K&K
K&K
古いマイナーなお気に入りの機器を中心に身のタケにあった(?)オーディオ・ライフを楽しんでいます。 唯一の贅沢は石井式の音楽室でしょうか? ピアノと同居しているので(同居させてもらっているので?)リ…

マイルーム

May the vintage equipment last forever ! 
May the vintage equipment last forever ! 
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン~100型 / ~4ch
石井式リスニングルームというか音楽室ですが、リフォームなので天井高はごく普通の家と同じです。 使用機器や写真はこちらをご覧ください。 http://www7b.biglobe.ne.jp/~h…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

プチ(?)爆音トレーニング - めざせ「のり・り~ん邸」

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年05月06日

ウチは爆音ではないのですが、高校生の時にオーディオに興味を持った時からフル・オーケストラの再生には憧れがありました。
でも、それは長い間憧れでしかありませんでした。
自分のオーディオの歴史を振り返ると長くなってしまうのではしょりますが…

HS-500を手に入れてからはヴォーカルやピアノについてはある程度の進歩は得られたもののオーケストラを音量を上げて心地よく聴ける状態にはできませんでした。
仕事が忙しくてオーデイオに手を付けることができない時代を経た後も、オーケストラの再生は夢のまた夢。
隣近所への騒音の迷惑を恐れて音量が上げられないのではなく、音量を上げると自分自身がうるさくて聴いてられないのです。

その風向きが変わったのはリフォームで今の音楽室を得たときからで、この部屋だと不思議に音量を上げていってもうるさくない。
今までそのうるささはスピーカーの限界かと思っていたのですがそうじゃないことがわかりました。部屋の響きの問題だったのです。
20Hzまでの低音を求めてサブ・ウーファを導入したのも新しい部屋になってから。
それから少しづつ聴く音量が上がっていって、更なる余裕を求めてスピーカーも2段重ねになり、サブ・ウーファもスケールアップし、アンプも強化されて…というように発展してきました。
最近になってスピーカーの下にウェルフロートが入り仮想同軸が理想に近づいたり、タイムアライメントの調整が進んだこともあってさらに心地よい音量の限界が上がりだいぶオーケストラの音が楽しめるようになってきました。
録音側の問題もあるし、機材、部屋の空間など様々な要因もあって当然ながら生の音のようにはいかないですし、物量投入のお宅で聴かせていただくと上には上があるものだと感心させられますが、昔のようにオーケストラの音が聴きづらくてあまり聴かなくなってしまった時期から考えると隔世の感があります。

つまり、私のオーディオの歴史はある意味心地よい音量限界をアップする歩みだったかもしれません。
音楽を聴くのに必ずしも大きな音量が必要だとは思いませんが、音量を上げると部屋やスピーカーのセッティングなども含めたシステム全体のアラが目立つのでそれを解決することが、小音量で聴いた時の心地よさの向上にもつながるような気がします。

だいぶ前置きが長くなってしまいましたが、というわけでオフ会などで爆音を聴かせていただくことはすごく刺激になります。(耳にとっても刺激ですが…笑)
最近、印象的だった心地よい爆音の一つにのり・り~んさんちの音があります。訪問させていただいたのは昨年の12月。
そして聴かせていただいた中で最も印象的だったのが下の写真のKARA。
のり・り~んさんのところで聴かせていただいていなかったらまず出会うはずのないCD。(笑)



聴かせていただいたのは終曲のルパン。
とにかく大迫力。弾むような低音で沈み込みも十分に感じられる。体が音に包み込まれるような不思議な心地よさとちょっぴりの恐怖感(笑)。
近年の3Way系のJBLはDD66000も含めて何回か試聴していますが、こんなに低い低音を感じたことはなかったのでビックリしました。
最近のJBLは昔の大型モニターのような重い低音から解放されて弾むような低音を手に入れてバランス的にもオールマイティーに楽しめるスピーカーになったけど、30Hzはちょっと(かなり?)減衰してるかなぁというのが私の印象。
でもそんな私の先入観を覆すようなのり・り~んさんのK2-S9800SE。
30Hzあるいはそれ以下までフラットに伸びているように感じられました。
JBLってこんな低音出るんだっけと思い、HPでDD66000やK2-S9900の周波数特性を見たら50Hzで既に減衰が始まっている。
K2-S9900のf特はコチラ

最近のJBLはあのバランスの良さを手に入れる代わりに最低域については割り切っているのかもしれない…
それにもかかわらず、のり・り~んさんが出しているあの低音は不思議です。気密性の高い部屋やスピーカーのセッティングのなせるワザなのかも…。

でも、欲張りなのり・り~んさんはこの音にまだ満足していないご様子。この曲をご自分の理想通りに鳴らせるお宅がないかを探索中だけれどどうもまだ見つかっていないようです。
いったい何が不満なのでしょうか?
ウチもこの音源を入手してから早速かけてみましたが、あえなく轟沈。こんなのムリ。(笑)
でもその後、完全仮想同軸などへの改善もあったので思い直して再トライしてみたところだいぶ改善されたような…
ヴォリュームの位置はダイナミックレンジの広い大編成オーケストラの再生時に比べて18dBほど低く設定。
KARAはセリフも聞き取りにくいくらいコンプレッサーかけまくりのソフトなので今のところウチではこのくらいが限界かも。これでも連続的に80dB位は出てるような気がします。
弾むような低音と包まれるような音響には脈拍が上がりそうな感じもありますが、のり・り~ん邸のようなインパクトはなくまだ何か不足しているみたい。
ちょっとやさしいKARAになっています。

ウチのスピーカーにはJBLのようなプロ機のDNAがないし、TELOSのような化け物アンプもないのでさすがにこの曲はムリなのかもしれませんが、トレーニング用(ベンチマーク用?笑)ソフトとして時々かけてみようと思います。
スピーカがなじむか自分の耳がなじむか…。
でも、耳の(脳の?)安全のため1日に聴くのは1回のみの限定です。
のり・り~んさんにも一度聴いていただきたいのですが、ちょっと距離があるのでムリかなぁ。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. K&Kさん
    こんばんは!

    まっ、まさか...(汗
    という意表をつくKARAです。
    K&Kさんのキャラに似合わないのが良いです(笑)

    あの、のり・り〜んさん宅の低音はかなり凄い量感で鳴りますね。
    聴かれる曲も、のりのりのリズムセッションが多いので、それに向けたSPチューニングなのかもしれませんが、普通JBLはあのような沈み込んだ低域帯は弱い所なのです。

    のり・り〜んさん宅の低域を忘れられないK&Kさんはお若い!!!!
    感心します。
    バズケロもたまに暴力的低域チェックに聴く様にしていますが(汗
    あの「ルパン」がまともに鳴る様に成ったのもつい最近ですよ〜
    流石にのり・り〜んさん程若くないので、連続で聴くと体が破壊されそうです!

    若さ溢れる曲も楽しいね!

    では、では

    byバズケロ at2017-05-06 22:17

  2. バズケロさん、

    レスありがとうございます。

    >K&Kさんのキャラに似合わないのが良いです(笑)

    アハハ、似合わないですよね。自分でもあり得ないソフトだと思ってます。(笑)
    でも、こんな曲とお知り合いになれるのもオフ会のおかげですね。

    >流石にのり・り〜んさん程若くないので、連続で聴くと体が破壊されそうです!

    はい、1日に2回以上聴くのは危険のような気がします。
    ちゃんと使用上の注意として記述して欲しいですね。(笑)

    byK&K at2017-05-06 22:45

  3. K&K様 こんばんは。

    スイマセン、前置きへのレスです。オーケストラの雄大な再生、自分にとっては憧れです。
    マンション住まいにおける最大の制約は騒音問題でしょうか。出しうる音量に制約があることは、自分の場合には聴く楽曲のジャンルや好む音質にも影響を与えたように思います。
    よく聴くジャンルはヴォーカルや小編成ジャズで、音の広がりよりシャープなフォーカス、柔らかい音質よりやや硬質で浸透力のある音質を好む等は、夜間に小音量で癒し系の音楽を流す生活習慣によったものと思われます。今は昼間に鳴らせますのでもう少し音量を上げたくて、聴くジャンルを広げたくて、折角マンション1階に引っ越してきたのに、身に馴染んだ音量をなかなか上げられません。(^^;自分にも近隣にも心地よい音量限界を掴めていません。
    直近で、かなりの音量でオーケストラ物を聴く機会がありました。部屋がホールと化し、滲みや付帯音がなく隅々まで寸毫もあいまいさがなく明瞭、騒がしさが全くなく柔らかくキツサがない、というものでした。
    拙宅で小型SPでオケ物を鳴らしてみたところ、相手が悪かった、あまりのショボサに笑っちゃいます。

    byそねさん at2017-05-06 23:56

  4. K&Kさま
    おはようございます。KARA聴かれましたかっ!
    あの音源だけは不思議と拙宅のK2が別物のように鳴りはじめます。
    GWも本日最終日なのですが・・・・・実は先日の事故(?)例のESOTERIC DACがきっかけになりGW中は一切オーディオやっておりません。
    実はスフォルツァートのファイルプレーヤーも今はありません。
    LUXのCDプレーヤーはありますが、よくよく考えてみると再生するソフトも殆ど処分してしまいましたので使うことが出来ません。
    近いうちに復活させたいと思っていますが、いつになるやら?です。

    仮想同軸、良いですね。特に以前のパイオニア99Twin、JBL5500あたりは憧れでした。
    K&K様宅・オーディオルームの写真を見ては妄想しています。

    byのり・り~ん at2017-05-07 06:42

  5. そねさん、

    コメントありがとうごじます。

    遅レスで申し訳ありません。
    しばらくネット接続ができない環境にいました。

    音量の設定はなかなか悩ましい問題だと思っています。
    心地よい音量の個人差もありますし…

    >自分にも近隣にも心地よい音量限界を掴めていません。

    この音量限界が見極められるといいですね。

    byK&K at2017-05-10 18:55

  6. のり・り〜んさん、

    レスありがとうございます。
    遅レスで申し訳ありません。

    >あの音源だけは不思議と拙宅のK2が別物のように鳴りはじめます。

    いやぁ~、ホントに良く鳴ってました。
    のり・り〜んさんには拙宅の音も聴いていただきたのですが、遠くから来ていただいて「やっぱりこの程度」では申し訳ないので、ぜひ来てくださいとは言いにくです。(笑)

    今、ファイル再生できないのではちょっとさみしいですね。
    うまく落ち着くところが見つかることを祈ります。

    byK&K at2017-05-10 19:07