ED
ED
ATCスピーカーを真空管アンプでドライブして、クラシック音楽を聴いて楽しんでいます。

マイルーム

ATCでクラシック音楽を楽しむ
ATCでクラシック音楽を楽しむ
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
ATCスピーカーを自作真空管アンプでドライブして、クラシック音楽を 楽しんでいます。 オーディオマニアというより、真空管アンプ自作マニアといったほうが いいのかもしれません。 メイ…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

バランス伝送入力MCトランスの自作

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年01月03日

Philewebの皆さま、明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願いします。

年末からバランス伝送入力MCトランスを作っていましたが、ようやく音が安定したので報告させていただきます。



MCトランスの入力側をバランス伝送すると、コモンモードノイズの影響を受けにくくなります。

また音質的には、このトランス自体の解像度が高く、バランス伝送にすることで余韻や残響の再現が良くなるように思います。

安価で高音質のMCトランスが欲しい方は、回路も簡単で2諭吉程度で作れるので、是非試して見てください。



対応するMCカートリッジは、ステップアップが10倍程度なのでDL103系やAT33系になります。

EQアンプの負荷抵抗は、50kΩ前後にしてください。

トランスは、マイク用小型トランスのタムラTHs-30を2個使います。

バランス伝送用フォノケーブルは、DINコネクタはオヤイデ製、XLRコネクタはノイトリック、ケーブルはモガミ2930(2芯シールド×2タイプ)で作りました。

制作のコツとしては、モガミ2930は80cm以内にすること、2次側はトランス筐体にアースしないこと(EQアンプ側でアースする)くらいです。

追記(2015.1.4)

本機の接続方法が分かりにくかったので、接続図を追加しました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. EDさん、明けましておめでとうございます。

    ちょうど、バランス伝送用フォノケーブルを作成しようと思っていました。
    参考にさせていただきます。

    モガミ2930の長さを80cm以内にする理由を教えていただけないでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

    byきみぞう at2016-01-04 15:58

  2. 光陰さん、レスありがとうございます。

    本機の接続方法が分かりにくかったので、図を追加しました。
    これで、イメージできますでしょうか。

    カートリッジからアーム内部配線は、バランス伝送になっているものが殆どだと思います。(ここでいうバランス伝送とは、シールド線を使わず、ペアになる片側の配線がアースに接続されていない配線を意味します。)

    またカートリッジを指定したのは、0.2~0.5mV前後の出力のものがトランスの仕様に合っているからです。

    普通のEQ入力は3mV程度で、トランスのステップアップ比が10倍なので、0.3mV前後の出力があるカートリッジが適当になります。

    byED at2016-01-04 22:47

  3. きみぞうさん、レスありがとうございます。

    モガミ2930は、最初は1.5mで作りました。

    しかし、明らかに高域の伸びが不足してキレの悪い音になったので、1m、0.6mとこのケーブルを切って音質を調整しました。

    私のシステムでは、1mでも僅かに大人しく聴こえたので、0.8m以下を推奨させていただきました。

    この長さは、当然ですが、受けるMCトランス等によって適正値が異なると思います。

    また、別のケーブルですが、ベルデンの88760を2対にしてみました。

    このケーブルは静電容量が160pF/mもあるのに、1.5mでも聴感上で高域が不足する問題はありませんでした。

    ただ、音がやや硬質になるので、好みが分かれるところだと思います。逆にモガミ2930は、ケーブル自体が柔らかく、音質も柔らかいです。

    オヤイデのフォノケーブル用DINコネクタ(DJ-155SBCG)は、ケーブルの直径が8mmなので、これに収まる2芯シールド×2対のケーブルを捜すのが大変ですね。

    byED at2016-01-04 23:13

  4. mV以下の話を聞くのは、久しぶりです。
    ほぼ真空管アンプの電源を調整しているような話ですね
    カートリッジの場合は、ここから最小1/10万程度の信号なのでnVオーダーになるのかな?
    このレベルをリニアに増幅出来る素子って有るの?・・・ここら辺が複雑なヘッドアンプが単純なトランスに敵わない理由?

    真空管アンプの電源もmV以下になるとアースの引き方1本で数値がころころ変わるので急激に難しくなります。
    この中で学んだ事は、基本に忠実にと、憶測でなく検証を繰り返す事です。
    あとは、アイデアしだいですね。

    byhelicats at2016-01-05 15:42

  5. helicatsさん、レスありがとうございます。

    最近のDACの出力は300mV程度あるようなので、MCカートリッジの出力は1/1000の世界ですね。

    helicatsさんが取り組まれているオール定電圧電源も、mVレベルのノイズを調整されているそうですが、参考になります。

    アンプを作るとき、一番気を使うのがアース配線だと思います。
    これを、電源のノイズレベルを見ながら調整すれば、良い物が出来そうです。

    byED at2016-01-05 22:59

  6. 電源のノイズレベルを測定する時は、mV計のDC耐圧に注意して下さいね
    400V(AC・DCの表示がない)の表示が多いと思います。
    AC400Vと有ればDCでは1.4倍までOK

    そもそもmV計でDC300Vラインの測定は、想定していないみたいです。

    byhelicats at2016-01-06 09:57

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする