YongJoon
YongJoon
オーディオの基本ポリシーとしては「オーディオはどんなに頑張っても生演奏以下、目的は快適な空間と明日への活力、オーディオと音質はその手段」との考えです。 音が最優先では無く、操作性、見栄え、価格の…

マイルーム

防音ルーム20畳NetAudio
防音ルーム20畳NetAudio
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~7.1ch
■部屋 20畳防音のAV専用ルームです。新築一戸建ですので、簡易的な音響効果を考えた簡易防音設計をしています。完璧防音ではありませんが、夜中に大音量再生行なっても、ご近所家族からクレーム…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

日記

電源タップのスパイク受け自作 御影石とアフリカ国檀受け皿

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年10月25日




一階リビング用 オヤイデの電源タップMTS-6(スパイク付き) ですが、スパイク受けが無いので、自作しました。

ヤフオクで1900円の御影石がサイズぴったり、これに山本音響工芸の木製の、アフリカ国檀製スパイク受け皿を接着です。

接着したのは前後左右に滑りやすいからです。振動防止は床の振動を伝えない事+音圧で電源タップは前後左右に振動する事も予防必要と考えた為です。

知人がタンノイスピーカーに御影石のスピーカーベースと山本音響工芸のスパイクインシュレーターを使っているとの事で真似しました。御影石の共振周波数を変える目的で御影石には木製スパイク受けが合うとの認識です。


電源タップで音が変わる理由は 想像ですが、
(1)振動防止:フレミングの右手の方向の起電流発生の最小化
(2)コンセント密着の力の強さ
と考えており、今回の自作は(1)の観点です。一番の目的は見栄えですが。

ただ JSPC製ACラインコンディショナー(ノイズフィルター)使っていますので、音の変化はわからないでしょうね。 そういう事もあり音質評価は未実施です。笑

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする