karakuchi
karakuchi
辛口です。 エロブリティッシュが好きです。 よろしくお願いします(笑)

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入り製品

日記

LINN DS CAT7 LAN ケーブル は駄目よ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年11月27日

LINN DS CAT7 LAN ケーブル 使うと音がノイジーになりますよ!
だだし、次の場合。

 ●CAT7 LAN ケーブル(STP仕様)
 ●HUBのLANコネクタ部分が未接地のもの(ショートされていない)


 <理 由>
CAT7ケーブルの使用には注意する点があります。CAT6は外皮のみのシールドでしかも接地されていません(UTPケーブル)が、CAT7では4対のツイストペアケーブルごとにシールドが施された上に全体をシールドした2重シールド構造で、さらにそれを接地する(STPケーブル)仕様になっています。このためCAT6に比べケーブルが太く固く取り回しが少々きつくなりますが、複数のケーブルを並行させたり束ねたりすると起こりやすいケーブル間の相互干渉(エイリアンクロストーク)が起こりにくく、高速伝送時の誘導ノイズによるエラーが軽減されます。

ただし、CAT7ケーブルのシールド効果を効果的に発揮するためにはシールドの接地が必要です。CAT7用のプラグの金属スリーブ部分は飾りではなくシールドの接地用です。

ここがきちんと接地されないとかえってノイズを誘導し、伝送エラーを引き起こすこともあり、ノイズはLINN DS側のLAN端子と、HUB側に回り込みます。

DS側は接地してあるのかどうか不明ですが、殆どのHUBは接地されていませんので、CAT7のケーブルはノイズの発生源となっている筈です。

もしかりに、DS側のみ接地してあれば間違いなく、DSにノイズが回り込みます。

 ●対策(故に)
  CAT6/5eのUTPケーブル(シールドなし)が一番音質がよい!!!

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする