azumandala
azumandala

マイルーム

ひさびさの更新です。
ひさびさの更新です。
持ち家(マンション) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~5.1ch
しばらくオーディオ熱も冷めていたのですが、PMCのOB1のウーハーが故障し修理にでたのをきっかけにいろいろと機器をアップデートしました。 EMCデザインさんで電源配線工事を行いました。 Eso…
所有製品
  • ヘッドホン
    STAX SR-009S
  • ヘッドホン
    FINAL D8000
  • ヘッドホン
    OPPO PM-3
  • ヘッドホン
    SENNHEISER HD650
  • ヘッドホン
    SENNHEISER HD800

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

Lanケーブル試聴

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月12日

おいけさんからOIKLANケーブルをお借りし試聴させていただきました。
おいけさんは素材、シールド、アースにこだわって理想のケーブルを自作してしまった達人です。

オーディオ用スイッチングハブからAudio PCに接続されている最終段の短いLANケーブルを入れ替えて比較いたしました。

試聴環境はヘッドホンですのでケーブルの変化はわかりやすかったかと思います。

手持ちのケーブルは4本

1、SAEC SLA-500 70cm
2、TIGLON MGL1000L 100cm
3、SOtM dCBL-CAT7 Audiophile Ethernet Cable 50cm
4、OIKLAN 100cm


まともに購入したのはTiglonのケーブルのみ、あとは貰い物とか中古とか。

正直LANケーブルでどこまで音が変わるのか?という実験的試みでしたが結構違いがあり、それぞれのケーブルの性格の違いがよくわかりました。

なんと!音の違いでOKILANの素材も当てることが出来ましたし、シールドの違いでも音が変わることがよく分かり、非常に勉強になりました。

値段が高いから音がいいわけではないというケーブルの常識は、LANkケーブルにも適応できそうです。

試聴結果はのんびりアップさせていただきます。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする