ED
ED
ATCスピーカーを真空管アンプでドライブして、クラシック音楽を聴いて楽しんでいます。

マイルーム

ATCでクラシック音楽を楽しむ
ATCでクラシック音楽を楽しむ
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
ATCスピーカーを自作真空管アンプでドライブして、クラシック音楽を 楽しんでいます。 オーディオマニアというより、真空管アンプ自作マニアといったほうが いいのかもしれません。 メイ…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

とんでもないアナログプレーヤーTD124の導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月11日

とうとう、ヴィンテージのアナログプレーヤーに手を出してしまいました。

トーレンスTD-124ⅡとSME3009SⅡを導入して自力でレストアしたので、その
顛末を報告させていただきます。



デジタル(CD系)は昨年秋にSA-10を導入して落ち着いたところですが、今度は
前から気になっていた「アナログの音が少々大人しすぎる」のが顕在化して
きました。

これまで使っていたプレーヤーはマイクロBL99VとラックスPD131+MA505です
が、もっと駆動力?のあるターンテーブルが欲しくなりました。

そこで、若手Nさんの真似をしてSP-10Rと行きたいところですが、先立つもの
がないのでアイドラードライブのガラードかトーレンスに目を付けました。

これらの機器を数か月ほど物色していたところ、無改造で程度の良さそうな
TD124が見つかったので飛びついてしまいました。

わくわくしながら設置して音出ししたら、シュルシュル、コトンコトン、
ゴーゴーという見事なノイズのハーモニーを奏でてくれました。

流石は往年の名機・・・
というか、明らかに大失敗でへこんでしまいました。(涙)

色々ググって調べてみたところ、千葉の有名なショップに依頼してレストア
するのが良さそうなことが分りましたが、高額になりそうなので諦めて自力
でやってみることにしました。

ビンテージ物のアナログプレーヤーを使われている方の参考になるかもしれ
ないので、数か月かけてレストアした内容を詳しく書いておきます。

これは私のプレーヤー個体の例なので、必ずしも他の機器で同様の結果が
得られるとは限りません。

また、これを見て自分でレストアされる方がおられましたら、自己責任で
実施してくださいね。

1.「シュルシュル」ノイズ対策
 ・テフロンワッシャーの挿入
  ステッププーリー、アイドラーのシャフトにあるはずのテフロン
  ワッシャーが欠落していたので、0.5mmと1mmのものを購入して高さ
  調整しながら挿入しました。

 ・ゴムベルトの交換
  オリジナルと思われるベルトを裏返して使ったらこのノイズが激減
  したので、ベルト面の荒れがシュルシュルノイズの主原因と思われ
  ます。
  ベルト自体が劣化していたので、安価なcatfight製340mm×4mmに
  交換しました。

  オリジナルは6mm幅のようなので、少々強度不足で音質がやや柔ら
  かくなりますが、タイトな音を求めなければ使えると思います。
  もっと高価な専用ベルト?も試してみましたが、テンションが強
  すぎて音質もガチガチに締まりすぎて好みに合わなかったです。
  
2.「コトンコトン」ノイズ対策
 ・アイドラーの研磨
  5倍ルーペでアイドラーの接触面を注意深く観察すると、フラット
  スポットができている箇所が見つかりました。
  紙やすり240番、600番、1000番をアルミLアングルに両面テープで
  張り付けて、アイドラーを実装状態で回して接触面を少しずつ
  削って修正しました。

3.「ゴーゴー」ノイズ対策
 ・軸受けへの注油
  オイルの粘度ISOVG32のものにISOVG68を30%程度混ぜたものを使い
  ました。
  オイルの粘度によってノイズの出方が変わるので、ノイズを聞き
  ながら粘度の調整が必要なようです。

 ・プーリーの掃除
  無水アルコールを綿棒につけて、モータープーリー、ステップ
  プーリーのゴム屑等を取除きます。

 ・ゴムベルトとアイドラーの掃除
  無水アルコールはゴムを少し浸食するようなので、使用は禁物
  です。
  ここは必ずベンジンを使って、ゴム屑等を取除くのが良いです。     

4.その他の対策
 ・アームボードの変更
  アクリル製と思われるボードが付いていて、固有の響きが乗る
  のが気になったので、朴(ほお)材を使って自作しました。

  朴材は、まな板にも使われていてきめ細かく軽い材質ですが、
  音質的には変な響きが無くて解像度も上がりなかなか良いと
  思います。

  TD124のアームボードは、硬くて重いものはだめだそうで、
  桐の合わせ板等が推奨されているようです。
  
最後になってしまいましたが、音質のほうは評判通りで厚みがあって
キレが良く、音楽をダイナミックに聴かせてくれるようになったので
一安心しています。

特に、今まで上手く鳴らせなかったグラモフォン系やエラートのLPが、
楽しく聴けるようになったのがありがたいです。

いつまでこの状態を維持できるかわかりませんが、こちらに来られる
機会がありましたら聴いてみてください。

以上、長々と失礼しました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. EDさんこんばんは。

    >>若手Nさんの真似をしてSP-10Rと行きたいところですが、先立つもの
    がないのでアイドラードライブのガラードかトーレンスに目を付けました。

    それって私の事ですね(笑)力強い音と言う事でアイドラーを選ばれたのも共感しております。

    とにかくキレが良くも音が厚くてダイナミックなのは私もデジタル、アナログ問わず私もプレーヤーに求めているものです。
    遠方ですがいつの日かお互いの音が聴ける日が来ると良いですね。

    byニッキー at2019-08-11 21:43

  2. ニッキーさん、こんばんは。

    はい、そのとおりです。

    SP-10Rだけでほぼ特定できてしまうので、Nさんじゃないほうが
    良かったかもしれません。(_O_)

    SP-10Rは、昨年秋に地元のカッ〇で、最前列センターでかぶり
    付きで聴かせていただきましたが、静かで非常に力強かったの
    を覚えています。

    今度、上京する機会がありましたら、是非聴かせてください。
    立川に仲間がいるので、近くまでは数年に一回行っています。

    byED at2019-08-11 22:11

  3. 平蔵さん、こんばんは。

    ガラード301やイメディア等もできれば入手して聴いて
    みたいところですが、TD124がボロボロのくせに結構高額
    だったので先立つものがないです。

    やはりアナログは、diskの作成年代に合ったプレーヤーで
    再生するのが王道のようですね。

    実はちょっと古い機種ですが、ベルトドライブの代表として
    LINN LP12も岡山のSさんから譲ってもらいレストア中です。

    byED at2019-08-11 22:28

  4. EDさん、お仲間が増えて嬉しいです。
    それにしても、ご自分でのレストア大変だったと思います。
    ご苦労様です。
    文面から察すると、かなり劣悪な状態だったようですね。
    アームボードまで自作するとは、恐れ入りました。
    グレイでやってもらえば簡単で完璧に仕上げてくれますが。
    あえて自分で、んんんー渋い。
    古いプレイヤーだからこそ、いろいろ遊べますので、楽しんでください。

    BBより(=^・^

    byブルースブラザース at2019-08-11 22:37

  5. EDさん ご自分でレストアされるなんて 凄いですね。

    アナログプレーヤーは どこかの部品をチューニングネもしくは 変える、なんてことをすると ころころと 音が変わっていきます。

    それが 楽しいし,工夫のやりがいがありますね。

    CDと アナログの 音のバランスは いたちごっこですね。

    でも アナロググの表現力は可能性 大ですね。

    LP12も 凄そうですから 楽しみですね。




     

    byX1おやじ at2019-08-12 10:50

  6. EDさん こんにちは

    TD-124はキタサンのところで聴かせていただいて、やっぱりいい音だなぁって感銘を受けました。確かキタサンもトルクの強さにひかれて導入されたということをおっしゃっていた気がします。

    千葉のレストアショップって銚子のGREYのことでしょうか。やっぱりお高くつくんでしょうね。それにしてもご自分でレストアとは、すごいですね。詳細なレポートを拝読するとなあるほどと思いますし、レストアなんて手を出す気もないのに、すごく参考になる気がします。


    次はLP-12ですか?あれはフローティングなのでバランスのオバケみたいなプレーヤーです。名器と言われながらも、東北の某喫茶店の生半可な受け売りばかりで、うまく鳴らされている方はほんとうに僅少なプレーヤーですね。これまた楽しみです。

    トーレンス、早く聴いてみたいなぁ(笑)。

    byベルウッド at2019-08-12 13:59

  7. EDさん、こんにちは。

    ご自身で直したプレーヤー、音が出た嬉しさは格別ですね!
    スイートサウンドさんもアナログいいなぁなんて漏らされているようで……。もしかして次伺う時にはアナログ三昧?

    次回予定はもしかして雨だったら参加させていただくかも(笑)です。

    by2Hくん at2019-08-12 14:24

  8. EDさん こんにちは

    先日は、お邪魔しました。
    TD-124+SPU、良かったですね。それにしても、随分とレストアが大変だったようなので、熱意の賜物ということでしょうか。

    グリュミオトリオのディベルティメントK563は、我が家にもあるので、聴いてみましたが、我が家のプレーヤ(DENON)では、バイオリンの滑らかさが、あまり出ないです。CDに比べれば、結構いいんですが。

    次回音会で、聴いてみてください。

    byスイートサウンド at2019-08-12 15:54

  9. ブルースブラザースさん、こんばんは。

    マイルームを拝見しましたが、アナログ系機器は凄いことになっていますね。とてもついて行けません。(_o_)

    TD124の使いこなしについては、大先輩として色々アドバイスをいただきたいと思いますのでよろしくお願いします。

    byED at2019-08-12 20:40

  10. X1おやじさん、こんばんは。

    アナログの世界はおっしゃる通りで、やればやるほど深みに転がり込んでしまいますね。

    トーレンスのプレステージをお持ちとは、「へへーぃ」頭が上がりません。

    TD124もお持ちのようなので、また色々アドバイスをお願いします。

    byED at2019-08-12 20:46

  11. ベルウッドさん、こんばんは。
    秋の音会は、よろしくお願いします。

    TD124のレストアですが、グーグル先生を頼りに見よう見真似でやってみました。

    それなりの音になっているはずですが、聴いてみてください。

    LP12のほうはアップグレード部品が沢山出ていますが、高額なので手が出せず、レストアの方針が定まりません。

    取り合えず70点位になるよう何とかバランスだけでも調整して、TD124と音質傾向の比較ができるようにしたいと思っています。

    が、間に合いそうにありません。(汗)

    byED at2019-08-12 20:59

  12. 2Hくんさん、こんばんは。

    今回の音会はアナログで盛り上がりそうで、スイートサウンドさん宅の金田式フォノイコも凄いと思います。

    雨でも降ったら、是非参加をお願いします。

    MICRO BL99V が余りそうなのですが、お一ついかがですか。
    アナログの世界も、奥が深くて楽しいですよ。(悪魔の囁き)

    byED at2019-08-12 21:10

  13. スイートサウンドさん、こんばんは。

    先日のミニオフ会は、急な開催でしたがありがとうござました。

    ヴァイオリンの滑らかさは、SPU#1EとSME3009SⅡの組合せがハマって出ているようです。

    SPUは装着できるアームが限られるので、似たような傾向のM15E-Super(MM型)を今度のオフ会に持参して検証したいと思いますのでよろしくお願いします。

    しかし、LP12のレストアは手強いです。
    あと一か月でなんとかしないと・・・。

    byED at2019-08-12 21:26

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする