グルマン
グルマン
高校生の頃、引っ越しを契機に買ってもらった最初の真っ当なシステムがマランツとモニターオーディオ・・・ そこから始まったのです、波乱万丈のオーディオの旅が・・・ 私の耳はちょっとおかしいのです。…

マイルーム

ルームチューニング地獄変
ルームチューニング地獄変
持ち家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~2ch
〜「嗚呼、うるさい」〜 ルームチューニングにとんでもなく傾倒しました チューニング材はおびただしく購入してしまいました。 もう書くのも億劫なほどの種類と数・・・ それはすべて「うるさい音を…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

B&W タイムアラインメントを原始的に測ってみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年10月30日

タイムアラインメントと位相。
この二つがユニットの配置及びリスニングポジションの肝です。
この辺は特にホーンシステムを造り上げておられるベテランの方々が圧倒的にお詳しいかとは思います。両方満たすのはかなり大変な事です。

多種多様のリスニングルーム。
その上でマルチウェイでは特にタイムアラインメントを満たすのはとても難しいことです。構造上の問題があっても同軸にこだわるメーカーも有るのは物凄く良く分かります。この問題に直面してからとにかく感じます。

あるお方の情報ではウイルソンはそれを分かっていて調整出来るようになっている、と。いいメーカーです。

さて、タイムアラインメントをとりあえず原始的な方法で簡易的に測ってみようと思いました。
それは糸で振動板との距離を測る。
原始人か笑

そこで問題が。
絞りの深いミッドレンジ。
どこで測るのか?

基本的には古来より「実測すると経験的にコーンの深いところがタイムアラインメントとして使える」「むしろタイムアラインメントはボイスコイルの位置で決めても良いぐらい」と聞き及んでおります。
偉大なる先人達の貴重な意見を採用し、さあ測りましょう。

・・・おお、視聴位置では見事に黒い革の下限あたりで等距離になります。聴感とはぴたり一致してます。少なくとも全然ツイータ軸上と違う。
ちなみにコーンの一番外側で測ってもミッドレンジ上辺辺りです。


あまりに原始的(でも延びないレーザーセッターの糸でやってるので精密ではある)ですが、どうなんでしょうこのやり方?
ベテラン諸兄のご意見を頂ければ幸甚です。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1.  タイムアライメントを合わせるのは位相周りの基本ですが、マルチウェイの既製品だと確かに難しい面がありますね。

     ホーンスピーカも諸説ありますが、私が測った範囲ではインパルス応答の測定ではやはりボイスコイル辺りが起点になりました。ドームやコーンもほぼ同じです。
     そのため既製マルチウェイの2Wayでは何とかなりますが、3Way以上だと完全な調整は無理です。経験的には高域が遅れる方が影響は少ない様ですので、その辺で試行錯誤でしょうか。
     やってらっしゃるように仰角やリスニングポイント(またはスピーカ)の高さでの調整ですね。

     ただし、最終的にはフィルターの特性でクロスの周波数特性が変わるので距離は測定と聴感で微調が必要です。

    byケン at2014-10-31 08:52

  2. ケン様

    技術に明るい貴殿のレスで非常に安堵しました
    やはりインパルス応答はボイスコイルが起点なのですね。
    やっぱりウイルソンみたいにツイーター、ミッドの仰角が変えられないと完璧を期すのは難しいのですね。2wayの音場が優れているのはこれも理由に有りそうです。

    貴重なご意見ありがとうございました。

    byグルマン at2014-10-31 09:02

  3. こんにちは。
    スピーカーの位置合わせは高橋和正さんという方がユニウエーブスピーカーの開発で紹介しています。その方法は1ショットサイン波を入れてスピーカーからの出力を入力信号と比較するという方法です。サイン波発生装置、マイク、オシロが必要となるために測るのは容易ではありません。
    高橋さんの記事はラジオ技術にたくさん紹介されています。この内容を参考にするとスピーカーのコーン底部付近の位置でそう間違っていなさそうです。高橋さんがディナウーディオ社を訪問したときの記事によると、ディナウーディオはウーハーやツイーターをバッフル面の同一面に配置していますが、ネットワークでタイムアライメントと位相を調整していると紹介されていました。そんなことからグルマンさんのB&W800Dであれば、メーカーが音を測って調整していると思われます。

    測り方の回答になっていなくてすみません。参考まで。

    byマイペース at2014-10-31 09:56

  4. マイペース様

    高橋和正氏は存じ上げております。
    物凄く原理主義的な素晴らしく興味深いスピーカーをお造りですね。
    タイムドメイン、タイムアラインメントにも非常にこだわった方だった記憶が有ります。
    なるほど入力と比較ですか。
    いわゆるインパルス応答なら簡単なのですが・・・
    また違った要素があるのでしょう。

    ディナウディオは世界最高峰のネットワーク技術を持っていると思います(ユニットはいわずもがな)そうとう細かく補整回路が組まれている、と聞き及んでおります。またそれがパワーアンプに負担をかける理由であるとも笑。
    しかしB&Wは超シンプル。一次でカットオフし全然補整してないのですよね・・・

    いやいや大変参考になりました。
    実に面白かったです。

    今後ともよろしくお願いします。

    byグルマン at2014-10-31 10:09