisterが金賞であった「VGP20112~5万円部門がはいっていませんが、ゾノトーンホームページによれば7NAC-Shupreme 1を「最高峰」としていますので7NAC-Shupreme 1 > 7NAC-5000 Meisterとすれば、

 ・VGP20112~5万円部門
(7NAC-5000 Meister < 7NAC-Shupreme 1 < RCA-1.0PAと考えるため)
 ・VGP2010summer2~5万円部門
(TUNAMI TERZO RR < 7NAC-5000 Meister(VGP2011) < RCA-1.0PA)

の2つの部門の受賞ケーブルすべてを RCA-1.0PA未満の製品として加えることが考えられます。

以上、一部にはRCA-1.0PAと比較ができない製品もありますが、比較可能な製品の比較結果についてはこれまで収集してきた情報と矛盾が無く、また、アコリバの他の製品の評価の高さからみても、設計者の音質評価の確かが伺え、オーディオ雑誌によく取り上げられている製品のうち比較可能なすべてのRCAラインケーブルに対してアコリバのRCA-1.0PAは高音質なのではないかと推測されます。

 さらに続きます。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする