大福丸
大福丸
オーディオ暦は結構長いですが、最近はじめたPCオーディオは初心者です。

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入り製品

日記

【TIMEDOMAIN(富士通OEM)】パッシブ化で常用サブシステムに組み込む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年06月11日

改造した富士通miniを常用サブシステムに組み込むためパッシブ化しました。

右chのスピーカーケーブルを途中でちょん切ってRCAコネクタのオス・メスを取り付けました。
左chはもともとRCAオスコネクタなので、これで左右同じです。(ケーブルの長さが違うけど)

常用サブシステムのスピーカケーブルの先端にRCAメスを取り付けて接続OKです。

パワーを入れてガンガン鳴らすと、本体アンプで大人しく鳴らしていたときと違ってバスレフ低音がボンボン鳴って実に不愉快です。
ローブーストして低域をのばしているせいでもあるので、スピーカが悪いとは言い切れませんが。
バスレフダクトにティッシュを丸めて詰めると、バスレフの不愉快さはなくなりました。

f特を測ると、低音が出すぎています。

エージングが進んで低音が出るようになったのか、プリメインアンプのプロセッサ端子の入出力インピーダンスの関係でEQが設計と異なるf特になっているのか、それとも壁を背負ったセッティングで低音が盛り上がったのか、理由はわかりません。
が、結果オーライです。

サインショット応答も測りました。

これまた優秀です。
測定音量が小さいので多少ノイジーですが、全域でサイン波をそれらしく再生できています。

TIMEDOMAIN的にどうかはわかりませんが、f特も波形も、周波数も時間も両方大切にしたシステムです。
小音量ならけっこう満足して聴くことができます。

周波数も時間も大切にしていますが、犠牲にしたのは音量です。
使用ユニットのNSW2-326-8Aは5センチという小口径なのにXmaxが3mm、最大振幅が10mmもとれるタフなユニットなので、20dBもローブーストしても何とか実用になりますが、それでも大音量は出せません。

周波数も時間も音量もどれも犠牲にしないシステムは、やはりタイムアラインメントをとったマルチウェイということになるでしょう。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする