ソウルの汗
ソウルの汗
9畳の生活空間兼オーディオルームです R&B、ソウル、HIPHOPがメインですが、JAZZ、クラシックなども好きです☆ 自作系もコツコツしとります☆ ☆機器構成☆ ネットワークオーディ…

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気にいられユーザー

日記

マルチチャンネルDACの2ch利用は本当に音がいいのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月05日

パイオニアが新しいCDプレーヤーを出しましたね。
DAC機能は無いのはちょっと残念ですが、既に単体DACは出しているし、
この価格帯でもプレーヤーだけでいけるという自信があるのでしょう。

さてパイオニアはDACも今回のプレーヤーもマルチchDACを2基利用して高音質化を謳っています。
8ch DACを左右それぞれパラレル駆動ですね。。
「8chを1chに集約してパワー倍増だーっ!」て何かキン肉マンみたいな勢いです。
般ピーなら「うぉーすげー!」てなりそうですが、疑り深い性格なので、「それマジなん?」と思ってしまいます。

入力は1chでDACで8chに信号が分かれてまた1chに集約されるってことですよね。
なんか各chごとの”ズレ”が集約されたときに影響を与えそうな気が…。

とか言いつつもイベントとかでパイオニアのDACを聴いた時に普通に良い音だったので、もしそういうデメリットがあったとしても技術的にそういうのは排除してるのかもしれませんね。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 政界も右往左往してますが(笑)オーディオ業界もどっちに向かおうとしてるのかサッパリですね。

    パイオニアはONKYOに飲まれてる様で、実稼働は圧倒的にパイオニアですよね。 AV系では今はパイオニアが優位なのですが現行が最後だと言う噂は絶えません。 と言ってもONKYOのAVは最近ニュースにすら成っていません。 せっかく手を組むのですから、イイ所取りをして私たちに夢を与えて欲しいですね ヽ(^0^)ノ


    お題のCDPは PDー70AE(28万也)ですね。 DAC(デバイス)の使い方はまぁー色々でしょうから… ましてや同じデバイスを使ってる事が多く、それでも出てくるモノは違う。 価格も色々……。 だからオーディオなんでしょうね(笑)

    USBを外したのが潔いのかは分からないが、アナログ出力のみに出来なかったのはイマイチな感が私にはあります。 徹底したディスク再生に特化して欲しかったですね。

    彼らの行く末は見守るしかありませんが、本物志向でもっともっと頑張って頂きたいですね。

    byアコスの住人 at2017-10-05 15:56

  2. こんにちは

    確認しないとわからないですが、DACチップを内部の2ch分をモノラルモードで差動動作させてシングル出力を取り出し、それをさらに2チップで差動出力しバランス出力のホット側、マイナス側を取り出すということではないでしょうか。LRそれぞれ8chで4チップで計8チップ使用するということになります。

    差動動作で歪みやノイズを低減し、なおかつ各チップひとつ当たりの有効レンジや電力負荷を軽減して歪みを低減するということでしょう。パワーデバイスのパラレル接続のようにパワーを上げるということにはなりません。

    いずれにせよ、むしろDACとオペアンプチップに供給する電源の質が問われます。8ch分の±電源レギュレーターを備えクリーンで安定した独立電源とするのが究極ですが、この価格帯では無理でしょうね。

    CDPやDAC機器は、回路や素子でパワーを上げるということではありません。中級機も最高級機も回路構成はあまり変わりません。違うのは、チップの性能とEMC対策、振動対策、そして電源です。

    一番、カネがかかるのは電源なんだと思います。

    byベルウッド at2017-10-05 16:56

  3. こんばんは。

    >「8chを1chに集約してパワー8倍増だーっ!」て何かキン肉マンみたいな勢いです。

    メーカーもそう考えていますよ。

    「パラレル駆動にする理由はS/Nの向上です。8ch DACを1chに使用する場合、信号レベルの上限が8倍に増える一方、ノイズは“ルート8倍”の計算となり、実質2.6倍です。相対的にS/Nが良くなる仕組みです。」
    パイオニアホームエレクトロニクス事業企画部商品企画部の田口浩昭氏談

    byミネルヴァ at2017-10-05 21:18

  4. ソウルの汗さん はじめまして

    ESSのDACチップはパソコンのサウンドカード用に開発されたのか1チップに8つのDACを内臓しています。
    個々のDACの動きはチップ内部のMPUのプログラムで変更出来るみたいです。
    全て差動の電流出力なので この8つをパラに繋いだだけ?
    これは大半のチップに該当する電流出力タイプのDACのみ可能でAKのような電圧出力タイプには不適だと思います。

    何年も前から中華製DACでも当たり前のように行われていて 今更どうしたのと云った感じです。

    ただ8つ繋ぐと電流出力が8倍になるので、電流を電圧に変換するI/V変換も8倍の能力が必要になり 通常のOpAmpでは中々性能が出せないみたいです。

    ※DACのパラ動作は90年代から盛んに行われています。・・・I/V変換が大変になるので通常のOpAmpで変換出来る4パラまでが一般的です。

    byhelicats at2017-10-05 22:58

  5. helicatsさん

    そうか、chというのは±差動出力端子をそれぞれ数えて2chというわけですね。PCM1794の時代から1チップで4chでしたから、1チップでも左右バランス出力が可能でした。各チップをモノ動作しパラって使えばステレオで2チップというのがこれまでの標準。しかも今のESSは倍の8chですから、8chDACを2つ使うということだけですね。ダイナミックレンジ(電流振幅)は倍々と効いてくるから、これがそのままSN比改善ということ。8chDACの恩恵ですね。

    それにしてもメーカーというのはずいぶんと大げさに言うものですね。

    byベルウッド at2017-10-06 14:07

  6. ベルウッドさん

    ES9018のピン配列を見ると
     Differential Positive Output 1 ~ 8
     Differential Negaitive Output 1 ~ 8
    と各チャンネル毎に差動の±出力が用意されている様子です。
    チップ内部に16個のDACがあるのか? アナログ回路でなんとかしているのかは不明ですが・・・

    たぶんES9028も同じだと思います。

    2つのDACを使わなくても1つDACで差動出力が出来るみたいです。
    それにしても至れり尽くせりですね。

    byhelicats at2017-10-06 20:23

  7. ソウルの汗さん、こんばんは。

    メーカーの「実質2.6倍」というのは間違いですね。ルート8=2.83倍です。 なぜ控えめに言ったのかは謎です(笑)。

    byミネルヴァ at2017-10-06 23:26

  8. ソウルの汗さん、こんにちは!

    現在使用しているDACはソニー製のパラレルDAC(AVアンプ内蔵)ですので、スペック的な事が全くのブラックボックスでございます。
    筋肉マン的な発想には心が強く惹かれますので、ESSの9038がとても気になっている今日この頃です。

    byCENYA at2017-10-07 11:01

  9. ソウルの汗 さんへ

    DACチップのパラレル接続は音質が良いか悪いかは別として
    昔からダイナミックレンジ拡大の為によく使われるテクニックですね。

    問題とすればハイエンドDACは全て電流出力ですのでそれをパラレルにして
    I/Vコンバータで電圧に変換する訳ですが8パラにもなれば相当な電圧になるので
    I/Vコンバータが相当しかっりしていないと本末転倒になりかねないところでしょうか。

    もしくはI/Vコンバータの入力抵抗を小さくして発生する電圧を小さくすれば
    通常のOPアンプでも対応できると思いますが、なんとなく勿体無い気が・・。

    でわでわ。

    byぶちょう at2017-10-08 00:24

  10. >>アコスの住人さん
    デジタル出力はあるんですね
    この価格帯に出せる層ならあえてこれをトランスポーターに使うことは無いように思えますね…

    ≫ベルウッドさん
    電源が貧弱な製品はチップをどれだけ良いの盛っても限界がありますね
    海外製品なんかは高額商品であってもスイッチングだったりしてそこが購入を留まらせることが結構あります

    前からあるような技術を新しいネーミングでさも新しい技術のように宣伝するのは、まあこの業界では多々ありますねw

    ≫ミネルヴァさん
    相対的にS/N比がよくなるというのは面白いですね
    ノイズ自体は増えるってことですよね

    ≫helicatsさん
    パイオニアやONKYOさんはAV用やPCの技術を落とし込む事が多いですね、まあそのほうが開発費が安く済むのでしょうが…
    そういやONKYOさんは音質にこだわったサウンドカードの次世代機は出さないのだろうか…

    ≫yamamoto2002
    ノイズをそこでカットする訳ですね
    アナログ領域でミックスするのは精神衛生上あまり好きではありませんが…

    ≫CENYAさん
    OPPOなど中華系(一応アメリカにあるけど)は最新DACへの対応は割りと早いですね
    個人的にはESS9038はもう少し「枯れる」のを待ったほうが良い気もします

    私は今更マルチビットとフルーエンシー系DACに心が惹かれています、ただフルーエンシーDACって大抵デカくて重いのでオクで見かけても二の足を踏んでしまいます


    ≫ぶちょうさん
    ダイナミックレンジを取ることが良い音になるとは限らない気はするんですけど、まあ、アピールポイントとしてはわかりやすいですしね…

    byソウルの汗 at2017-10-25 10:57

  11. ソウルの汗さん

    >ONKYOさんは音質にこだわったサウンドカードの次世代機は出さないのだろうか…

    PCは詳しく無いですがディスクトップパソコンにASUS Xonarを付けています。
    付けた当初は入出力全て192KHz/24bit対応で使用チップもBurr-BrownやCirrus LogicのAudio用で凄いカードが有ると感動しました。
    しかし今では付いているだけで全く不使用・・・外した方が良いかもです
    USB DDCのGUSTARD U12をI2S接続で使用しています。

    USB接続の機器がここまで普及してしまうと 敢えてサウンドカードを使う必要が無いかもですね。

    byhelicats at2017-10-25 20:58

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする