「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
すのゆの
すのゆの
地方都市在住の会社員です。クラシックから歌謡曲まで幅広く音楽を愛しています。

マイルーム

リビングでビンテージサウンド構築中
リビングでビンテージサウンド構築中
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
狭いリビングにALTECのSPを押し込んで、アナログを中心にJazz,Classic,Popsと色々聴いています。 特に私が生まれた頃に録音されたアナログの音の良さに驚いています。
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

河村尚子を迎え広饗定演 ブラームス2番

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月13日

ゆうべ、広島交響楽団の定期演奏会に出かけました。
ソリストが河村尚子ということや秋山和慶さんが文化功労章を受章して最初の演奏会だということ、更に8月の土砂災害のチャリティも兼ねた演奏会だったので勇んでチケットを求めました。
プログラムは、ブラームスのピアノ協奏曲2番と交響曲2番というかなり重いものでした。
まずは、河村さんが写真のドレスで颯爽と登場、力強いタッチでガンガン弾きまくり、ダイナミックな演奏で観客を魅了しました。
オケとの掛け合いも見事な演奏でした。いつもながら堂々としていますね。
6度のカーテンコールに応えてブラームスの間奏曲を打って変わって静謐なタッチで奏でました。

わたしはもうここでお腹いっぱいでしたが、続く交響曲も秋山さん渾身のタクトにオケが良く応え、武骨なブラームスらしい好演奏でした。
2002人収容の会場は満席で、最後はスタンディングオベーションで演奏を湛え、秋山さんの受賞に花を添えた感じでした。

プログラムには、秋山さんの指揮者活動50年を祝う小沢征爾さんの談話が載っていました。斎藤秀雄さんの一番弟子が秋山さんで、斉藤さんから指揮法を飯守泰次郎さんと秋山さんが勉強し始めた時に手伝えと言われて以来の付き合いだそうです。
秋山さんを海外に読んだのも小沢さんだったそうですね。

会場で配られたチラシに河村さんのラフマニノフのチェロソナタとコンチェルトのCDの情報が載っていました。トッパンホールで共演したハーゲンさんとの録音なので聴かなくてはと思います。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. すのゆのさん

    いろいろと意義の重なる演奏会だったのですね。秋山さんの活動50年、文化功労賞受賞という慶事を祝う広島の熱い聴衆もすばらしいですね。

    河村さんも熱演、6回のカーテンコールというのもすごいですね。私はその前の週に水戸でショパン・プロジェクトを聴きました。ラフマニノフのCDにはしっかりとサインをいただきました(笑)。

    byベルウッド at2014-11-13 13:12

  2. すのゆのさん

    節目となるとても素敵な演奏会でしたね。

    広島交響楽団は1963年発足、プロとなったのが1972年と50年を超える歴史があり、東京、大阪をはじめとして海外での公演もこなす輝かしい実績をお持ちなんですね。

    このような楽団が地元にあることを羨ましく思います。

    静岡交響楽団は1988年発足し、地元で地道な活動をしています。
    静岡は東京まで一時間の距離ですから、その気になれば多くのコンサートを楽しめますが、時間的、経済的に制約のある地方在住の方にとって地元の楽団はありがたい存在ですね。

    そのような気持ちで、ささやかながら後援会の定期会員となっております。

    bymerry at2014-11-13 15:40

  3. ベルウッドさん こんばんは

    スレありがとうございます。
    大曲を演奏した後での熱いカーテンコール、ちょっと気の毒でしたがきちんとアンコールに応えてくれてありがたかったです。

    ショパンプログラム3月にもあるので行ってみたいと思っています。
    ゆうべは、そんな塩梅でCDには長蛇の列が出来てしまい、購入は断念しました。残念!

    byすのゆの at2014-11-13 18:27

  4. merryさん こんばんは

    スレありがとうございます。
    merryさん偉いですね。わたしは、気に入ったプログラムの時だけ足を運ぶチェリーピッキングです。

    きのうのパンフレットに群馬響をモデルにした映画「ここに泉あり」のエピソードが載っていました。小林圭樹扮する楽団の事務局長が資金集めに東奔西走し悲哀をなめるという姿が、いまも各地の楽団で繰り返されているという話でした。

    きのうも知事や市長が来場してカープで有名なたる募金を募っていました。これは土砂災害の義捐金集めですが、この2人のトップがもっと演奏会に足を運んで、秋山さんの受賞祝いにポンと寄付金をだしたらどうなのと同僚が苦言を呈していました。

    広饗も運営費の赤字が随分圧縮されているということで、市民の中で存在感をもっとみせて行って欲しいと思います。

    byすのゆの at2014-11-13 18:41

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする