kenken3
kenken3
お気に入りのCDの一つです。→シェフィールドラボのドラムトラックレコード(http://www.sheffieldlab.com/) 高校時代からオーディオにはまり、ホーム、カーオーディオ(naka…

マイルーム

B&W CM2からLINN majik140
B&W CM2からLINN majik140
持ち家(戸建) / リビング兼用 / その他 / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
http://www.formusic.jp/から新古品で購入したスピーカーB&WのCM2 当時はnakamichiで販売してました。 H29.1.26に22年間使用したB&W CM2からLINN…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

日記

今更ながらハブを変えてみました

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年02月21日

以前、DELAのS100をオーディオ店で通常のハブと聞き比べしました。鮮明な音になったことは確認できましたが、値段に応じた価値があるか?と言われると考え物です。オーディオ用と記述されている装置やアクセサリー等は、高価であり確かに音質に効果があるかもしれませんが、導入には躊躇してます(オーディオ装置を購入しているのに、アクセサリー類が高価だと思うなと言われそうですが・・・)。要は費用対効果を考えて導入してます。

現在は1000BASE対応のハブがほとんどですが、ネットワークプレーヤーには100BASEでデータが送られています。100BASEのハブの方が音が良いと言われましたが、現在は1000BASE以上の対応するハブが主であり、LANケーブルを挿せば自動的に100BASEに切り替わります。あんまり気にしてはいませんでした。以前から、プラネックスのハブ FX-08Miniなどが話題になっていましたが、製品より100BASEが最大のハブの音で変化があるのかが気になっていました。
偶然にDELAのS100に100BASEの端子がありました。これは100BASEが音質の肝かもしれません。オーディオメーカーでは把握していたでしょうけど、通信機器メーカーでは、オーディオ?と名を上げて製造はしていかったのが現実でしょう。単なるデータの送受信でしかないわけですから。


ということで、近所のハードオフに売っていた偶然発見した古いこのアライドテレシスの100BASE(FS708TL)ハブを買って試しに、現在のハブとネットワークプレーヤーの間に接続し、かつ、NASもこれに接続して聞いてみてところ、今まで以上に音が空間として再生されるようになりました。
やはり100BASEが肝であると認識しました。

本来、ハブは使用せずにルーターから直接プレーヤーにLANケーブルを接続したいところですが、部屋のオーディオの位置の関係からハブを中継しなればなりません。
現在、MAJIK DSM/4に変更したので、Wifi対応になったので、NASも無線LANで再生できる?かもしれませんので、試してみたいところです。

それぞれ各々の通信環境に違いがあると思いますが、その辺にある通常の100BASEハブがネットワークプレーヤーには良いかもしれません。NASに曲のデータを移動させる時は、速度が遅いかもしれませんが、100BASEのハブで充分と思いました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. レポートありがとうございます。
    私もオーディオ専用ハブを使っていましたが、その費用は
    ノイズカットトランスと、普通の光メディアコンバーターに投資の方が圧倒的に音質は上となりました。

    接続は
    プレイヤー 〜 光メディコンTO 〜 光LAN 〜光メディコンFROM 〜 一般的な無線LANハブ 〜 NAS
    です。

    ノイズカットトランスは 光メディコンTOとプレイヤーに使うと物凄い事になりました。ご参考まで。

    byYongJoon at2021-02-21 11:56

  2. レスポンスありがとうございます。光メディアコンバータがノイズを遮断するのでしょうか。オーディオ店で聞いたDELAのS100接続の光メディアコンバータは確かに静かになり、ボリュームを上げるようになったような気がしました。プレーヤーにハブを接続しないことは良いような気がします。オーディオ店では光ケーブルは3メートル以上が良いといってました。長さがあっても、プレーヤーにハブが直接介さないことになった方が音質には有利なんでしょう。
    また、SFPは規格が数種類あり、それぞ通信回線に応じたSPFにしないと対応しないとか聞いてます。一見してもあまり違いが感じられませんが、これから発展するかわかりませんね。本来は通信機器であり、音にどれだけ影響あるのかあまりわかりません。

    どれをどう選択するのか、あまり詳しくはわかりません。
    また、情報お聞かせください。

    bykenken3 at2021-02-22 23:32

  3. レスありがとうございます。
    吉田苑のブログでも、光ケーブルの長さで音が変わるとあります。ジッター性能が違うのでしょう。

    http://www.yoshidaen.com/takechan/akira17.html
    2021/01/16 SFP 接続研究中です。
    > マルチモードは 20m の物が最も良かったです。これは今までのアナログなオーディオとは全く違う結果で驚きました。長くなるにつれて、滑らかさが増し音像が安定します。マルチ特有の個性を感じます。穏やかで丸みを帯びた表現となり、ふくよかで温かみを感じる表現が特徴です。

    シングルモードは少し違う結果となり 20m より 3m の物が好ましかったです。
    1m よりは 20m が良かったので、シングルにせよマルチにせよある程度長めの方が良い結果が出るように感じます。こちらは、よりストレートに音が出てきます。曖昧さが無くなり、フォーカスがぴったりと合うようになります。

    SFPに刺すモジュールは光〜電気変換するので、SFPモジュールが出す電気ノイズの少なさはポイントと思います。ただSFPモジュールの種類にこだわる前に光メディコンの電源ノイズカットの方が圧倒的に音質効果があると思います。

    高額のDELAのS100の購入はパスして、普通の光メディコン2個とノイズカットトランス、光メディコンのアナログ電源はお勧めです。10万円もかからないです。

    なお、うちの光メディコンはSFPモジュール非対応の、光ケーブルを直接刺すタイプです。SFPの選択や光ケーブルの選択に色々悩まずにすみます。

    byYongJoon at2021-02-23 09:56

  4. 補足ですが、Amazonで 
    光メディアコンパータ 

    で検索されて見て下さい。光ケーブルの違いなどは通販ページ見ればすぐ分かります。
    2個セット 100M だと3000円以下です。未確認ですが、100Mの方がノイズが少なく 音が良い予想です。

    byYongJoon at2021-02-23 12:21

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする