K&K
K&K
古いマイナーなお気に入りの機器を中心に身のタケにあった(?)オーディオ・ライフを楽しんでいます。 唯一の贅沢は石井式の音楽室でしょうか? ピアノと同居しているので(同居させてもらっているので?)リ…

マイルーム

May the vintage equipment last forever ! 
May the vintage equipment last forever ! 
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン~100型 / ~4ch
石井式リスニングルームというか音楽室ですが、リフォームなので天井高はごく普通の家と同じです。 使用機器や写真はこちらをご覧ください。 http://www7b.biglobe.ne.jp/~h…
所有製品
  • カートリッジ
    DENON DL-103
  • スピーカーシステム
    BOSE 101MM
  • プリアンプ
    YAMAHA CX-A5200
  • Blu-ray Discレコーダー
    PANASONIC DMR-BRZ1000
  • D-ILAプロジェクター

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

CENYA邸訪問記 - Where do you start? そしてトゥイータころがし

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年04月18日

CENYAさんのお宅を訪問させていただきましたので記録に残しておこうと思います。

前回拙宅にお出でいただいているのでその気さくな人柄はわかっているのですが、お宅にうかがうのは初めて。独創的なアイデアと器用さで独自の世界を展開されているのでどんな音を聴かせていただけるのか興味津々での訪問です。

スピーカーはちょっと珍しいフィンランド製PENAUDIO CENYA。
そのネットワークを外して、AVアンプ2台で各SPユニットをBTLでマルチ・アンプ駆動。チャンデバはは6dB/octのパッシブ型を自作。
極めてユニークな構成になったことは日記などで知っていたのですが…

東武スカイツリーライン沿線の最寄駅で待ち合わせた後、近くでご当地ラーメンをご馳走になってしまったのですが、そこでの会話でCENYAシステムがさらに進化してトゥイータが変更になったことを知りました。進化の速さが尋常じゃない…。(^^;)

お部屋に通していただいて、CENYAシステムと初めて対面した印象は…
整然と美しくシンメトリー配置されたシステム。
スピーカーが思っていたよりも小さい。
そしてそのバーチ合板のキャビネットの美しいこと。バッフル面に縦じまの積層面が見える。




サブ・ウーファのフローティング構造(以下の写真)や


重量物が載ったラックのフローティング構造(以下の写真)は

アイデアも感心しますがそれを実現してしまう行動力と器用さには驚かされるばかり。

最初に聴かせていただいたソフィー・ミルマン他の女性ヴォーカルには衝撃を受けました。
音場感、奥行き感に加えて繊細で解像度があるのに耳あたりが良いという不思議な(?)音だったからです。
最初の曲が確か "Where do you start?" でしたが、CENYAさんがここ、つまり新しいトゥイータを使ったそのセッティングから始めたのには理由があったのだと思います。(笑)



そのトゥイータはコレ。



ソナスの高級機に採用されているリング・ソフトドームを彷彿させる形状ですが、ソナスに採用されているスキャンスピークの関連会社VIFA(peerless)社の製品で、XT19TD00-04というタイプだとのこと。
それがはじめからこれが使われていたかのようにキャビネットに取り付けられています。オリジナルのソフトドームやその後交換されて使われていたアルミドームのものと取付け寸法が全く同じだからできたことなのです。
トゥイータの存在を感じないのに高域まですっと伸びた解像度の高い音がホントに不思議。
マグネシウム振動板を持つウーファがシットリ系で雑味が少ないので相性もすごくいいと感じました。
高域も40KHz位まで伸びているのでいままでのアルミドームのトゥイータの時に併用していたスーパー・トゥイータは今は鳴らしていないとのこと。

全体のバランスも全く違和感のない心地よいものでした。

この状態でしばらくいろいろな音源を聴かせていただいた後、前のトゥイータと比較してみましょうということで、CENYAさんがスクリュー・ドライバーを取り出して交換にかかります。
球コロガシならぬトゥイータコロガシ。
こんなオフ会初めて。(笑)

で、その結果は…アルミ・ドームもスーパー・トゥイータ付きの状態ではそれだけ聴いていれば特に不満は感じないと思いますが、リング・ソフトドームと比べると…やはりいかにもトゥイータが鳴っているという感じなのです。

この後は再びリング・ソフトドームに戻していろいろ聴かせていただきました。
CENYAさんが聴かれるのは主に女性ヴォーカルとのことですが、私が持ってきたピアノやヴァイオリンの音源も少し聴かせていただきました。



ピアノやヴァイオリンを聴かせていただくとヴァイオリンが私にとってはやや美音過ぎるような気がしたのでCENYAさんにお願いして少しトゥイータのレベルを上げてみていただきました。
今日の最初の設定よりも3dBあげたところ(これはスピーカーの前方60㎝での測定上フラットに近くなるレベルとのことですが)が私の好みでした。
でも、女性ヴォーカルをメイン音源とするCENYAさんが最初の状態を好まれるのはわかるような気がします。さらに心地よい音になりますから。


CENYAさん、とても楽しいオフ会でした。
これから試すべくアイデアをまだいろいろお持ちのようですので、今後の発展を楽しみにしています。
ありがとうございました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. K&Kさん、こんばんは!
    こちらこそとても楽しくてありがとうございました。

    チャンデバ自作の時に技術サポートをして頂いたので、その結果を確認していただく事が主旨だったのですが、チャンデバ完成以後にも怒涛の変化がありましたので、伝えたい事が何だか訳がわからない事になってしまいました。(笑)

    それにしても今回見つけたツィーターはCENYAに付けるべく開発されたと思える程に上手くハマりました。
    物理的なサイズもそうですが、音がマッチしました。
    K&Kさんに良く出来たフルレンジのようだと評されたのは、とても嬉しかったです。
    キャビネットがフィンランド製
    ウーファーがノルウェー製
    ツィーターがデンマーク製
    という事で、北欧3国の力を結集したCENYAスペシャルNEUの完成です。

    ドーム径が19mmと小さい事で、振動板が軽くなりより繊細で解像度の高い音質になっているのだと思います。私のCENYAには25mmや30mmドームよりバランスが良いかもしれません。
    キャビネットの外径を拡大するDIYを実行する前に出会えて良かったです。

    頂いた課題については時間を掛けて取り組みたいと思います。
    楽しみが増えました。

    byCENYA at2018-04-19 00:11

  2. CENYAさん、

    ありがとうございました。

    >それにしても今回見つけたツィーターはCENYAに付けるべく開発されたと思える程に上手くハマりました。

    まったくその通りですね。
    すごく気持ちの良いトゥイータでした。
    CENYAスペシャルNEU、Penaudioにアドバイスしてあげたらいかがでしょうか? (笑)

    byK&K at2018-04-19 13:01

  3. genmiさん、

    こんにちは。

    >次はウーファー? それともキャビネット?

    アハハ、そこまで行ったらスピーカーころがしになっちゃいますね。
    (笑)

    CENYAさんはgenmiさんからかなり刺激を受けたようです。
    どこまで行ってしまうのか…今後もまだまだありそうなので楽しみにしています。

    byK&K at2018-04-19 13:10

  4. K&Kさん
    こんばんは

    なんだか、最近CENYAさんの活動とK&Kさんの活動がリンクしてきたような気がしますね。
    マルチのお二人が手を組まれて何やら楽しそうだなあ〜

    CENYAさんはアイデアマンだし、器用だし、研究熱心だし、実行力が有ってどこまで行っちゃうのでしょうか?!
    出音の鮮度が高くて、広がりの良い音場が聴こえて来そうなイメージですね。

    バズケロも遊びに行きたいのですよね〜
    この先もCENYAさんの進化に興味津々です。

    では、では

    byバズケロ at2018-04-19 23:11

  5. 横レス失礼します。

    genmiさん、バズケロさん

    リングラジエーターツィーターへの交換によって望外の美音を手に入れてしまいました。
    写実的な出音を目指している筈がちょっとベクトルがズレてしまっているようです。
    K&Kさんからもピアノとバイオリンが現実の音より美音に聴こえると言うコメントを頂戴したので考えものです。
    ただですね、女性ボーカルを聴くとウットリと酔ってしまうのですよね〜。
    コレはコレでまあ良いか。

    更に超低域の表現力についても目からウロコのアドバイス頂戴しました。
    genmiさん邸で聴いたグランカッサで風が起きたあのクラシックです。
    シーンとした中で静かにグランカッサが響く場面の表現に改善の余地有りという事です。
    genmiさん邸では確かにちゃんと聴こえてたんよ。
    超低域の鮮度アップやら何やらで、試してみたい事が思い浮かんでしまったので多分近い内に挑戦します。

    いやはや楽しみが尽きんです。

    byCENYA at2018-04-20 00:10

  6. バズケロさん、

    レスありがとうございます。

    私はCENYAさんの進化のスピードには全くついていけません。(笑)

    CENYAさんのところはまさに怒涛の変化だったと思います。
    AVアンプを使用してのBTL化から今に至るまでまさに超速。
    その前のCENYA(SPの方です…Handle Nameが同じなんでちょっと紛らわしい。(笑))のネットワーク改造の時もすごかったけれど…

    >出音の鮮度が高くて、広がりの良い音場が聴こえて来そうなイメージですね。

    最初にソフィー・ミルマンを聴かせてもらった時はその音場表現と解像度、耳あたりの良さに目が白黒状態でした。

    箱根越え時の訪問候補地に付け加えることをお勧めします。

    byK&K at2018-04-20 00:21

  7. CENYAさん、

    ヨコヨコレスです。(笑)

    美音についてですが、私が録音した音源に関して言うとヴァイオリンが実物よりも高級品に感じられたのです。(^^;)
    これは某所でThe Sonus Faberを聴かせてもらった時にも感じた傾向です。

    >ただですね、女性ボーカルを聴くとウットリと酔ってしまうのですよね〜。コレはコレでまあ良いか。

    はい、そのとおり、コレでいいと思います。(笑)


    それと超低音についてはそうかもしれないと思ったものの音量の関係もあって私には確信は持てませんでした。(^^;)
    再度ご自分自身でよ~く確認することをお勧めします。

    こんなレベルに到達したんだから今の音をしばらく楽しまれたらいいんじゃないかと思うんだけど…
    CENYAさんの時計と私のじゃ進み方が全く違うような…(笑)

    byK&K at2018-04-20 01:09

  8. K&Kさん、こんにちは

    CENYA邸は凄いことになっていますね!
    報告が何も無いので落ち着いた?かと思いきや
    まさかのVifaですか。
    進化は留まることがありませんね。

    顔もリングツィーターになっちゃって、
    もはやCENYAとは別のスピーカーです。

    CENYAさんはもちろん、K&Kさんの活動にも期待しています!

    byテナガザル at2018-04-20 11:26

  9. テナガザルさん、

    レスありがとうございます。

    おっしゃるとおりCENYAさんの進化、留まることを知らないのとそのスピードが尋常じゃないと感じてます。

    >顔もリングツィーターになっちゃって、もはやCENYAとは別のスピーカーです。

    そうですね。何か名前を付けてあげたいところです。

    byK&K at2018-04-20 12:33

  10. 《ペナソナ》
    ……………、違いますね。

    《ペナスファベール》
    ……………、怒られますね。


    単身赴任がいつ明けるか分からないので急いでいるのは間違いないですし、思いついたら放っておけないしで、泥マズイですね。

    byCENYA at2018-04-21 10:17

  11. CENYAさん、

    CENYA Ghost    トゥイータの存在感がないお化けのような…
    CENYA Fantastic
    CENYA Fairy   妖精のように軽やかな
    CENYA Mysterious 不思議な

    イタリア風に
    CENYA Fantasma
    CENYA Fantastica
    CENYA Fata
    CENYA Misteriosa
     

    byK&K at2018-04-21 13:43

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする