へっぽこハム太郎
へっぽこハム太郎
日記みたいに自己満足の行為を覚書してます。 あまり参考にはならないかもしれませんが、ご賞味?下さいませ。

マイルーム

へっぽこオーディオたち
へっぽこオーディオたち
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~8畳 / 防音あり / スクリーン~100型 / ~5ch
バロック世代のクラシックを主に聞いてますが、良いと思ったらジャンルは何でもありです。 主な使用機器 SACD-P:ESOTERIC X-01D2(Ver'VUK2)    :SONY S…
所有製品
  • SACDプレーヤー/トランスポート
    ESOTERIC P-03
  • Blu-ray Discレコーダー
    PANASONIC DMR-BRZ2000
  • ネットオーディオプレーヤー
    PIONEER N-70A
  • DAコンバーター
    ESOTERIC D-03
  • オーディオボード
    fo.Q AB-4045

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

foobar2000 SoX Resampler導入方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年06月06日

今回は、音楽再生ソフトの再生手段である、foobar2000のプラグイン導入方法を書いておく。

例えば、受け手のDAC等でサンプリング周波数に制限がある場合に有効であるリサンプラーの導入の方法。

1: http://www.hydrogenaud.io/forums/index.php?showtopic=67373

↑このサイトから、”foo_dsp_resampler_0.8.3.zip”というデータをダウンロードする

2: ”Lhaplus”(フリー)等の解凍ソフトで任意の場所に解凍、展開する

http://www.forest.impress.co.jp/library/software/lhaplus/

3: ”C:\Program Files\foobar2000\components”と、”C:\Documents and Settings\ユーザー名\デスクトップ\foo_dsp_resampler_0.8.3”(←解凍した場所のパス名)の両フォルダを開き、”foo_dsp_resampler.dll”を”C:\Program Files\foobar2000\components”へ、ドラッグ&ドロップ


4: foobar2000が立ち上がっていた場合は、一度終了させ再起動させて再び立ち上げ、タブバーの中の”file”をクリック

5: その中から、”preferences”をクリックして、”components”を立ち上げる

6: その中の、”playback”のツリー展開し、”DSP Manager”をクリック

7: Available DSPs”の中に、”Resampler(SoX)”がある事を確認


8: 有効化されている現存のリサンプラーがあれば、クリックした後に”→”を押下すると無効化される


9: Available DSPs”の中の、”Resampler(SoX)”をクリックすると、中央に”←”が出現するので、それをクリックし、”Active DSPs”へ移行させる


10: ”Resampler(SoX)”をクリックし、”configure selected”をクリックすると、”target sampling late”がプルダウンメニューで変更できる

11: 再生品質は”Best”、”allow aliasing”は無効設定、”Pass band”は使用するCPUパワーと相談する(96%~97%を限度に)


foobar2000の新しいバージョンでは、インストール機能が追加され、この作業を行わなくともコンポーネント追加が出来ることもある。

次回の日記→

←前回の日記