「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
YongJoon
YongJoon
基本ポリシーとしては「オーディオはどんなに頑張っても生演奏以下、目的は快適な空間と明日への活力、オーディオと音質はその手段」との考えです。 音が最優先では無く、操作性、見栄え、価格の複数の観点の…

マイルーム

防音ルーム20畳NetAudio
防音ルーム20畳NetAudio
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~7.1ch
■部屋 20畳防音のAV専用ルームです。新築一戸建ですので、簡易的な音響効果を考えた簡易防音設計をしています。完璧防音ではありませんが、夜中に大音量再生行なっても、ご近所家族からクレーム…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

日記

Bluesound NODEその2 音質評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年01月10日

Bluesound NODE 連続再生でのエージング100時間超えましたので、音質評価をレポートします。


◆光、同軸、USB

NODEのデジタル接続は 光、同軸、USB3種出来ますが、うちの環境では同軸デジタルケーブルが好みでした。高域ボーカルがより自然でリアル、高域のキンキン感が少なく好みです。

◆仮想アース


NODEには USBに一個、RCAに3個(一個はRCA+接続)合計4個の仮想アース接続ですが、やはり仮想アース接続の方が音は好みです。

予想の通り、RCA+接続の金属タワシ仮想アースの効果もありました。より自然に陰影感のある高音が出ます。RCA+接続の仮想アースは低価格のBlu-rayプレーヤーでも良い効果がでます。
ガラス瓶3リットルにステンレスのみ詰めてRCA+のみアース接続します。ようはRCAケーブルのシールドを一部カットすれば良いです。

NODEの空きUSBにはJSPC USB仮想アース接続しています。USBターミネーターに金属タワシ接続のほうが効果は更に上になるはずですが、USBポートとLANポートが隣接で厚みのあるUSBターミネーターが刺せないです。


◆NAS 音源
SoundgenicHDDサーバのハイレゾ音楽 音質比較しました。比較はNODEとSoundgenicSSDレンダラーです。

SoundgenicSSDレンダラーの方が音は好みでした。小さめの違いですが、自然にリアルで、ずっと聴いていられる落ち着いた感じです。キンキン感が少ないです。

なお、SoundgenicSSDレンダラーはエーワイ電子の外部アナログ電源にJSPC製ACノイズフィルター、ノイズカットトランス接続です。USBターミネーターに金属タワシ仮想アース接続一個のみでNODEより仮想アース接続は少ないです。

NODEは内蔵電源にJSPC製ACノイズフィルター、ノイズカットトランス接続です。電源の違いが音に出た様に思います。
NODEの電源改造すれば結果は変わると思いますが、この価格のマシンはあまり追加費用投資せず 2、3年おきに買い替え が私の好みですね。

NAS音源再生は今までと同じく、SoundgenicSSDレンダラーを使う事とします。

【追記】仮想アースのUSB接続、電源ケーブル変更、NCT接続見直しにて、結局NAS音源再生の音質もNODEが上になりました。

◆AmazonMusic再生

AmazonMusic再生につき、NODEとマランツNA6006 音質比較しました。アルバムアート一覧の表示がNA6006よりグッと速いです。 音楽の再生もすぐに実行されます。

音質はNODEのほうが好みで、高域低域の楽器がよりはっきりリアルに、ボーカルも自然です。そう大きな違いでは無いですが NODEの方が良いです。
電源部はマランツNA6006の方が良いのですが、CPU性能の差が音に出たと思います。

◆まとめ
先日レポートのAirPlay問題はゴンザエモンさんのアドバイスで解決、リモートサービスエラーもほぼ解決、先日の日記改版しました。
https://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20220109/69080/

NAS音源再生はSoundgenicSSDレンダラーがうちでは好みでしたが、Amazon Music再生ではNA6006比較でNODEの方が 操作性、アルバムアート一覧表示の速度、音質 全て上となります。

この価格ですのでAmazonMusic再生には、外部DAC接続にて私には充分のマシンと思います。将来的には Fidata APP対応、外部電源接続仕様のマシン追加があると嬉しいです。

SoundgenicSSDレンダラーは、SSD小型の低価格でDiretta対応が将来発売されれば嬉しいです。もちろんAmazonMusic対応もあると売れるでしょう。

AmazonMusic対応など、ネットワーク対応のデジタルトランスポートの進化は大きいです。DAC、アンプは予算もかかるので早々の買い替えは私の財布では無理ですが、低価格デジタルトランスポートの買い替えはお財布に優しく効率的と思います。


という事で、マランツNA6006はオーディオラックから卒業となりました。ちょうど2年間使いました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. お値段を考えたらかなりいい音だったようで少し安心しました。
    キンキンするのはもしかしたら足の部分にあるかもですね。多分簡単なゴムかプラスチックの足だと思いますが攻めどころかもしれませんね。

    4年程度は使えそうな感じで十分な性能ではないかと思います。
    変化が激しい状況ですので高いネットワーク端末は買わないほうが得策と思います。

    あと、YAMAHAが単体ネットワークプレイヤーから撤退するようです。
    ますます選択肢が減っていく状況でなんかこれからどうなるのかなあと思っています。

    byうつみくん at2022-01-10 18:35

  2. うつみさん コメントありがとうございます。

    振動対策はこれからゆっくり対処ですが、Sound genic HDD サーバー用の自作ボードがサイズ丁度で今度 試してみます。

    ただSoundgenicSSDレンダラーがポン置きで良かったので本気で音質改善はやはりゴンザエモンさんが実施の電源改造が必要と思います。

    ただお値段がお手頃である事もこの品の魅力ですし、私は同社他社の新製品の様子見です。

    NA6006よりは Amazon Musicの操作性、速さ、音質 全部NODEが上で、現時点では他に適当な品が無いのもポイントですね。

    byYongJoon at2022-01-10 20:12

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする