「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
YSL
YSL
昔からのオーディオ好きな、40オヤジです。 最近になり、やっと好きなオーディオに専念できる環境が整いつつある。 今後の課題は、アナログプレーヤーの導入である。

マイルーム

宜しくお願いします
宜しくお願いします
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
スピーカー B&W 802 Diamond プリアンプ AMPHION LINE3 パワーアンプ AMPHION POWER3i MONO SACDプレヤー DENON DCD-SX i…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入り製品

日記

Stereo Sound No182を見よ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年03月12日

皆さん、こんにちは!YSLです。

他誌の事で申し訳ありませんが、今発売中のStereoSound No182号の「ファインチューニングのすすめ」を是非ご覧ください。

オーディオ雑誌には珍しく、とても為になる真実の記事が掲載されています。

Step1~7で構成されていて、182号ではStep1の電源、Step2のアースについて掲載されています。

皆さんのオーディオライフの糧にしてください。

私はこの記事がとても真っ当に正しい事を述べていると感じましたが、違う意見の人も居ることでしょう!

その様な人の意見も伺いたいと思います。

宜しくお願いします。


次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 読みましたが、メーカー側の反論?も掲載しないと単なる「欠席裁判」になりかねませんし、、、

    この方が感じている事、という程度の記事でしょう。

    by田舎のおじさん at2012-03-12 18:33

  2. YSLさんもまた荒れそうな日記をアップされましたね。。

    記事、読んでいませんが田舎のおじさんさんに一票です。

    そもそも人間の五感なんて人によって千差万別です。
    ピーマン大好きな人もいれば大嫌いな人もいます。
    「ピーマンの味そのもの」は絶対的なもので変わらない
    筈なのに、人によって感じ方が違うわけです。
    それは、味覚の差であったり好みの差だったりするわけです。

    これは、当然その他の五感、聴感にもいえることですね。
    ある固有のオーディオ機器から出てくる音は絶対的なもので
    変わらないはずなのに、人によって聴こえる音があったり
    聴こえない音があったり(聴覚の差:われわれおじさんwでは
    聴き取れない高域がありますね、残念ですが)音の好みに
    よって「いい音楽」になったり「合わない音楽」になったりしますね。

    ということで、やはり「参考にはしていい」と思いますが
    「参考は参考」ですね。
    それを妄信するのは危険な気がします。

    他人が「これにすると激変!」と言っていても、自分が
    差を感じられなかったとしたら、その対策に何万何十万と
    投資しませんよね?

    「評論家と称する方々のご意見は参考程度」
    この位に考えていた方が気楽にA&Vを楽しめる気がします。
    (まぁ、私などが言うまでも無く、皆さんご自身で参考にするか
    しないか取捨選択されていると思いますが。。)

    byhide234 at2012-03-12 19:06

  3. YSLさん

    私もこの記事を詠みました。普段いろいろとトライして感じていることと同じ内容を、データーを添付して書かれていますね。
    非常に好ましいことかと思います。メーカーやいろいろな慣習からのプレッシャーに負けることなく、悪いものは悪いと書いたことはユーザーにとっても大きなためになるし、雑誌としても勇気ある一歩で、私は支持します。内容が正しいかどうかは読者の判断によれば良く、筆者が感じたことを正確に書かれていることが素晴らしいことだと思います。

    byクテマ at2012-03-12 19:18

  4. レスをくださった方たちにはお礼を言わせていただきます。

    この記事は、私が普段感じて実践している事がたまたま掲載されていたもので、より多くの方々の意見を聞きたく日記にUPさせていただきました。

    今回は電源、アースについてでしたが、個人的には以前A社のクリーン電源を使用していた経緯があるのでとても興味深く拝見していました。

    想像通り様々な意見があるようですが、この記事についてはクテマさんも感じておられるように、良いことは良い、悪いことは悪い、とオーディオ雑誌的に見れば(広告を出しているメーカーから見れば、決して良い記事だけではない)批判的な内容も含まれるのでマイナスになりかねない事をあえて掲載したことに意義があると思います。
    特に、StereoSound誌の編集主幹の方の名前が掲載されていることもポイントかと思います。

    一応ことわっておきますが、私は決して全てを否定するわけではありません!

    この様な事実もあるのでは!という感想を持っているので皆さんにあえて感想を伺ったまでですので、誤解なさいません様にお願いします。

    byYSL at2012-03-12 21:34

  5. YSLさん、こんばんは。

    私も今日購入して読みました。

    本文に関しては頷ける部分も首をかしげる部分もあり、こういう意見や考え方もあるのだなぁと、とても参考になりました。

    中でも、一番同意出来たのは簡潔にまとまった七か条の部分でした。

    特に、

    ・アクセサリーは音を変える道具でなく、コンポーネント本来の性能を引き出すための黒子である。 機器のポテンシャルより音を良くするアクセサリーなどありえない。

    ・アクセサリー導入にあたっては、コンポーネントとの価格バランスを忘れないこと。

    ・現在の音質傾向や課題を把握し、目的を明確にしたうえで、手順を踏んで実施すること。

    上記の点は改めて言葉で表していただくと、中々感じ入りますね。

    自分自身相手でも他人の方相手でも、この辺を忘れるとやはり何か違うのではと思ってしまう部分があるのではないでしょうか。

    たかがされどのアクセサリー、悩ましいものです・・・。

    by快聴亭戯休 at2012-03-12 21:35

  6. 私、上述したように記事を読まずに先のレスを書きましたが、
    快聴亭戯休さんが転記頂いた部分は頷けます。

    まともなこと書いてあるじゃないですかw

    もう、、YSLさんも快聴亭戯休さんが転記頂いたようなことも
    併記頂ければ建設的なレスがてんこ盛り!

    になるかどうかはわかりませんが、少なくとも私の
    レスはもう少し違ったものになった気がします。

    ※YSLさんに対して否定的な訳ではないのでその点だけは
    誤解しないで下さいね。。

    byhide234 at2012-03-12 22:54

  7. Stereo Soundや他のオーディオ雑誌に騙されたと感じてる人が多いので捻くれ者が存在するのでしょうね

    特に田舎では情報源が少ないので気軽に製品を自分の耳で聴けないし
    オーディオ妄想が膨らみ・・・

    評論家や雑誌社も良い方向の意見をだしたことは素直に評価したいです。

    byトラウトマン大佐 at2012-03-13 01:21

  8. YSLさん、おはようございます。

    ステサンの記事読みました。

    残念ながら私には「オーディオ雑誌には珍しく、とても為になる真実の記事が掲載されています。」とは思えませんでした。
    結局のところ、クテマさんのレスにあるように「内容が正しいかどうかは読者の判断によれば良く」に尽きますね。

    内容の真偽は別にして、この記事の趣旨からメーカー、製品名は伏せてデータを提示し、その特定のデータをもってクリーン電源またはアイソレーショントランス全般の特性と断じているのは、いささか乱暴に過ぎると思います。
    また一方でデータを提示しながらも、一方では個人の経験のみで書かれてる点も多く、データの信憑性には疑問を感じてしまいます。

    7箇条のあたりは納得出来る点も多く、玉石混交…(^◇^;)

    それよりも編集主幹名が出たくらいで評価されるオーディオ誌全般が問題ですね。

    今回この記事に対しては否定的なレスを書きましたが、hideさん同様YSLさん自身に否定的な訳ではない点、ご了承下さい。

    byちょびの飼い主 at2012-03-13 10:53

  9. YSLさん、こんばんは。

    私もその記事は読みました。
    オーディオ雑誌としては、異例にまともなことが書いてあると感心しました。

    私のこれまで電源関係で経験したことと矛盾していることとか、首を傾げる点はとくに無かったですね。

    多くの方にこの記事は読んでもらいたいと思いました。

    byミネルヴァ at2012-03-13 20:51

  10. レスをくださった皆様、ありがとうございます。

    私を含め、オーディオ雑誌の信憑性に疑問をお持ちの方が意外と沢山おられるのだと実感いたしました。

    そんな中今回のStereoSoundは、個人的には良識ある記事が掲載され、思わず読みいってしまいました。

    内容の賛否はどうあれ、多くの方にご意見を頂けたことは自身のオーディオライフの糧になることでしょう!

    皆さん、ありがとうございました。

    byYSL at2012-03-13 21:17

  11. YSLさん
    皆様方

    こんばんは。

    普段は買わないオーディオ雑誌を、今回は買う事にして先ほど購入して来た。何故なら、オーディオ雑誌にお金をかけても無駄と言うのが持論だったからです。

    各雑誌は、比較視聴の記事は目にするが、どれも正確なジャッジでは無く不明確な評価を読者に伝えて来ていると私は思っている。その為に、読者はオーディオアクセサリーや機材を選ぶのに瞑想していると思います。

    私もその中の一人でした。

    その中で、今まで当たり前に考えられていた事が、実は音質劣化に繋がる内容だったり、不明確な情報のお陰で違う意味に履き違えたり、業者の都合の良い自論に置換えられた内容を、違う観点から見たこの記事は、私は評価したいです。

    幾つかの内容が記載されているが、その中でアースの記事が一番気になって一番最初に読みました。
    アースをすべての機器に使用した場合、この記事の中で言うならアースのループとなりノイズを発生する。この記事に注目した。

    で、この投稿の中で「アースは300x600mmx0・8tの銅版を2~3m地中に縦に埋め込み太い電線で床下をはわせています。そして全機器のアースを取っています。これで十分だと思っています」と有る書き込みを拝見しました。

    この記事の中でもアース工事をする意義は、システムの電位が設置抵抗値に近くなるのが理想だと言う事だ。此れは、私のその考え方に賛成する。実際私も電位を低くした方が、音質には優位だと経験しているからだ。
    実際に私も電位を低くした方が、音質に優位でした。

    でも、この雑誌記事の内容と上記の十分なアース工事を去れた方の意見では異なる部分が有ります。もし上記の充分な工事をして、電位は工事前より確実に減少したのか、それとすべての機材にアースを実施した場合でも、1箇所のアースよりか電位が下がるのかが知りたいです。

    私の友人宅では水分が豊富な土壌化で、20畳の広さの銅板を地下5mまで掘り下げ埋設下で、ループと1箇所で試した際には、1箇所のアース取り付けの方が電位は確実に下がりました。雑誌記事と類似しています。

    ですが、条件が違えばもしかすると思う部分も有り、差し支え無ければ、シャコンヌパンダ様電位の違いを教えてくださらないでしょうか?よろしくお願いします。

    byDPS-1 at2012-03-17 02:21

  12. YSLさん こんにちは、

    takapalと申します。
    オーディオはじめて数か月の初心者です。

    記事の紹介 ありがとうございます。

    私のような初心者にも、優先順位や、今後の考え方を定めるバイブルの一つとして考えています。

    今後の記事もたのしみにしています。
    よろしくお願いいたします。

    bytakapalpal at2012-03-17 07:29

  13. takapalさん、YSLです。レスが遅くなり失礼いたしました。

    今回のSS誌は個人的には、とても参考になる記事だと思いました。

    自身でもクリーン電源を使用していた時期がかなりあり(SS誌の通りの使用方法をその当時からしていました)、現在のシステムに更新したきっかけも、クリーン電源から現用のタップへの交換から始まりました。それがきっかけで、システムを全交換までしてしまいました。

    それまでの私は、クリーン電源が普通のタップに負ける訳が無いと勝手に思い込んでいましたが、そのデメリットを改めて知ると思わず納得してしまいます。

    個人的な見解ですが、この記事に否定的な人は昔の私のようにクリーン電源絶対主義か、大規模なアース工事をしている人だと思います。

    いずれにしても、ご自身の耳で納得してチューン、アクセサリー導入をしていくべきです!

    byYSL at2012-03-18 20:49

  14. YSLさん


    こんばんは。

    この雑誌お奨め頂有難う御座います。

    昨夜に引き続き、読みました。

    先に書かれた方々の意見は、買って内容を見て判断した方や買わないで内容も見ない内に判断した方と買って内容を読んで参考にする方、参考にもならない方とさまざまですが、私は雑誌としては、高めの金額ですが少なくとも今回のファインチューニングの手法はきわめてまともで正確な内容でした。

    何故そう思うのかですが、此処までメリットデメリットを記載したオーディオ雑誌は今まで読んだ記憶は有りません。
    何から何まで良いものでしかないのでは?
    と思う程の記事で、何が正しいのか良い物なのか理解に苦しむ事しか書いていない記事が殆どでしたから。

    また、この記事の内容は私も経験した事柄も多く、(1、電源3・4・5・6・8・10・11・12  2 アース 1・4・5・6)以上を経験済みです。類似する内容が記載されていると言えます。

    読んだだけで、ためになるかならないかなんて誰がわかるのでしょうか?経験した人も求める物の違いや判断の違いで、良いか悪いかも変わりますが、少なくとも全部でなくとも必ずためになる筈だと思います。

    何を使用するにしても、メリットとデメリットが理解しながら使用する。其処に大きなメリットが存在すると思います。

    「内容が正しいかどうかは読者の判断によれば良く」この言葉の意味は、個人的には試してみて判断するという意味だと思います。
    中には、そんなにお金はかけなくとも、実行出来る内容が有ると思います。ために成るか参考にするかは、その人次第ですが私は今回の内容は、オーディオのためになります。

    byDPS-1 at2012-03-18 22:52

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする