大福丸
大福丸
住環境の問題で、最近は小型スピーカをいじるくらいしかできなくなっています。

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

日記

テクニクスSB-F2リニアフェーズ化計画(5)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年10月07日

雑感です。


1.ウーファとツイータの前後位置関係は正しそう。
 
 最終的に普通の1次ネットワークに落ち着いたのですが、波形合成もまぁまぁ上手くいっています。ウーファとツイータの前後位置関係は適切なのでしょう。

2.ウーファの高域は落ちてくれない。

 インピーダンス補正をしていないせいもありますが、コイル1個のLPFで1次の高域減衰などしてくれません。
 測定結果を発表してませんが、オリジナルの3次LPFでもクロス(3.5KHz)近傍ではちゃんと減衰してません。3次と言ってもクロス近傍では1次に近い特性なのかもしれません。(コイルの値がわからないので....)

3.SB-F1もSB-F2もツイータのレベルを高く設計されている理由(想像)

 有名な5HH17をベースに開発したという自慢のツイータの音を活かしたいのでしょう。ウーファの高域が落ちないのならツイータのレベルを上げるしかなかったんでしょうか。

4.ツイータのf0共振はやっかい。

 ツイータのf0共振のインピーダンス上昇が大きいのか、コンデンサ1個のHPFではなかなか減衰してくれません。ツイータのレベルを高くするとウーファの受け持ち帯域にもツイータのf0の影響が大きくなります。
 オリジナルはコイルを入れた2次HPFなのにちゃんと減衰させられないのは、コイルの値が大きくてf0より低い帯域から効き始めるのかもしれません。

5,普通の1次ネットワークで上手くつながるのでは?

 結果的に普通の1次ネットワークでまぁまぁ上手くつながったのですが、ウーファとツイータが両方鳴る帯域が広くて、高性能ツイータを活かしきれないか?
 

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする