「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
UA7
UA7
JAZZを聞く為に、本格的にオーディオを始めて4年の初心者です。無謀にもアルテックA7を導入し、ちょうど3年が経過しました。

マイルーム

JAZZとA7
JAZZとA7
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
JAZZばかり聴いてます。
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

音質改善 その13

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年02月09日

音質改善 その13
CDプレーヤー入れ替えました。
DCD-1650AEからREに変更です。
AEの時は、アコースティックリバイブのI社長による自宅クリニック時に、チューンUPをしていただいていましたが、今回は最初からフルチューンUP仕様にてプロジック(アコリバのオーディオショップ)で購入しました。
自宅チューンUPでも、AEが激変しましたので、フルチューンUPでかなりの音質改善があるのではと考えました。

びっくりしました。

機材の性能を引き出すのは、セッティングだ!チューニングだ!とほざいていましたが、機材の性能の進化には驚かされます。
AEの発売が2005年ですので8年間の電子機器の発展にはすごいものがあります。
DENONの技術者の方に敬意を表します。

DENONの性能を100%引き出す、アコリバフルチューンUPもさらにすごいと思います。正直、今までこんなすごい音、聞いたことがありませんでした。さらに解像度が増しています。ホーンスピーカーにかかわらず、スピーカーの向こう側にも音場が展開し、響きの成分だけが手前に飛び込んできます。プレーヤーの立ち位置の前後が、より明確になりました。響きが上下・左右に広がる感じが強く伝わってきます。音場感とエネルギー感がより両立してきました。
音数が増えるということは、いわゆる音の数が増えるのと同時に、音の位置情報も増えるということが理解できました。
興奮気味に書いてしまいましたが、音場型・音像型とよくオーディオシステムを区分する方がいますが、両立の可能性があることをやっと認識しました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ストラさん

    こんにちは。

    SPの存在、まったく消えました。(笑)

    古い音源・新しい音源と聞きまくっていますが、

    録音エンジニアや録音スタジオの違いを聴き分けることができる

    ようになりました。

    ロイデュナン・バンゲルター・CBSの録音に対する考え方が、これほど違うのかと改めて解りました。

    マイルスディビスのビッチヅブリューはCBSだから可能だったんだとか、ステファノ・アメリオは、バンゲルターよりロイデュナンに近いとか思うようになりました。

    JAZZの聴き方が広がるような気がしています。

    こちらこそよろしくお願いいたします。

    byUA7 at2013-02-11 13:32

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする