2Hくん
2Hくん
★第二次オーディオブームは終了したようです。オーディオ的思考が一時停止中(^_^;) 密閉型大好き人間です。ほぼ満足出来る水準に到達したと思います。凄い音はしないので、普通に聴くと物足りないかもしれ…

マイルーム

オーディオな音は求めない?
オーディオな音は求めない?
借家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
★第二次オーディオブームは終了したようです。オーディオ的思考が一時停止中(^_^;) どうもうちは一般のオーディオ好きとは違う独特のバランスなようです。 全然凄い音はしません。期待する…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新のレス

お気に入り製品

日記

RCAケーブルの作成(?)について教えてください

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年03月20日

3/31追記:結局身近なところで直してもらいました。セオリー通り、ロゴの通りの向きで、上流をアース接続、下流で切断、です。やっぱり線が細くてプラグの隙間でカパカパしているので、テープを巻いて厚みを増してやったところ見違えるほどしっかりしました(制振効果あるかも?)。その後の接続環境が今までと違うので直接比較はできませんが、しっかりした音が出ているので、きっと良い塩梅なのだろうと思います。情報いただいた方々、ありがとうございました。



 12年ほど前に、とあるお店で作成いただいたCARDAS G master referenceを使ったRCAケーブルを持っているのですが、これがまぁ最初からちょっと接触不良な風味がありまして(笑) それでも別に触らなければ音は出ていたのでずっと使ったり使わなかったりしていました。

 購入当時に、「被覆に→形のマークがあるけど、その方向で上流→下流で使ってください」と言われたので、ずっとその通り使ってきました。

 それで、ちょっと今回ふと、自分でプラグ部分を触ろうかなぁと思い立ってネット検索しながらプラグ内を覗いてみました。
 すると、下流側で使っていた方はシールドとなる線の束がプラグのマイナス側につけられていて、上流側にしていたプラグ側ではすべて切断されていました。

 ネット検索では、とある記事では「両端ともシールドは切ってしまうのが普通だ」と書かれていたり、とある記事では「上流側はシールドをマイナス側につけ、下流側では切ってしまうのが音のミソ」と書かれていたりもしました。

 僕の物は、お店の人の作成では上流側にでシールドが切れていて下流側でついていた、の状態となります。

 経験がないのでよくわらかないのですが、音質的にとか、電気的にとか、どうとらえればいいのか、よければご教授いただければと思います。


 また、このケーブルはリッツ線(?)なんでしょうか。すでに生産完了で製品ページもなく、はっきりはしないのですが、それっぽい記事を目にしました。そうだとすると、付け直しでは何か特別な処理が必要なのでしょうか。単純に切り直したら綺麗な線材が露出するわけではないのでしょうか……。




 良ければ詳しい方、お教えください!!

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ググったら2012年の4月に生産完了ってニュースがあります
    ですから今から8年前の製品ですね

    RCAプラグのシールドに関しては諸説あるようですが一般的には
    上流はマイナス側に接続して下流側は接続しない、というのが
    多いと思います
    電気的には直流抵抗は製品による違いはほとんど無いと考えて
    良いと思います
    大きく変わるのは静電容量(浮遊容量)ですね
    ビニールやポリエチレンの被覆で覆うと静電容量は大きくなります
    静電容量が大きくなるデメリットは小容量のコンデンサが並列に
    入るのと同じになるのでローパスフィルターを追加するのと等しく
    なります
    但しこれもアンプ次第なので静電容量が大きくなることが必ずしも
    マイナスになるとは限りません

    byプリマ at2020-03-20 20:37

  2. 2Hさん、こんばんは。

    このケーブルは、2芯シールドタイプでリッツ線のようですね。

    まず、2芯シールド線をRCAケーブルにする場合ですが、2本ある芯線を信号のホット側とコールド側に接続するところは何も問題ないと思います。

    問題になるのは、これらを覆っているシールド線をどのように接続するかですが、一般的には上流側だけ信号のコールド側と接続しているようです。

    ただし、ゴールドムンドのパワーアンプだったと思いますが、信号の下流側(パワーアンプ側)のみをアースしないと発振する可能性がある機器もあるようなので注意が必要です。

    シールド線を両方アースすると信号のコールド側心線とでループになってしまうし、両端を切り離してしまうとシールド線が浮き上がって電気的に不安定になるので、止めたほうが良いです。

    それからリッツ線のハンダ付けですが、素線が一本ずつ被覆されているため、ハンダ鏝をしばらく当てて高温にしたハンダに浸すようにして被覆を溶かす必要があります。

    ちょっとコツが要るかもしれませんが、ハンダ付けはできるはずなのでやってみてください。

    失敗したら、お手数ですが海を渡って持ってきてください。(笑)

    byED at2020-03-20 20:49

  3. プリマさん、こんばんは。

    なるほど、上流では接続、下流は切断というのが多く、静電容量にてローパスフィルターのような影響になる、と……。
    実はさっき、ひとまず手を付けずに、反対向きにして接続しなおしたところ、今までより音がしっかりした……ような気がしています。これが本来のケーブルなりの音だったのか(^▽^;)?


    早速の情報ありがとうございました!

    by2Hくん at2020-03-20 21:56

  4. EDさん、こんばんは。

    やはり上流は接続、というのが多いんですね。でも物(設計?)によっては発信するとは……! 恐ろしや、素人は安易に触らない方が吉ですね。

    この手持ちのケーブル、確かプラグもcardas製だったと思うのですが、ケーブルをしっかり挟むとか固定するところがないので、細い芯線の半田部分でしか固定されていません。そのため不安定で、接触不良に繋がっているだろう、というのが今回いい加減触ってみようと思ったきっかけでした。安直に離断、再接続しなくてよかったです(;'∀') ケーブルの外周もっとギリギリで半田付けできたら、もうちょっと安定しそうなのですが……。果たして素人にできるやら。。
    そのうち泣きつくかもしれません(笑)

    by2Hくん at2020-03-20 22:05

  5. 2Hくん さん こんばんは

    >実はさっき、ひとまず手を付けずに、反対向きにして接続しなおしたところ、今までより音がしっかりした……ような気がしています
    良かったですね

    静電容量はケーブルの構造や単に撚っただけでも変わります
    大手メーカーのアンプはいろいろな人が使用するので多少ラフに
    扱われても発振しないように予め高負荷になっていたりします

    EDさんが書かれているムンドみたいなハイエンドの製品はギリ
    ギリのところを攻めてくるので使い方によっては不安定になったり
    するようですね(過去そういう書き込みをwebで見たことがあります)

    byプリマ at2020-03-20 22:17

  6. 2Hさん

    シールド線のアース処理は、両端アースも片アースもどちらもあり得ます。一般論として両端アースが大勢で市販ケーブルも両端アースが大前提です。

    問題は、片アースの場合に、出し側でアースにつなぐか、受け側でつなぐか、ということですね。基本的にはどちらでもかまわないと思います。

    片アースにするのは、やはり、アースループを避けるためですね。受け側のアンプは、他の出力からもいろいろつながっている可能性が高いので、受け側の機器内部でのアースのつなぎ方などいろいろクリティカルなところがあります。ですから、出し側をつなぎ受け側を切る方がリスクが低いということなのだと思います。

    欧州と日本は電源環境が違っていて、日本は基本的に単相2線100Vなので家庭用機器に中点(L)は存在しないのが前提です。実際、3Pケーブルでもセンターピンは機器側ではつながっていない。だから、電源由来のループは心配ないわけです。欧州は違っていて、電源アースで機器がつながっているので、信号ケーブルが両端アースだとアースラインが2重になってしまう可能性が高いので神経質になるのでしょう。

    …ということで、片アースケーブルの接続方向は、聴感で決めればよいと思います。

    それよりもケーブルそのものの方向性の方が、聴感に現れることが多いです。オーディオ用ケーブルに→などで方向が示されていますが、そうでなければ一般的にはロゴの文字列の先頭方向をホット(上流・出側)にするのが音が良いです。

    byベルウッド at2020-03-21 09:47

  7. プリマさん、再レスありがとうございます。

    はい。気持ち……くらいですが変わりはしました。今後半田付けしなおしたら、また変わりそうですね。

    オーディオで聴感上の良質感を求めているわけですけれども、大前提で安全に使えて欲しいので、まずはそういう風に作ったり、使ったりしたいですね。まずは接触不良をどうにかしないと!

    by2Hくん at2020-03-21 10:34

  8. ベルウッドさん、おはようございます。

    なるほど、リスク的に上流接続、下流切断で意義が考えられるのですね。
    今までの反対接続というのがロゴ文字の反対なので、もしかしたら今の音が良い塩梅なのかもしれませんが、ひとまずセオリー通りになるように付け直そうと思います。
    そもそもは接触不良が問題でしたし、安心のためにも付け直しです(・∀・)
    ケーブルがプラグにしっかり止まらないので、ちょっと何か細工したいところです。

    by2Hくん at2020-03-21 10:47

  9. 2Hくん さん 初めまして

    もうご覧になったかもしれないのですが、以下のようにセミバランスケーブルに付いて纏めました。

    https://community.phileweb.com/mypage/entry/4853/20210829/68253/

    byTada-Min at2021-09-19 19:51

  10. Tada-Minさん、こんばんは。

    ご紹介ありがとうございます。ただ、もう仕上がってひとまず解決してしまいましたので、実際に参考にさせていただく機会はなさそうです。
    また、我が家は現状ほとんどオーディオとしては稼働していません。階下のサブも解体して(されて)埃を被っています。ということでさらに実践することはなさそうです(^▽^;)

    by2Hくん at2021-09-19 22:01

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする