グルマン
グルマン
高校生の頃、引っ越しを契機に買ってもらった最初の真っ当なシステムがマランツとモニターオーディオ・・・ そこから始まったのです、波乱万丈のオーディオの旅が・・・ 私の耳はちょっとおかしいのです。…

マイルーム

ルームチューニング地獄変
ルームチューニング地獄変
持ち家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~2ch
〜「嗚呼、うるさい」〜 ルームチューニングにとんでもなく傾倒しました チューニング材はおびただしく購入してしまいました。 もう書くのも億劫なほどの種類と数・・・ それはすべて「うるさい音を…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

ベルウッド様ご来訪

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年10月16日

本日ベルウッド様が御越しになられました。
物凄く威厳と風格の有る方でインターホンでちょっとビックリ
え、私の外観?ひげ男爵8対佐村河内氏2で配合した感じかな
ルネッサーンス

ベルウッド様は超クラシックフリーク。
音楽については浅学にもほどが有る、水底まで5μmほどしかないわたくしから見れば雲上人です。
しかもオーディオファイルとしてのキャリア、経験、能力はとてつもなく深い方です。写真やお話から有る程度分かっていましたが、今回それを痛感しました。

お着きになられて早々に私はこう言いました。
「今日はガンガン文句を言ってください!けちょんけちょんにお願いします、もう全く褒めなくていいです!」

今まで何人かのオーディオファイルに来て頂きました。ストラ様、takapalpal様、merry様。
直裁に問題を言われたり、オブラートに包まれたり、あえて何も語らなかったり(そういう方の場合は表情と行間を読んで類推。)
その時々の指摘された問題を御帰りになられたあと全力で潰しにかかりました。
もう徹夜。
問題を言って頂けるから、それを叩けるのです。
それらを繰り返し、短期間で飛躍的にシステムは向上しました。最初にお越し下さったストラ様の時は無論の事、前回お越しのmerry様の時とも全然別物です。お越し下さった皆様に厚くお礼申し上げます。

そう、ですから来て頂いた方には叩いて叩いて叩き潰して頂きたいのです!
こら完全な変態やがなw

そしてシステム説明の後、まずはこちらから様々なソースをおかけしました。全曲クラシックをチョイス。
でも1球目は怖いからボールを選択しました
パイレーツオブカリビアン(クラシックもどき)


色とりどり聴いて頂いた後、お持ちいただいた物をかけさせて頂きました。

ここで驚くべきことが。

一番始めに「リスポジは?」と聴かれ「前後それぞれに良さがありますので、どちらでも良いですよ」とお答えしました。

試聴中、こまめに前後に動くベルウッド様。

最後、ちょっと前進した位置で固定されました。
その位置こそ、設定した真のリスポジ。
バッヘルベルのカノンを御聴きになられたあと。
「リスポジ物凄いシビアじゃないですか笑」
「始めは後ろも心地よかったんですけど、この曲で弦楽器の配置がこうこうこうでなければならない。それが後ろだとおかしくなる。この位置でそれがちゃんと出てくる。」

なにこの凄耳。あなたが神か。

おっしゃる通り、後ろの方がただでさえ30hz以下が盛り上がっている特性に更に拍車がかかり、実に心地いいのです。しかし私のスピーカーセッティングは完全メーカー指定の上でミリ単位セッティング。まさに「モニタースピーカーによるザ・モニターセッティング」だったりします。その指定位置を、聴感だけでほぼぴたりと当ててしまわれた。

とてつもなく位相や音場、定位に関して敏感な方です。

私は周波数に関しては原理主義ですので相当な感度ですが、これは凄まじい。

何曲か聴いて頂き、問題点を指摘して頂きました。
1、「50Hzあたりの通奏低音が、右に寄りますね。」
コントラバスでいわゆる弦の立ち上がりの有る音の場合は良いのですが、ずーっと50hzあたりが出る部分だけ右に寄ると。今まで全然気づかなかった笑

これは聴感以上に「楽器の配置」などクラシックの知識が無いと出来ない芸当です。すげー。
そしてまさにおっしゃる通り、右スピーカーのすぐ右に「50hzの定在波」が有るのです。チューブトラップでほとんど殺したはずですが、完全ではなくそれが影響しているのでしょう。さて、どうすんべか・・・・・・

2、「高域と低域が延びて、やや中域が薄いというか・・・下が遅れるというか・・・位相の問題なのかな・・・?」
これもおっしゃる通り。それ、椅子の高さなんです。ニッキー邸で音場感の敗北を感じた際に改革のおりに、高さの問題に気づきました。相当なニアフィールドなので800dでは高さ次第でめちゃくちゃ位相(タイムアラインメント)が変わるのです。なので低いソファーを撤去して高い椅子にしたのです。良くはなったのですが、今度はちょっと高すぎる。まさに帯に短し、たすきに以下略
なので「相対的に高域が早く低域が遅く感じる」のです。ちなみにむりやり頭を下にずらしたら見事に解消します。今晩すぐにでも新しい椅子、探すか。

いや、実に勉強になりました。
特に1については気づきもシナカッタ。
やはり問題を指摘して頂けるのは本当にありがたい!
あとウイスキー、ありがとうございました!
わたくしグルマンは甘い物もお酒も大好きです!ムハア!!!


次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. グルマンさん、こんばんは。
    冒頭の一文会った人達から笑いが^ ^

    世の中において何かに卓越した人が必ずおられますが、ベルウッドさんは正にその一人ですね。
    私もベルウッドさんにお会いした事はありますがこれほどとは…

    それと浅学、知ったかぶり、私には耳の痛い言葉です。f^_^;)
    システムの音を全く誤魔化せない凄耳をお持ちのベルウッドさんは、私にとってもストラさんと並んで怖いお人です。

    byニッキー at2014-10-16 19:15

  2. ニッキー様

    結構正確に表現出来ているとこの点には自信が有ります。
    ルネッサーンス

    ああ、ストラ様も別の方向では有りますが凄い方でした。
    ただ言えるのは一見違う山の上り方をしているようで(ジャズとクラシック)、各々方が聞き方が「相当ニュートラル」なんですよね。生を聞き込むと結局ニュートラル。ステレオタイプなコッテコテの「ジャズオーディオ」「クラシックオーディオ」にならない。これは興味深いところです。

    byグルマン at2014-10-16 19:27

  3. グルマンさん、今晩は。

    やはり本当は、ベルウッドさんは天井人だったのですね。

    実際にお会いした時の優しいイメージと、ハードな日記のイメージとの乖離(笑)、甘く見ておりました…。その背景はもっと深いところにあったようですね。

    記憶を反芻させて頂きます。

    by矢切亭主人 at2014-10-16 21:01

  4. グルマンさん
    今晩は

    なんだかベルウッドさんが超高感度なイージス艦レーダーみたい(笑
    同時にたくさんの標的を狙い撃ちできそうです。
    で、グルマンさんも撃墜された?!

    定位感とか音色などを聞き分けるのは生演奏視聴愛好家の特技ですよね〜
    こればかりは経験豊富でないと成し得ない所かも...
    流石ですね!

    ところで...
    モニターサウンドは...
    椅子がやっぱり気になるんですよね!!

    では、では

    byバズケロ at2014-10-16 21:08

  5. ストラ様

    ええ、文章では有る意味私以上の「原理主義」ですから笑
    でもお会いすると実に穏やかな「学校の先生」のような方でした。

    生音を聴いた量、若しくは感覚。これはオーディオの「客観性」に最も必要な事です。ストラ様の「それ」は凄いものだと思います。

    ええ、ええ。「原理主義過激派」ではコミュニティー筆頭ですから笑

    byグルマン at2014-10-16 21:12

  6. 矢切亭主人様

    そうとうにハードコアなオーディオファイルです。
    妥協を知らない方です。
    そして何より己に厳しい。
    ムービーで撮りたかった。
    音に関してとんでもない貪欲さです。

    byグルマン at2014-10-16 21:21

  7. バズケロ様

    グルマン搭載「周波数レーダー」とは全く異質、恐るべき精度の多角的レーダーです。予想もしてない角度から撃墜されました。

    オーケストラや弦楽四重奏の配置なんて考えた事も無い。

    椅子の高さ。大事です。ブックシェルフでないなら尚更。
    3メートルも離れるなら全然問題ないでしょうが・・・
    ニアフィールドは大変だなあ。

    byグルマン at2014-10-16 21:31

  8. ただいま売り出し中のグルマン邸に、大御所ベルウッドさんが訪問されたとなれば、注目間違いなしですね。

    >私の外観?ひげ男爵8対佐村河内氏2で配合した感じかな
    ルネッサーンス

    流石ルームチューニングのプロ! 自己表現も適格です。(笑

    >あえて何も語らなかったり

    多分これは私のことだと思うのですが、他の方の音を語れるほどの経験はありませんので、その方の好みやアプローチ方法のお話をお聞きして、その結果出た音を享受させていただいています。

    静岡勤務時代は、酔って帰宅して、音楽を聴きながら記憶がなくなる、というのが日常茶飯事でしたが、しっかり聴かせていただくときは、コンサートでもオーディオでもノンアルコールにしています。コンサートの休憩時間にワインを楽しんでいる御仁を羨ましく思いつつ、眠り○になったら大変ですから・・・

    グルマン邸訪問時は、美味しい肉に目が眩み、ワインから入ってしまったので、夢心地で時の経つのを忘れておりました。

    それにしてもベルレーダーの感度は凄いですね!
    ベルさんの数十分の一足らずのコンサート経験で、大体の好みでやっている拙宅は瞬間撃沈必至です。

    bymerry at2014-10-16 22:00

  9. グルマンさん

    ベルウッドさんの洗礼を受けて、、、もう大人気ですねぇ!
    さらに原理主義に拍車ですね、、、これからも期待しております!
    (*^^*)

    byO at2014-10-16 22:14

  10. merry様
    私と面識の有る全人類が納得する事請け合いです。
    ルネッサーンス

    ええ、まさに貴殿の事でございます笑
    ただおかけになられたソースを聴きつつ「絶対弦楽器フェチのこの方のラインには及ばないだろうな・・・」と思ってもうずっと冷や汗かいてました。あの後、徹夜です笑
    正直、順序がベルウッド様と逆だったならやばかった。

    幕間に飲むと、寝ますよね。
    絶対、寝ます。不可避。
    アルコールを出してるから良くない。
    だって飲んじゃうじゃないですか?
    いっそコーヒーのみにして頂きたい笑

    ええ、もう風格威厳とあわせて震えてましたわ。

    byグルマン at2014-10-16 22:16

  11. O様

    椅子の材質、高さ、角度・・・
    「これだ!オーディオチェアー術!」
    ムックで出したら・・・絶対売れませんわ笑

    byグルマン at2014-10-16 22:17

  12. 再レス失礼します

    >ニアフィールドは大変だなあ

    私も時々音を出しながら体や椅子の位置を前後させていますが、近づくと音の飛び込み方が全く変わりますね。
    縦長部屋でSP間は2mですが、少し柔らかく聴くために、リスポジはもう少し離れた二等辺三角形にしています。

    >弦楽器フェチのこの方

    東京での私の愛機?は、コンビニで購入したpanasonic製のイヤホン980円也です。
    今度コミュの所有機器に登録しておきます。(笑
    珍しく素面で帰宅した時にはYou tubeでヒラリーハーンや庄司沙矢香などなどのヴァイオリン協奏曲を見て聴いています。
    ソナタではなく、ヴァイオリンを中心にたまに管楽器を交えた協奏曲ばかりですね。

    来週末は妻とズービン・メータを聴いてきます。

    bymerry at2014-10-17 06:42

  13. うわっ!! いつのまに!?

    速攻日記、速攻レスですね。すごいなぁ。私の日記には誰もレスしてくれないのに(泣笑)

    昨日は、突然、押しかけましてお世話になりました。ありがとうございました。天空のモニタールーム…やっぱりすごいですねぇ。いずれ感想日記を上梓いたしますのでよろしくお願いします。

    byベルウッド at2014-10-17 08:59

  14. merry様

    タイムアラインメントなどを考えると正三角形にこだわらず二等辺三角形でスピーカーと距離を離すのが常識的で一般的で善良な人間の聞き方としては大いにありなんだろうなと、特に最近感じてます。

    そんなの所有機器欄にあるんです?笑

    やはり弦楽器の良さを荘厳に豊かに盛り立てる協奏曲ですね
    確かに前回もそんなソースが多かったですね。

    しかし凄いなあ、一流どころを連続して聴き過ぎです笑
    優雅!
    これだけ聴いてらっしゃるなら相当オーディオファイルとしての「足腰」「基礎体力」が高いはずですよ。いいなあ。

    byグルマン at2014-10-17 09:18

  15. ベルウッド様

    「ラダー薦めた本人が書くのはちょっと出しゃばりすぎかな・・・」
    と控えておりました、申し訳ありません笑

    いえいえ、こちらこそお越し下さり本当にありがとうございました。
    クラシックを極めた真に熟練オーディオファイルの視点というのは私では恐らく最期まで出来ない芸当ですので実に有り難かったです。相当な肥やしになりました!

    急がずお時間のある時にごゆっくりお書きください!

    byグルマン at2014-10-17 09:34