バズケロ
バズケロ
音楽に魅せられて、オーディオの楽しさに触れて、長い旅になりそうです。癒されたり、感動したり、発散したり、人と音が一体になれるといいなと。

マイルーム

バズケロ音楽紀行
バズケロ音楽紀行
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音あり / スクリーン~100型 / ~5.1ch
ご近所様の散歩コース折返し地点の住宅街高台てっぺんに立地する事から、勝手に我が家の事を「散歩道オーディオの館」と呼んでいます。 リビングオーディオはハーベスをメインとした「癒し」空間を目指し、生…
所有製品
  • SACDプレーヤー/トランスポート
  • トーンアーム
    FIDELITY-RESEARCH FR-54
  • トーンアーム
    GLANZ MH-10B
  • カートリッジ
    GOLDRING Ethos
  • カートリッジ
    AUDIO-TECHNICA AT33MONO

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新のレス

お気に入り製品

日記

<おバカにも程が…ない奴2…ヒジサウンド体験!>の巻

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年12月30日

ようやく年末休暇の時期となりました。
バズケロは束の間の疲労回復日を得てすぐ、山賊襲撃の如く現れては去っていったベルウッドさん来襲日の翌朝、脇差(CD)をとりあえず懐にしまい襷掛けして箱根越え遠征に出かけるという忙しい休暇スタート(笑)
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

お題目にてご紹介のとおり、このところ怒涛の機器入れ替えとその後のたわし含めて悪戦苦闘!ひいては最新のトランス導入とその使いこなしで賑わっているヒジヤンサウンドを体験しに遂に意を決して箱根越えで討ち入りしたのです。
相互訪問はお互い3年ぶりなのですが、前回はJBL部屋でお披露目をしたそのお返しというわけです。

ところが、そこは方向音痴のバズケロ。そうは簡単に到着させてくれません。
カーナビなしだけど地図はありの車移動。
しかし、近所で迷い込んだ路地の凄まじくカオスな細く折れ曲がりが延々と繰り返され、どうにか見覚えのある風景が現れたところでギブアップ!ヘルプミーの電話を入れるとまたまた「そこを動くな〜〜〜」で、ヒジヤンさんは徒歩1分(笑)バズケロは懲りずに「ここだよ〜」と満面の笑顔で手を振り無事にお出迎えいただきました。
なんとお家へ入る路地脇でギブアップしていたのだと気づき大笑い。
至近距離に辿り着けたバズケロも大進化です!!!

一息入れてから早速ヒジヤンさんの音響結界が張り巡らされた魔殿へと足を踏み入れました。
ああ〜、落ち着くなあ…この音響結界。
本来はもっとライブな環境であったところを音を散らしたり、構造補強したり、床下へ潜り床調律しつつ仕上げていったヒジヤンさんの音楽そのものの生魂が宿った魔殿なのです。

音楽を楽しく聴くために床下に潜ったかどうか?!バズケロは普通のマニアとおバカにも程がないマニアを見分ける判断材料の一つにしています(笑)

今回お聞かせいただいた作品(オーディオ)は3年前と比べて音響結界はほぼそのまま。
前回との違いは、CDPは出川氏+デノンからエソテリックK03Xsへ、プリ&パワーは出川式+サンスイX11からアリオンのA10へ。
導入から使いこなしの悪戦苦闘ぶりはヒジヤンさんの日記に詳しく紹介されているのでここでは割愛いたします。
まあ、そんな苦労は言葉では上滑りして真意は言い尽くせないのが正直なところです(汗)

まずはヒジヤンのプレゼン音源から数曲お聞かせいただきます。




バズケロが真っ先に感じた凄いところは「音密度」「音温度」=「熱い音」
音場や音像が太陽熱に感応してミストが凝集しそこに姿を現す。
そんな存在感あふれる音像が印象に強く残りました。
電源の力そのもの。
振動を制御し音色と響きの塩梅をメカニカルな要素で磨き上げ、そこへ電源の純度溢れるエネルギー感が加わる。様々なアースや仮想アースを活用して電源の力が音の力として音像に宿る。
振動と電源を本当に苦労して磨き上げた音がそこにはあると思います。

これはどのような音楽を鳴らしても一貫している今回のヒジサウンドの特徴です。


そこへ音響結界の命とも言える「遅れて回りこみ湧き上がる低域」の凄さが加わるのですから体ごと包み込まれる快感に魂が歓喜の雄叫びをあげる。
この響きの良さはオンリーワンの世界です。
この響きを手に入れるため何度も何度も本場の目標とするホールへ足を運ばれたのですから頭が下がります。

さて、一頻り感心させられた後、後半戦はヒジヤンさんが課題曲だと言われるジャズを数曲お聞かせいただきました。

バズケロには一言では言い表せない奥深い意味を感じました。
それぞれのオーディオは違うのが当たり前。
環境も大事にしているものも違うのが当たり前。
バズケロとヒジヤンさんの違いそのものがその音に現れているなあと。

例えばバズケロ
JBL部屋は元々ジャズとJBLに捧げる音を目指して構築されています。
デッド&シャープ。減衰速度はかなり早い。強いガチガチの床を持つところが特徴で、直接音を明瞭にライブ感を持って鳴らすのが持ち味。

例えばヒジヤンさん
目標とされるクラシックホールの響きを目指して音響結界が構築されています。
ライブ&ソフト。減衰速度は長い方かな?!。床は先ずは固めて、その後緩さを少しずつ加えていったという芸術的調律がされた床を持つところが特徴で、間接音を積極的に活用されているのが特徴。

それぞれが充分生かされていて、それぞれがオンリーワンの世界観をオーディオで表現しています。

今回ご提示いただいたジャズの課題曲は、そうした「大切で譲れない」領域に根ざしたところが見えています。
低域の遅れてくる豊潤な音がジャズ目線には課題になるところ。
これは軽々しく扱えないし、単純に対処すれば大切なものを失ってしまうのは明瞭でした。
そしてとても勉強になりました。

面白いなと思ったのは、バズケロも直接音のS/Nを極めて行って自然とクラシックが鳴るようになってきた。
ヒジヤンさんも電源や機器のS/Nを極めて行って自然とジャズが鳴るようになってきた。

本来製品をポンと導入して鳴らすだけでは埋もれてしまって表現できない情報が音源にはたくさん含まれているのだという事です。
最後は部屋が違うと得意な音楽が違っていてもそれは当然のことだというところ。

しかしバズケロもヒジヤンさんも、ほら、おバカでヘンタイですから(爆!
もっともっと上手く鳴らしてやろうと燃えています。
そんなこんなで年末の慌ただしい中相互訪問が実現できました。

最後は大編成の声楽で大盛り上がり
ベルディは出るはレクイエムは出るわマラ8は出るわ大賑わい。
いつか共同襲撃の機会があればこいつらを懐に忍ばせるか?!
などなど童心に帰って言いたい放題です(笑)
こんな音源持ち込まれては訪問される側はたまったもんじゃない!
いや〜楽しかった!

最も感銘を受けたのは「熱い音像」
命が宿るほどの音像には本当に参りました!!!!

その感動が冷めないうちにJBL部屋では早速また手を入れています。
多少は音像に力が入りましたが、まだまだこれから先が楽しみです。
来年はJBL部屋もいよいよ総仕上げ的なアプローチで音楽を作っていけたらいいなと思います。

皆様も良いお年を!

では、では

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. バズケロさんこんばんは。
    まだカーナビ付けてなかったの?(笑)
    バズケロさんの方向音痴は経験したので、『其処を動くな』は最も的確かと(そう言う私も方向音痴です)

    来年はコロナが収束したら是非、当宅にもお越しください。
    プリアンプをどうするか?未だに悩んでおりますが(苦笑)

    byニッキー at2020-12-30 17:37

  2. ニッキーさん
    こんばんは!

    カーナビのお金はレコードにつぎ込んでいますから!
    ちょっとくらい迷うのはレコード代を稼ぐと思えば安いものです(言い訳!)
    以前Fuji3さん宅への珍道中では、初めて遠州へ来た方向音痴のニッキーさんへ道を聞くという暴挙を働いたバズケロが懐かしく思い出されますね(爆!

    コロナの落ち着き具合は少なくとも5年スパンで見るのが良いでしょうか?!
    人類とウィルスの戦いは終わりがありませんので。
    古代より連綿と戦いが繰り替えされていてしかも勝利できたのは1つだけ。
    それも現在進行形です。

    そんなご時世ですが、いつか遊びに行けたらいいですね。
    オーディオはゆっくりやってください。
    今はあれこれモノに誘惑されるのが楽しいのでしょうが、使いこなしてゆくのは時間がかかることですから慌てずに!

    ヒジヤンサウンドは「使いこなすとは?!」にとって凄く有意義な勉強になります。

    オーディオと音楽って本当に楽しいね!

    では、では

    byバズケロ at2020-12-30 18:31

  3. バズケロさん、お疲れ様でした。

    冬の休みに入るや否や、自宅でのオフ会をこなし、更に箱根越えの遠征とは素晴らしい行動力です。そのおバカ度合いは、元祖おバカの称号そのものですね。

    題名に掲げていただきましたが、こちらは「おバカにも程が・・・ない奴の2号」の認定を受けばかりのひよっこです(笑)

    苦労話で言いますと、昨年末から今年にかけてCDPとAMPが次々に寿命が来てしまい機器代替をしました。AMPの方は、今年の10月になって、ようやくカスタマイズA10が出来上がりました。だから一念発起して、サウンドの再構築を図ろうと、一旦すべてをバラしてからやり直しです。一番時間がかかったのがアースですね。特にタワシアースの繋ぎ方です。この辺りは、再構築が終わったあたりで詳しく書こうと思います。

    10月から年末に掛けて再構築するスケジューリングをして、冬の休みには、元祖おバカをお招きして、合言葉である
    「どうだ参ったか!」⇒「参りました」の儀式
    を行う計画だったのですが、飛び入りのMFPC騒動で予定が狂いました。それでも、何とかギリギリ間に合った感じです。今年最大の目標でしたから、喜びひとしおでした。

    そんな中にも、よい面ともうひとつな面を感じてもらい、話し合った結果で真理が見えてきたような気がします。

    話はかわりますが、バズケロさんの方向おんちは毎度のことですね。10時に来られる予定で、9時にPAからのメールでした。Googieマップで調べると、あと44分で到着予定と出ました。早まりそうだと慌てたのですが、待てども待てども連絡なしです。10時を30分近く過ぎたあたりで電話が鳴ってホッとしました。

    それにしても、頭も身体も体力も使いながら追い込んでいくおバカ同士のオフ会は楽しいですね。決め手のポイントやそれを探し出すまでの苦労もあうんの呼吸で分かり合えるのが最高です!

    オーディオ・オフ会は、成果発表会なり

    バズケロ邸でも先日の訪問から、更に更に更に進化されているようですので、また相互成果発表会をやりましょうね。次回までの時間は短くなりそうなので、心して精進いたします。

    またよろしくお願いします。
    ありがとうございました。

    byヒジヤン at2020-12-30 19:54

  4. ヒジヤンさん
    こんばんは!

    先日は本当に心底感銘いたしました!
    こんな体験ができて嬉しかったですね〜!!!

    >苦労話で言いますと.........

    はい、その先のお話は痛いほど解るのです。
    再構築の苦労も、アースの苦労も....
    体力、気力、集中力、全てがヘトヘトになるまで追い込む。
    まさに苦労話は阿吽の呼吸でわかり合えるのが幸せです。

    >そんな中にも、よい面ともうひとつな面を感じてもらい、話し合った結果で真理が見えてきたような気がします。

    そうですね。
    一つの真理に近づいているのかもしれません。
    お互いのお部屋のスタンスが両極端なのですが、出音の純度を追い求めるアプローチがとても近しい。
    だからこそ見えて来る共通項が多くて、時にはその行いのオーバラップする感覚には感動的ですらあります。
    本当に面白いです!

    こうした共通言語が分かり合えるのは本当に貴重なことなのだと思います。

    それはさておき...
    方向音痴のバズケロも少しは進化したと思いますよ!
    だって近所に辿り着けたのですから!!!!
    あの複雑な路地に迷い込むなんて...マジで勘弁してくれ!って思いました(笑)
    電話したところで
    「バズさん今どこ?」
    「そもそも自分が何処にいるのかわかりません!」
    それがオチですからねえ(汗)
    若い頃、瀬戸内を目指して走った先が日本海だった!という思い出が懐かしいねえ(^^)

    多分次回の相互オフ会は近いうちに実現できそうですね。
    お互いにかなりの領域である意味近づいている気がします(^^)
    阿吽の呼吸で意見を交わせるおバカは今の時代では絶滅危惧種でしょうかね...
    新潟にも絶滅危惧種は生息していると思うのだが...今はスキーと新車に夢中かな?!(笑)

    来年もよろしくお願いします。
    楽しかったですね!
    オーディオと音楽って本当に面白いぞ!!!

    では、では

    byバズケロ at2020-12-30 21:59

  5. バズケロさん、おはようございます。

    とうとう箱根越えを果たされたのですね。ヒジヤン邸の音は元々厚かったと思いますが、更に重厚になったのですね。いつかまた訪問してみたいです。迷子になられても無事復帰できて良かったですね。

    今年はコロナ禍でいろいろ大変でしたね。拙宅もカミさんがずっと自宅にいることもあって3月以降人を呼ぶことはできなかったですし、高齢の両親の様子を見に度々出かけなければなりませんので、オフ会もずっと控えております。

    その中でもバズケロさんとの交流はとても楽しかったですし、既存システムのレベルアップをすることができました。ありがとうございました。

    来年もしばらくこのような状況は続くと思いますが、オーディオと音楽は不滅ですし、レベルアップを図る要素はまだたくさんあると思います。また一緒に遊びましょう。
    ではお体に気をつけて。良いお年を。

    byHarubaru at2020-12-31 10:26

  6. バズケロさん

    ジャズ好きはジャズで、クラシック好きはクラシックで練れば、自ずと他のジャンルもよくなっていくというのは全く同感です。

    そのことはJBL部屋で実証されていますね。あれだけジャズをジャズらしく鳴らしているのに、クラシックも凡百システムをはるかに超えていますよ。

    やクラシックなど、無理に自分の領空外に進出してあれこれバトルまがいのことを試みるとかえっておかしくなります。自分の得意の分野で攻めていると自ずと領域外のジャンルも鳴るようになるということだと思います。チューンナップは得意ジャンルで、その検証に時々他のジャンルで…ということでしょうか。どちらにせよ音楽を楽しむことですね。

    今年はコロナでなかなか動きもとれませんでしたが、何とバズケロ邸には年末が押し迫ってから立て続けに三度も押しかけることになりました(笑)。拙宅も、巣ごもりが常態化してなかなかお招きできませんでしたが、コロナが落ち着いたらぜひ赤羽方面にもご出馬くださいませ。

    byベルウッド at2020-12-31 11:04

  7. バズケロさん  年内に行動に出るとは 思いませんでした。
    そろそろガラゲーを卒業して モービルフォンに 切り換えですかね。 便利ですよ。 グーグルマップも 使えるし。バズさんには 必需品のように思います。

    迎えた ビジさんも大変でしたね。トランス導入したばかりで セッティング,エージングも途中のように思います。
    まあ それでも 迎え撃つぞ!!と 燃えていたようなので, とても 良い刺激剤になり, うまく調整できたようですね。

    クラシックのおいしい鳴り方と ジャズののりのりな 鳴り方は やはり 違いますね。どっちの音楽が好きなのか? 決めて チューニングしないと どっちもつまらなくしてしまうかもですね。。 
    新潟に絶滅危惧種なんて いたかなぁ?? でも 今年も いろいろやりましたね。 スキーは これから ぼちぼちです。 車は 春まで 車庫で 冬眠です。  

    雪が 融けたら 袋井まで走りますよ!! よろしくね。

    byX1おやじ at2020-12-31 13:52

  8. バズケロさん、こんにちは。

    ヒジヤンさんのシステムの音がとても良く想像できました。
    目指すホールの響きを再現しようとしているのですね〜。
    私がよく聴くケリースイートさんのエタニティをヒジヤン邸で聴いてみたいです。
    ハマるんだろうなあ。
    トランスも気になります。
    眠っているトヨズミの絶縁トランスがあるので、PCに使ってみようかと思っている次第です。
    やる事が増えました。笑

    byCENYA at2020-12-31 14:54

  9. Harubaruさん
    こんばんは

    >とうとう箱根越えを果たされたのですね

    はい、念願かなって背中も押されて行ってまいりました!
    行きはドキドキものでしたね。
    ここはどこ?私は誰?状態なのでビビりまくりです(笑)

    ヒジヤンさんのサウンドは、機器類もブラッシュアップされているので、鮮度が以前に増して熱い音です。エネルギーの出方が違います。
    力のロスが小さいイメージなのです。

    今はなかなか交流も難しいご時世ですから、もう少し落ち着いてくれればいいですね。
    そのうち実際に聴く機会も増えてくると思いますが、今は皆が健康であることが最優先です。

    また一緒に遊びましょう!
    良いお年を!

    では、では

    byバズケロ at2020-12-31 20:22

  10. ベルウッドさん
    こんばんは

    今回は部屋の作り方がジャズクラ真逆の環境下での比較ですからとても勉強になりました。
    それでも共通項がとても多い音作りなのですから、本当に遠くて近いというか...面白い。

    自分にとっての音楽とオーディオで一番大切なものは何かを見失わないこと。
    そして音楽を心から楽しむこと。
    この二つがあればオーディオは十分楽しめますね。

    なかなか落ち着いた生活に戻れないのが現状ですが、また交流できればいいですね。
    良いお年を!

    では、では

    byバズケロ at2020-12-31 20:30

  11. X1おやじさま
    今晩は!

    今回のヒジヤンさん、本当にギリギリまで頑張ってよくぞ年末に合わせてきたな!という驚きがあります。
    熟成のことを思えば確かにこれからもっとこなれてゆくのでしょうが、それでも充分に楽しめる音楽になっていましたよ〜
    なんてったって熱い!熱い!
    電源系のチューンは難しいですが、見事にマイサウンドとして溶け込んでいました。

    ジャズとクラシックの鳴り方は、どうしても違いますね。
    求められている環境や演奏されている環境そのものが違いますから当然だと思います。
    システムの完成度が上がれば上がるほど、突きつけられる現実なのでしょうか?!
    部屋をそれ用に仕立てていればいるほど、難しいでしょうね。

    雪が溶けた頃、カッコイイ車で遊びにいらしてください!
    あれから随分と完成度が上がっていますから楽しめると思います。
    こちらからも行けたらいいですね。

    それでは良いお年を!

    では、では

    byバズケロ at2020-12-31 20:42

  12. CENYAさん
    こんばんは!

    ヒジサウンドはクラシックを聴くとぶったまげますよ!
    あの音響結界の世界観はオンリーワンで他ではなかなか味わえませんから。
    こればかりは体験するしかない!

    色気???はどうなのでしょうか?
    ヒジヤンさんにお気楽なエロワードは似合わないし、だってほら、オーディオ荒業の修行僧みたいなイメージあるもん(笑)
    それでもケリースイート様の美しいお姿を語る時はニヤリ...親近感湧きました(爆!

    トランスはきちんと扱えば強い味方になってくれます。
    ただし振動をどれだけ制御できるかがポイントですがね...アースひとつとっても一筋縄ではいきません。それぞれの設置環境で教科書通りにはいきませんから。

    オーディオは楽しさも難しさもエンドレスですね。
    同じやるならこれからもとことん楽しみましょう!
    それでは良いお年を!

    では、では

    byバズケロ at2020-12-31 20:52

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする