ひとりごとルーム

philenumber:4339 (philenumberとは

ブルースブラザース
ブルースブラザース
ジャズ、クラシック、ロック、フォーク等なんでも聞きます。 最近のJポップは、まったく聞きません。 20才の頃1年間猛烈に働き、あこがれのJBLランサー101を手に入れてから本格的にオーディオ人…

マイルーム

ひとりごとルーム
ひとりごとルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~120型 / ~5.1ch
2016年春、神奈川からここ長野へ引っ越して来ました。 これを機にユーザー名を28号からブルースブラザースへ改名。 2018年10月から年末に掛けて大幅にシステム変更を実施。 スピーカーをS…
所有製品
  • ADプレーヤー
  • トーンアーム
    VIV LABORATORY Rigid Float CB
  • その他アナログプレーヤー/関連機器
    VIV LABORATORY Nelson Hold
  • ターンテーブル/フォノモーター
    DR.FEICKERT ANALOGUE Blackbird
  • プリアンプ
    AYRE ACOUSTICS KX-R Twenty

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入り製品

日記

アナログターンテーブルシート決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年08月25日

4回目のワクチン接種を済ませました。
今の内ならまだ無料なので。

以前からいろいろ買い集めたターンテーブルシートが十種以上。
買い集めたと言うより、集まった感じかな?
もちろん自作したものもある。
デジタルと違い選択しが豊富で、決めるのも容易ではない。



やっとやっと決定。
散々試行錯誤の上、いろいろ試した結果。

【SONDEK LP12】
使ったことがある方なら分かると思うが、オリジナルの黒色フェルトが厄介もの。
静電気の影響でレコード盤に貼り付いて交換し辛い。
個人的な制約だが、プラッターが軽いので重いものは避けたい。
モーターへの負荷を多くしたくないので、おのずと選択しが限られてくる。
そこで、
トーレンス性の弾性ゴム、コルク、皮革の混合素材から成る帯電防止型に決定。
軽く薄いので、直接プラッターにマスキングテープで貼り付けた。
見栄えはあまり良くないが?



【brinkmann OASIS】
今ではコイツが一番古株で、唯一のDDプレイヤー。
これについては、今年(2022)の初めに記事にしているので詳細は省く。
「バキューム・スタビライザー[CVS-1]」、これが一番高い出費であった。



【Woodpecker 2】
こいつも散々悩まされた。
シートを変えるたびに、んんー、違うなー。
この繰り返しが、永遠に続くのか? と不安になることも。
そしてオーソドックスなセーム皮で落ち着いた。
色がよく分からないと思うが、濃い青色にした。



【Blackbird 2】
当初は【OASIS】と同じ「バキューム・スタビライザー[CVS-1]」を使うつもりであったが。
取り外しが厄介なので、従来のものに戻した。
それは、Magic-Mat。[DR. FEICKERT ANALOGUE]
これは割と簡単に決まった。
と言うのもこれ以外は、使えないのである。
このMagic-Mat、静電防止効果も高いのだが、吸着性があり盤が貼り付く。
軽針圧タイプのカートリッジなら、何の問題もないのだが、針圧5G以上のEMT_OFD25を使う。
スリップして上手く再生出来ない。
SPU等の重針圧タイプのカートリッジにはお薦めです。


もちろんスタビライザーを使う手もあるが、私はあまり好きではない。


月齢:27
天候:曇り
気温:22℃

ひとりごとーその527

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ブルースブラザースさん、こんばんは。

    私の所もバキューム式スタビライザーが安定して使えるようになったのでターンテーブルシートの選別は終わりました。
    シートの固定は薄い紙製の両面テープを良く使います。

    スタビライザーなんですけど自分のプレーヤーは全てダイレクトドライブでモーターの整振の役割があるのかなあと考えるようになりました。
    ベルトドライブの場合モーターの振動はベルトで吸収され、それよりもスタビライザーの使用はターンテーブルの重心を上げ僅かな偏心を誘ったりベルトのテンションが変わってしまうことがあるのかも。
    ベルトドライブのプレーヤーを置くスペースはもう無いので検証は出来ませんが(笑)

    byVOTTA7 at2022-08-26 21:47

  2. VOTTA7さん、こんにちは、シートの固定が大変でした。
    両面テープを使う。これを一番初めに検討しましたが、薄いのが無くて、剥がし難い。
    のがあって、どうしたもんか?
    見栄えは悪いが、マスキングテープを使うことにしました。

    スタビライザーは、正直面倒くさい、のがあって使わなくなりました。
    たまに中央部が盛り上がっている盤があると乗せるぐらい。

    何よりも大変だったのが、カートリッジとの相性です。
    これが全てと言っていいかも!
    乗せるシート使うシートによって、まったく音が変わります。
    自分の聴きたい音、再生したい音は、どれなのか? 散々悩みましたね。
    これでもう変わることはないでしょう。
    やっと落ち着いて音楽を聴くことが出来るように。(^▽^)/

    BBより(=^・^

    byブルースブラザース at2022-08-27 12:50

  3. BB様、お久しぶりでございます。

     当方、昨日からやっとアナログプレーヤーKP-9010号の復活と相成り只今ポール・モーリアのレコードを聴きながら書込中です。

     4月のハードオフ偵察でターンテーブルシート「オヤイデ電気BR-12」を数百円で入手し本日初めて使ってみました。

     率直に言って音の違いはイマイチ分かりませんが、プレーヤー付属の純正シートは経年変化で硬化してしまっていて、レコードクリーナーをかけると盤がスリップしたりするけど、オヤイデ電気のBR-12は表面がしっとりしてスリップしないのが良いです。

     低レベルなコメントとなりましたが、アナログ盤はこういう楽しみが残してあるのが楽しいのかもしれませんね。(笑)

    byたかけん at2022-08-27 18:36