「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
ブルースブラザース
ブルースブラザース
ジャズ、クラシック、ロック、フォーク等なんでも聞きます。 最近のJポップは、まったく聞きません。 20才の頃1年間猛烈に働き、あこがれのJBLランサー101を手に入れてから本格的にオーディオ人…

マイルーム

ひとりごとルーム
ひとりごとルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~120型 / ~5.1ch
2016年春、神奈川からここ長野へ引っ越して来ました。 これを機にユーザー名を28号からブルースブラザースへ改名。 2018年10月から年末に掛けて大幅にシステム変更を実施。 スピーカーをS…
所有製品
  • ADプレーヤー
  • トーンアーム
    VIV LABORATORY Rigid Float CB
  • その他アナログプレーヤー/関連機器
    VIV LABORATORY Nelson Hold
  • ターンテーブル/フォノモーター
    DR.FEICKERT ANALOGUE Blackbird
  • プリアンプ
    AYRE ACOUSTICS KX-R Twenty

レビュー/コメント

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入り製品

日記

バキューム・スタビライザー[CVS-1]

このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年01月04日

年末年始はどう過されましたか?
私は、午前中は録画したTV番組を見て、午後からは、アナログ再生を楽しんで夜になると、
スクリーンを下ろしBlu-rayやDVDを深夜まで・・・そんな感じでした。
そして、
12月の頭に届いていた[CVS-1]をやっと試聴出来る。
センタースピーカーを床置きから天吊りにするだけ・・・・・これが予想に反して手こずった。
天井に穴を開けて補強するハメになり、その作業も昨年(2021)終わりました。


バキューム・スタビライザー(continue vacuum stabilizer)CVSー1
その真価のほどは!
ほとんどのプレイヤーに装着可能とか?!
もしかすると、このコミュニティの方も導入されている方が!

まずは、こいつで試してみようか・・・・ブリンクマンオアシスDDプレイヤー
20kg重量級ターンテーブルと、どのようにマッチするか?
ただチョットこのブリンクマンのセンタースピンドルは、
若干太めなので、少し力を入れて押し込む必要があり、これが返って良かったようだ。

見事にマッチ、好みの音が出来た。
と言っても以前の音が悪かった訳ではなく、より良くなったと。
もっとも全ての盤を再生した訳ではないので、その片は・・・・

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

次は隣にあるコイツ、ツインアームのドクトル・ファイキャルト・アナログ・ブラックバードⅡ
コイツが実は、曲者であった。
素直にセッティングがうまくいかないのだ。
曲者は、このセンタースピンドルの形状である。

そのままでもセッティング可能なのだが、径が小さいため盤のセンター出しが、し難い。
たとえ上手くいってもディスク本体がバキュームを掛けると浮き上がってしまう。
浮き上がること自体は、問題ではないのだが、均等に浮き上がらない、のが問題。
つまり偏って浮きがる。
これでは、まともに再生出来ない。

それでしばし考えて・・・・・とった対策が、この二つ。
ひとつは、センター出しするために、こんなものを作った。
工作(削る)するのに、丸一日掛った。


もう一つは、隣のLP12用の使っていないフェルト製のオリジナルターンテーブルマット
こいつを下に敷いた。プラッターとディスク(CVS)の間にイン。

双方とも功を奏し上手く再生出来た。
再生音も予想した通り、好みのものに。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

最後は、同じメーカーのウッドペッカーⅡ
ドクトル・ファイキャルト・アナログと同一メーカーなので、センタースピンドルを含め
ターンテーブルの形状はまったく同じなので、同じようにして流用できる。
が、やはりと言うか、やっぱなぁ、ある意味想定していた通りの音に。
コイツには、向かない。

『総評』
当たり前なのだが再認識した。
アナログ再生と言うのは、ピックアップカートリッジが決め。
どのカートリッジで、このカートリッジで、どんな音を聴きたいか、どんな音にしたいか、
その素性をつかみ自分好みにどう仕上げるかは、セッティング次第。
ベースになるのは、カートリッジだと言うこと。
もちろん、トータルバランスも重要な要素。
バンデンハルと[CVS-1]は、融合しなかった。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[CVS-1]について
ディスクは、マグネシウム製でこれが一番よい素材ですね。
もしアルミや黄銅、真鍮そしてカーボン(CFRP)などでしたら、変に偏った音が乗り問題だったでしょう。
この黒いボックス、コンプレッサーポンプが入っているのだが、とても軽いし感触が?
取説を見ると、木 ?!
なるほど合点がいった、木にウレタン塗装したものでした。

結論として
こいつは、ブリンクマンとブラックバードⅡで使っていくことにする。




【次回はスピーカー制作記】になる予定



《しぶぎん座流星群》
しぶんぎ座流星群の活動が極大を迎えています。
月齢も丁度よいので、今が見ごろです。

月齢:2
天候:晴れ
気温:-4℃


ひとりごとーその494

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ブルースブラザースさん、こんばんは。

    CVS-1 良い効果が得られたようで安心しました。

    ホースの付いたスタビライザーの取り扱いは注意が必要です。

    真空ポンプの音はどうなんでしょう?

    byVOTTA7 at2022-01-04 23:06

  2. ブルースブラザースさん 本年も相変わらずよろしく。

    やってますね、バキュームスタビライザーの真価が発揮され
    音楽に没頭できそうですね。

    以前マイクロのプレーヤーに付属してましたね内部は
    ガラス瓶のエアーチャンバーでポンプ本体はダイアフラムの簡単
    なものだった記憶が、
    中古品でしたので壊れていたのでその音も聞かずでした。


    カレンダー届きました、有難うございます。
    こちらからも送ります、手作りの拙い物ですが笑納ください。

    by田舎のクラング at2022-01-05 11:26

  3. ブルースブラザーさん こんにちは 私は以前テクニカのAT666という型番だってと思いますがバキューム式のものを使っていました。今から20年ぐらい前ですがレコードの密着と振動という課題を克服しるために使いましたがすぐダメになってしまいました。今はテグロンだと思いますがファイルウェブで紹介されたターンテーブルシートをつかっています。オヤイデのBR12これも型番は怪しいですがこれからの乗り換えで今は具合よく聞けています。レコードは奥が深くて面白いです。

    byELVIS at2022-01-05 11:29

  4. VOTTA7 さん、こんにちは、
    ポンプ音ですが、オーディオショウで聞いたときは、気になりませんでしたが、
    やはり自宅で使うと、気になります。
    が、再生前の約25秒間なので、再生後は気になりません。
    ボックスが金属ではなく、木だったので良かったのかと思います。
    ホースは、気を使いますねー。
    捻じれないよう、ストレスが掛からないよう注意せねば。

    BBより(=^・^

    byブルースブラザース at2022-01-05 13:13

  5. クラングさん、こちらこそ、よろしくお願いします
    お気を使わずに! 貰いものですので。

    大昔からいろいろなメーカーからバキュームスタビライザーは出ていましたね。
    私は、基本フローティング方式のプレイヤーが好きだったので、あまり興味はありませんでした。
    が、
    昨今も、私の使っているプレイヤーもリジット方式が増え、このバキュームスタビライザーを導入。
    でもプレーヤーの場合、セッティングつまり振動対策が出来てからの話し。
    これがうまく出来ていないと、何をしても無意味ですね。

    実物を見て聴いているので、ハッキリ言えます。
    クラングさんのプレイヤーシステムでは不要でしょう。
    こんな物、おもちゃの分類です。

    BBより(=^・^

    byブルースブラザース at2022-01-05 13:31

  6. ELVISさん、こんにちは、
    ”レコードは奥が深くて面白いです。←”本当にその通りです。
    しかも自分自身で調整が修正が出来る。

    私も記事にこそ、していませんが、ありとあらゆるシート、マットを使って来ました。
    種類にして10種以上、金額にして10万円以上費やして。

    そして、結論としてやはりこの言葉が、”適材適所”です。
    使用しているプレーヤーシステムとその環境が重要なファクターになります。
    プレーヤーが変われば、カートリッジが変われば、住環境が変われば、
    使用するシートマットを変える必要が出てくる。

    そして一番重要なのが振動対策です。
    特にリジット方式のプレイヤーの場合は。

    BBより(=^・^

    byブルースブラザース at2022-01-05 13:39

  7. B.Bさん、あけましておめでとうございます。

    面白そうなアクセサリーの情報ありがとうございます。
    ソリのあるレコードは悩ましいもので、今までも色々なアクセサリーが出たり消えたりとなかなか決定版がありませんでしたね。
    私の知る限り
    ○逆反りのテーブルシート+スタビライザー、
    ○私も使っている外周スタビライザー式、
    ○センタースピンドルに厚みのあるスペーサーを入れて上からラベル辺りを締め込んで逆反りさせるタイプ、
    ○そして今回の吸着式、しかも今のは演奏中も吸着するんですね。

    ケッコー高価なアクセサリーですが、うまくシステムにマッチしたようで重ねておめでとうございます。ホースの取り扱いやセッティングなど繊細な感じに思えて、横着な私はすぐに壊してしまいそうなんで手を出さないようにします。

    byTON2 at2022-01-06 17:03

  8. TON2さん、明けましておめでとうございます。
    確かに、取り扱いは面倒な事はあります。
    通常普通のシート、マット類ならば、ただ敷くだけで済みますが。
    コイツは、そうは行きませんからね。
    盤の外周、内周に関わらず安定したフラットな再生音を聴かせてくれる。
    その分、プレイヤー本体のセッティングをしっかりとしないとダメですが。
    特に重針圧カートリッジの場合が一番の強みかと。

    BBより(=^・^

    byブルースブラザース at2022-01-06 21:54

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする