NoError
NoError
遮光、遮音が完璧な地下の無彩色な部屋で思う存分AVにはまっています。

マイルーム

マイルーム
マイルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン~120型 / ~5.1ch
2chとマルチチャンネル(+映像)二つのシステムがが対向した面にあります。 最近2chシステムが様変わりしました。 とりあえず記念撮影 使用機器は必要最小限のシンプルなものです。 …
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

200Vってどうだろう

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年05月21日

200V電源を導入されている方は多いと思うがほとんどは100Vへ変換する電源装置へのためにではないだろうか。
ただし波形創生タイプの電源装置は出力波形に高周波のノイズを伴ったものや、トランスタイプは容量が十分に大きくないと効果が発揮されない場合や本体が発するウナリ音などの問題がある。
200Vに何を求めるかによって考えは様々であろうが、私は機器が200V入力が可能なら電源装置を用いずに直接入力するのが一番と考える。
Linn,Nuforce,OPPOなどの現用機器複数台が200V入力可能なので200V用電源タップが必要になったが、市販されている200VJIS規格電源プラグや壁コンセントはイマイチの物ばっかりだ。何か良い物はないかと探していたところ、Leviton8600という壁コンLeviton5666C,CAというプラグをみつけた。8600はホスピタルグレード、5666はインダストリアルグレードの品物だ。

見ての通りJIS200Vと互換性がある。(ただし15Aまでだが。もしJISの200V20Aのプラグを差し込みたっかたら、Leviton5822という製品がある。)
効果の程を探るべく、モノのパワーアンプの左右に100V200Vそれぞれ加えてみる。
全く別物のアンプになるがこれはかなりの難物スピーカで荷が重い状態だから違いが大きく出たようだ。OPPOのBDプレーヤは差が僅かだが、たとえば雑誌での上級機種との比較などの評論を読むと、200V入力にすると上級機種を脅かすのは確かだ。
なおIECコネクタ側が100Vでも200Vでも同じ形状なので接続機種に要注意!
200V入力可の機器なのにメーカーが推さないのはこのあたりにあるのかもしれない。

例えば上の左側を100V、右側を200Vの供給プラグとし、100V専用機器には左側のプラグの溝に合う突起を設け、200V可の機器は突起なしとすれば良いと思うが今となっては遅い。
微々たるものだが電流が熱に変わらない分、200Vは省エネにも貢献するはずだ。
電源装置をパスすれば効果はさらに上だ。
当方所有200V機器はスイッチング電源だが、コンベンショナルな方式の高級パワーアンプなど200V専用機器があっても良いと思うがいかがであろうか。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. EVAさんこんにちは。
    200Vをやる人は限られているのでメーカーも安全策を考えていないのしょう。
    IECコネクタに印をして自己防衛するのが一番ですね。

    byNoError at2013-05-21 16:37

  2. cricketさんこんにちは。
    LINNのKLIMAX SOLOのインレットの近くには確かに220-240Vの表記がありますが、取説(http://www.linn.jp/pdf/manual/klimax_s_m.pdf)の15ページには90-260Vで動作すると記載があります。
    220-240Vでなければ電圧不足というわけではないでしょう。
    欧州の工業製品の法規で200V-240Vという表記になった可能性が高いと思います。
    私がこれまで経験したいくつかの例を思い浮かべると、200V駆動はアンプの駆動力及び制動力が上がり、量感が減ります。
    だぶついていて低音が引き締まり、中高域の浸透力が増します。
    私にとっては良い事ばかりですが、バランスが変化することは確かです。
    少なくともLINN,Nuforceの製品に限っては大成功だと思っています。
    トランスとコンデンサで50-60Hzを直流に変えるタイプの電源の機器だと入力電圧が9割以下に下がるとかなり不利になるかもしれません。

    byNoError at2013-05-21 17:33

  3. こんにちは。200Vは機器側の対応でないとNGと思います。

    200V>100V ダウントランスや アイソレーショントランスの導入は低音の量はでるが、質にはNGと思います。パワーアンプ(プリメインアンプ)にNGだそうです。プレーヤにはいいそうなのですが。 どこかの実験HPでみたのですが、「ボンボン」と鳴るべき低音が「ボーン、ボーン」と鳴ってしまうそうです。ダウントランスの変換の原理からくる宿命ですね。低音の立ち上がりの、瞬発に必要な(車でいえば)「加速性能」が悪くなる為です。

    なお、もともと、電柱 → 家庭には 200Vできていますので、(下図参照)
    http://www.daw-pc.info/hard/powerunit/powerunit3.htm
    ブレーカーで100Vにするか、トランスで100Vにするかの違いですね。

    byYongJoon at2013-05-21 17:41

  4. よん様こんにちは。
    この日記の趣旨は「UL規格のホスピタルグレードの壁コンセントを使い200Vのタップを作りました。さらに重厚な200V電源プラグを用いました。もうひとつおまけにJIS200Vプラグ及びコンセントと互換性もあります。」です。
    200Vの利点、欠点は十分に把握しているつもりです。
    私がたまたまLINN,Nuforce,OPPOなどのスイッチング電源の機器を数多く所有して200Vの電源タップを必要になったが、市販には200Vのタップが無く、少々入手困難な部品を用いて200V電源タップを作りました。
    出来栄えはいかがでしょうか?といいたかったのです。
    200V機器をもっと自在に使えると良いですね。

    byNoError at2013-05-21 18:12

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする