garasha
garasha
オーディオ歴は長いが浮気ばかりして来た。数々の名機も手に入れ、手放して来た。今は年老いて器機は落ち着いて(金が無くなり)、「音楽」を楽しむ事を心掛ける様になってきた。 趣味は「自分の中で楽しみ満足を…

マイルーム

ホッ!とできる唯一の間
ホッ!とできる唯一の間
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
自分の部屋が最高! 趣味の場として、オーディオ+音楽、カメラ等のある部屋。 自分以外は立ち入り禁止! ここにいる時がホッ!とする。 棺桶の中もコンナンカナ? 安らぎの場。 こんな部屋が持て…
所有製品

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

昨日の「所ジョージさん」のテレビ番組

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年09月30日

昨日(9月29日PM4時過ぎ頃)何となくテレビの スイッチを入れたら、所ジョージさんの番組(毎週テーマを取り上げて、徹底的に掘り下げていく内容?)で、アナログレコードとCDの音の違い(どちらが良い音か?)をいろんな機器を使用したり、実際に生録を行なって、その音をレコードにカッティングしたものと、CDに入れたものを比較視聴したりするする内容でした。
私は今日まで感覚的にCDよりレコードの方が音が良い(好き)と思って、レコードを中心に聴いてきました。レコードにしろCDにしろ、機器が高価になれば、それなりに音は良くなるのかも知れませんが、自分の好みの音が得られるかはやってみないと分からんという世界ですな。
番組では、多くの視聴者の目隠しテストでの評価も取っていましたが、レコードの音を良いとか、聴きやすいと答えた方の方が多くなっていました。
これは何故か?で、音をオシログラフ(間違ってたらスンません)で計測したりしていましたが、2万2千Hz以上の音までレコードには記録されており、CDは2万2千Hz以上の音は入っていない、とか言ってました。
人間の可聴帯域を超えた音まで録音しても意味ないと思いますが?
その辺が聴いた音に何か影響しているみたいですなー(この辺は昼酒で眠くてウトウトしてました、すんまへん)
素人がくだらん事をグダグダと書きましたが、私は今後もレコード中心にオーディオを楽しんでいこうと再確認したのであります。
もし、この所ジョージさんの番組をご覧になった方がおられましたら、ご解説なり情報なりください。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ストラ様
    レスありがとうございます。
    この番組の最初の方で、ドーナッツレコード盤をどの機械で鳴らすか?という質問で、再生機器(レーザーディスク、CDプレーヤー、レコードプレーヤー、他いくつかの再生機器)を並べて置いてあり、ソフトもいくつか置いてありました。
    ドーナッツ盤をどの機械にかけるか?で分からない人や、間違った機器を選んだ人など様々です。中には、レーザーディスクをレコードプレーヤーに乗せて、カートリッジを乗せた人も。これは針が滑って振れるだけでした。
    出てる人の年齢層が若く、レコードすら知らない人も何人かありました。
    そんな状態の人を対象に番組を進めているので、見方によっては「レコード復活のためのやらせ?」かとも思いました。
    ドーナッツ盤をかけるのに、アダプターの存在を知らずに、盤が楕円形に回転して針がかからなかったり、知らないと言う事は怖いなと思いました。
    この様な人達に目隠しテストで、CDよりレコードの音が好評だったという番組です。レコードを知らない、まして聴いたことすらない人達には、レコードの音が何かしら新鮮に受け止められたのかも知れませんね。決してCDを卑下したりする事はありませんでした。好み(感覚)の問題ですね。

    話は変わりますが、FMラジオの放送は、局はCDで音楽を流しているのでしょうか?レコードを再生して流している場合もあるのでしょうか?
    周波数特性は、広域、低域ともにさほど伸びてはいないと思いますが、音の低位とか奥行きとかは私のレコード再生より良い音で鳴っています。口惜しい!
    多分相当高価な機器を使っているのでしょうね。

    bygarasha at2013-09-30 15:31

  2.  初めまして こんばんワ!  garashaさん

    アコスの住人と言います。  よろしくお願いいたします。


     私としては・・・ ソースは何だって良いと思います。 LPにしろ、CDにしろ・・・ その数値だけを追っかけるのであれば、配信やメモリ? CDを遥かに上回り・・・ SACDをも凌ぐ音源は入手出来ます。  ただソレが良いと出てくる音も良いとは限らない訳で(笑) それは機材の選定から スピーカー等のセッティングに関わって来る事なのです。  最近の風潮としては・・・スペックが全てであるカの様に言われてしまい 本物を聞いている人はホントに居るのかな?って感じです。

     新たなソフトが誕生する時って それなりにハードが高価で 購入される方は其れなりのノウハウを持っているものですが・・・ 今どきのものは 音源こそは高価ですが ハードは非常に安い! 数値がクリアしていれば良質な音楽を聴けると思われている(ー_ー)!! 

     
     私はメインソースはCDとし、LPなどは所有していると言う程度です・・ お恥ずかしい。 時々は聞きますけどネ。

     あの放送は見てませんが LPだってちゃんとやれば良い音が出せるんですよ!と一人でも多くの人に伝われば良いのではないでしょうか? 

     オーディオの行き着くトコロは『音楽』ですから ソフトに拘らず音を楽しく・心地よく聴ければ良いと思いますよ。


    アコス…。

    byアコスの住人 at2013-10-01 21:15

  3.  番組は見ていないのですが・・・

    以前、サウンド&レコーディングマガジンで、最近アナログにこだわるアーティストがわりといるということで、LPとCDの同一録音での比較を行っていました。音源は20kHz以上をカットした録音であり、LPのほうにも超広域は入っていないのですが、再生音を比べてみると、CDはLPに比べて、18kHzから20kHzまでのレベルが低いという結果が出ていました。CDは22.05kHz以上が記録できないということばかりに目が行きがちですが、その22.05kHzにしてもサンプリングが山から4分の1波長ずれれば無音になってしまいます。20kHz以下であっても高い音ほど歪みによって再現性が下がっているのではないでしょうか。ボロいCDプレイヤーではなんとなく基音と倍音がハモッていないように聞こえる気がするのですが、そのせいか?とも思います。

     ラジオなどの放送はハードディスクではないのでしょうか?また、ラジオCMの納品には一時期MOが指定されていたという記事をネットで見かけます。

    byよんまる at2013-10-01 22:04

  4. ストラ様の再レス、アコスの住人様、よんまる様のレスありがとうございます。
    私はオーディオ歴は長いのですが、自分で良い耳を持っているとは思いません。たまにコンサートやライブ演奏にも行きますが、自宅で聞きたい音は「生の音」を理想に追っかけて来たつもりです。
    でも、無理ですね。音を電気で加工してまた音として再生するのは。自分の好みの再生音であれば納得して聴くしかないですね。
    音をグラフにして目で見るより、耳で聴いて確認すべきですね、オーディオは。
    この歳になってやっと分かりました。

    bygarasha at2013-10-02 12:04

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする