tallis
tallis
ぼちぼちオーディオを楽しんでいます。

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気にいられユーザー

日記

ES9018 i2s 接続 完了

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年08月10日

ES9018の場合、I2S入力の方が断然音が良いということから、SPDIF入力をI2Sに変換してからES9018へ受け渡すように取り組んできた。DIR9001のDAIを介してそれを実現することができた。CS8416の基板等を試したのだが、半田がうまくいかずこれ以上時間を費やすのも意味がない気がしてきて、完成基板で実現することにした。
QA550のギャップレス再生できないという点は、IPOD+WADIA171+DIR9001からのI2S接続で補うしかないかな。
QA550(I2S)とIPOD+WADIA171(SPDIF)+DIR9001(I2S)の音の違いは、まだ細かく聞いていないので何とも言えないが、音の煌びやかさは、QA550かな、WADIAの方が落ち着いてしっとりした感じ。
一旦、ES9018というDACチップを通して始めた音探しの旅は、一旦終着駅を迎えたようだ。次はDSDデータを聞けるようにすることだが、PCMが今のレベルで聞けているのであれば、気を長くしてその時を待つくらいのスタンスでも十分だ。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする