グルマン
グルマン
高校生の頃、引っ越しを契機に買ってもらった最初の真っ当なシステムがマランツとモニターオーディオ・・・ そこから始まったのです、波乱万丈のオーディオの旅が・・・ 私の耳はちょっとおかしいのです。…

マイルーム

ルームチューニング地獄変
ルームチューニング地獄変
持ち家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~2ch
〜「嗚呼、うるさい」〜 ルームチューニングにとんでもなく傾倒しました チューニング材はおびただしく購入してしまいました。 もう書くのも億劫なほどの種類と数・・・ それはすべて「うるさい音を…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

chikuma possible4G借りました

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年10月02日



借りて見ました。
小林二郎様に煽られて。
しかしこの値段はヤバすぎでしょう。
モニター価格でもこの価格。

この価格は、ちょっと常軌を逸してます。
実はレヴューするかけっこう悩みました。
「こんな高い電源ボックスなんて、おかしいよ。お前を見損なった」と言われてもおかしくはない。「あんたとは価値観が合いませんな。」と言われてもおかしくない。

新しく導入した?ダイヤモンド切削機?とやらが高かったのでしょうか?
よくわかりません。

しかしこの会社のサウンドだけは信用してます。
そして、音を聴く事は大きな経験値になるでしょう。

下のタップは長い間改良を重ねて使って来た自作です。
同社製の箱、7075ですので同じ材質です。
これに現在はシュンヤッタリサーチのhydra4を分解して取ったコンセントとフルテックの純銅無めっきを使用してます。内部配線はAET SCR EVDという最新作。そして配線は直列ではなくインレットから並列で繋いでます。さらにIラグは無酸素銅に金メッキ。

改良を重ねつつその時代ごとにあらゆる電源ボックスを破って来た猛者です。
とにかく、歪まない。どのくらい歪まないかというと、アキュフェーズの電源装置PS−1210から直接電源を取るより、これを繋いでこれから機器に電源を送った方が明らかに歪が減少するくらい。なぜそんな減少が起こるかって?そんなこと知らんがなwww

さて、そんな歴戦の勇者と幾ら6、7世代進化したところでぽっと出の電源ボックスがどのような戦いを繰り広げるのでしょうか?

バーンイン後の感想です。

もう駄目だこれ、元に戻せないです。
途中経過では「情報量、立ち上がりのスピード、ダイナミックレンジが明確に向上。特にアタックが強靭になりコントラストの強化が著しい。以前の音は茫洋としていた、という印象。そして普通、これらの変化は歪の増加を想起させるが、むしろ歪はさらに減少している。音調は自作ボックスと驚くほど似ている。つまり性能のみが純粋に上がっている。厭な言い方をすると、歪まないロジウムメッキみたいな、といえばわかりやすいか」というものでした。

追記)ロジウムとはやっぱり大分方向が違いますね。まず寒色感を微塵も感じさせない。むしろ微かに暖色ですら有るかもしれない。

これがバーンインが進んでくると「低域が一気に重さを増しつつしかも大変明瞭ないい低音に。重心が低い。」普通chikumaのイメージである「癖が無くすっきり、ハイスピード。でもちょっと腰高?」というものがすっ飛びました。こりゃ参った。

いわゆる「エッジを効かせて性能を向上させたと思わせる」ようなものではなく、本当に性能を底上げした感じです。電源ボックス・・・なんと恐ろしい製品ジャンルなのでしょう。なんでこうなるの?

しかも世間に名を轟かせる電源装置を使用して、この効果。

でもこの価格は・・・モニター価格だから悩んでしまうが・・・

定価は絶対あり得ない。


誰か、私の背中を押すか、止めて正気に戻すか・・・
どうしましょう?

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. グルマンさん、こんばんは
    そそのかした小林です(^_^;)

    オーディオ機器は人をバカにさせます。
    私もPossible4を借りた時には

    こんなのありえね~~よな・・・

    でしたが一度聴いたら自分の好きなテイストはそのままで全てにグレードが上がるような印象でした。これはもう外せないしクリーン電源には戻れませんでした。

    私がこれを気に入ってる時は既にモニター価格のプロモーションは終了していたので当時は今のpossible4Gのモニター価格より高かったですが投資の価値はあると思います。

    私のはモロにPossible4GではなくPossible4-2改なのですがこれでも十分変化がありました。

    Possible4-2はモニター販売は終了しているところが巧みですね~

    現在はクララハスキル演奏のシューマンの森の情景を聴いていますがPossible4-2改は当時のテイストで心地よい音楽を奏でてくれます。

    元々オーディオ機器はバカにならないと買えませんね(笑)

    by小林二郎 at2014-10-02 22:15

  2. 小林二郎様

    そう、以前もどこかで書きましたが、まるでコンポーネントを上級機に変えたような純粋な底上げ感なのです。そしてそれはどれほど稀な事かはアクセサリー類を散々試してみたから分かります・・・
    ・・・・・・だんだんルームチューニング材の超投資から考えたら「ま、いいじゃん」とか麻痺して来ました。
    まさにエデンの「蛇」の如し。
    まあ小林二郎様が今一番高低差の有るダイブをなさっているわけですから笑

    byグルマン at2014-10-02 22:31

  3. ブルマンさん、こんばんは
    そうそう、コンポーネントが上級機に変わりますね。
    タップでも100万円近いものもありますがこれに比べるとCHIKUMAのはややリーズナブルですし、CHIKUMA以外のタップやクリーン電源を蹴散らします。機会があれば100万円近いタップも聴いてみたいですが聴いたらロクなことがないので聴かないようにしています。

    でもバカにならなければ買うことはできませんね~(^_^;)

    せめてコレ使ってご飯炊いたらものすごく美味しくなったという風になるといいんですけどね~

    私は今はダイブして骨がバラバラになっている状態です

    by小林二郎 at2014-10-02 22:45

  4. グルマンさん  こんばんは。

    オーディオ探求が何かアクセサリー沼にはまっているような?(笑)

    アクセサリー部品を交換していくと価格相応の変化があってほしいと望みますが、なかなか答えてくれる製品が無いのも事実だと思います。
    これぞと思っても他の何かを交換するとまたそこで変化してしまう。
    本当に難しい物だと思います。
    グルマンさんの様に理論的に一つ一つ追求していくと道が開けるのでしょう。
    今ではその根気さえないのが実情です。(泣笑)

    今は電源関係は、N2製品が大部分を占めています。

    其れこそ、グルマンさんが仰っている「適材適所」の活用が一番だと思います。

    自分も一時樵ましたが、今では自分の部屋の状況に合わせたスピーカー導入の方が効果が大きいと思っております。

    by風林火山八王子 at2014-10-02 23:31

  5. こんばんわ

    私もChikumaのタップは2つ使っています。

    電源関係はケーブル、コンセント、タップと
    各種メーカーをいろいろ試しました。
    独特の傾向をもった音で、1回使うとハマるんですよね…

    今の自分のシステムに不満があるわけではないので
    Possible4Gにも興味深々ですが、グッと我慢してますw

    byHermitage at2014-10-03 02:17

  6. 風林火山八王子様

    >これぞと思っても他の何かを交換するとまたそこで変化してしまう。
    はアクセサリーの本質であり、至言です。
    この底の無い広大な沼を泳ぎ始めて幾星霜、ようやく音の変化の表面的でない本質的な物を見る事が少しは出来るようになりましたが、それでもRGPC400proの電源ケーブルの日記に書いたように1年前に評価したケーブル(なのかコネクタなのか)についても環境要因によりまだ見落としているところが有る。生涯の勉強のようです。

    そしておっしゃる通り、アクセサリーはコンポーネント選び、スピーカーセッティングの全てが有るべきところにあることが前提でありそのあとのアクセサリーですね。
    一見当たり前の事ですが、それは気を抜くと用意に忘れてしまう。
    常に頭の片隅に入れておきます。

    byグルマン at2014-10-03 10:27

  7. Hermitage様

    レスありがとうございます。
    私はオーディオにおいては相当な浮気性で、DENONとヘリコンによる芯と強烈な深みの有る実在感満点のサウンドはぐらりと来る事もあります。

    アクセサリーの沼を泳げば泳ぐほど、最後に帰ってくるのはchikumaでした。
    全てのアクセサリーに「傾向(好みによるという事でもある)」はありますが、「歪のなさ」という私に取っては「評価の絶対基準」が一番良かった。

    重さや強固さではなく構造により複雑な振動のループを切り、早く振動を逃がし制御するということなのでしょう。

    この思想でアンプの箱を造ったら凄いアンプになりそうです・・・

    byグルマン at2014-10-03 10:36