ゲオルグ
ゲオルグ
Musical Fidelity A1とHarbethのスピーカーのマッチングに魅せられて、オーディオに深入りすることになりました。日記の頻繁な更新には自信がありませんが、少しずつ製品コメントもアップ…

マイルーム

3つの部屋に各セットをこしらえてます。
3つの部屋に各セットをこしらえてます。
3つの部屋に以下のセットをこしらえてます。  〔自室:和室8畳〕  ★セット1 HARBETH HL-K6(スピーカー) LUXMAN C-600f(プリアンプ) MUSICAL FID…
所有製品

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入り製品

日記

続・最近の独奏作品を聞く:アリーナ・イブラギモヴァ『パガニーニ:24のカプリス Op.1』

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年05月31日

ここ最近1か月ほどのうちにリリースされた新譜のうち
気になったものについて所感を書き残しておこうと思い
前回は、ロンドー『メランコリー・グレース』をとりあげました。
続いて今日とりあげるのは、
アリーナ・イブラギモヴァ『パガニーニ:24のカプリス Op.1』です。


https://www.hyperion-records.co.uk/dc.asp?dc=D_CDA68366

ショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲での
パフォーマンスに圧倒され
かと思えば、ルクーのヴァイオリン・ソナタを再発見したときは
しみじみとした叙情を与えてくれた彼女のヴァイオリン。

今回は、いわゆる超絶技巧をヴァイオリニストに要求する作品で
Hyperion Recordsからの提案が以前からあったようですが
彼女は、スケジュールの都合上、作品に対峙する時間が無く
先送りが続いていたそうで、
この度、ようやく録音の運びとなった模様です。

聞いた第一印象は、快活な演奏だな~ということでした。
確かに技巧的に難しそうなのは素人の私でもわかります。
でもこれは彼女自身も述べているのですが、
オペラのワンシーンで
恋人たちが他愛のないかけあいをしているかのような
ちょっと子供じみた、クスッと微笑んでしまうぐらいの
ユーモラスな雰囲気が、この作品には全体的にあるということで
それはもちろん練習や準備は周到に進めたでしょうが
演奏自体を愉しんでいるのが伝わってきました。

ただあんまりゴリゴリと技巧を押し出すばかりでは芸がないし、
だいいちそういう演奏では1時間45分くらいの長丁場を
もたせることはできないでしょう。。。
そういう意味では、音量・音色の変化、
テンポの上げ下げや間合いのとりかたなどに
ずいぶん工夫している感じも受けます。
飽きずに聞けるし、愉快な後味が残ります。

そんな彼女の演奏を聞いていると
どうしても思い出してしまうある人がいました。
私はパガニーニというと、この人のことをついつい想起してしまうのです。
それはイヴリー・ギトリスのことです。

彼が亡くなって、やがて半年がたとうとしていますが
彼もまたこの作品を録音しています。
でもかなり妙な録音なのです。。。
音程が全体的に少し高いのです。
発売元が録音には問題ないとわざわざ断っているし
彼のことだから、なにか意図的なものなんでしょう。
あえて憶測すれば、音程を上げることで
ロマ的な感じが高まっているかもしれません。
そういう点を除けば、彼の演奏も快活で
イブラギモヴァの演奏は、彼のものと通底する印象を持ちました。

そんなこともあって、彼の自叙伝『魂と弦』を読み返していました。



ここでその中から、ご紹介したいエピソードが2つあるのです。
それはどちらも第15章「アフリカで音楽に会う」で述べられています。

ローデシアの孤児院を彼が訪ねたときのこと
教壇に立たされた彼は、子どもたちの前で演奏することになり
バッハのシャコンヌを弾き始めたのだそうです。
最初の和音を出した後、つぶやきのようなものが聞こえてきた。
それがなぜかだんだんと笑いになっていき、大爆笑に変わっていった。
彼は演奏を中断したのだけれど
「なぜやめるのか?」と先生に問われます。
「あなたも聞いたでしょ?笑ってるじゃないですか!」と彼。
先生はこう言います。
「笑うってことは何かを感じ取ったってことなんですよ。
お腹の底から動かされたっていうことなんです」。

もう一つ。
南アフリカのある村でのコンサート
ケープタウンからの長旅で、彼は疲れていて演奏する気分ではなかった。
でもステージには上がり、クロイツェル・ソナタを演奏した。
まったくミスのないうまい演奏だった。
でも観客が退屈しているのを彼は感じ取っていた。
二曲目はパガニーニの協奏曲であった。しかし冒頭指がもつれ
ミスをしてしまい、ショックを受けた彼は自分にこう言った。
「イヴリー、おまえ、何しちまったんだ? おまえが退屈したら
観客はどうなる。全然楽しめないだろうが。(中略)
おまえ、もう少し自分で楽しんだほうがいいぞ。」
彼は演奏に変化をつけ始めた。まるでイタリアオペラみたいに
大げさな身振りをつけて演奏した。
すると、客席の化学反応が変わってきているのが感じられた。
自由に演奏されたパガニーニが全員の目を覚まさせたのだ。
客席の全部が参加し、彼はほんとうの意味で楽しんで演奏していた。

二つ目の話は、パガニーニの演奏ということで
とりあげたところもあります。
でも彼の音楽に対する態度というか、
笑いという感情や演奏を愉しむ醍醐味について
大いに触発されるエピソードだったと思うのですが。。。
事実、彼のパガニーニの協奏曲の録音は
そのことを証明してくれています。



やはり彼の演奏を聞いていると
なんだかいつも結局は愉快な感じばかり残ってしまう私なのですが
(彼の出世作はベルクの協奏曲なんですが、それでもどこか愉快なんだな)
当たり前ですが、彼はけっしてハッピー馬鹿なのではありません。
人に元気を与える仕事は、そんなに楽なことじゃありませんし
彼の自叙伝の多くは、その苦闘の述懐となっています。
それでも楽しまなきゃできないんですね。

晩年に至るまで日本を愛し続け
東北の震災の折は、いの一番に駆けつけてくれた
その人の真心からの言葉として受け取ったときに
一抹の寂しさも感じるところですが
イブラギモヴァのパガニーニは
そんなギトリスに関する諸々を
私に思い起こさせてくれたという意味でも
ありがたい作品になったということなのでした。。。
でもそういう思いをまとった彼女の演奏は
今、いちだんと格別な調べとなって私には聞こえているところです。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. こんばんは。
    イブラギモヴァのソロリサイタルはまだ聴いたことがなく、キアロスクーロ・カルテットとしてですが、今年春の来日公演は残念ながら来年2月に延期となってしまいました。
    パガニーニを超絶技巧風に弾くのは若手の誰でもやってますが肩の力を抜いた小品のような演奏には出逢えないものです。
    イブラギモヴァの演奏がそうだとしたら、来年の来日が楽しみです。

    by椀方 at2021-06-01 20:50

  2. 椀方さん
    こんばんは

    レスありがとうございます!

    「肩の力を抜いた小品のような演奏」とまで言えるかどうかわかりませんが、(ロンドーの新作でも同じような感触を持ったのですが)音楽を演奏する愉しみを再発見してるんじゃないかな~ってことですね。わりと孤独なソロ演奏のレコーディングでも、ロックダウンで家にこもっている状況から解放された喜びはあったんじゃないか。。。そういう意味では、この時期特有の没入感は、イブラギモヴァもあったんじゃないかなと思っています。もっと時間が過ぎると、よりはっきりしてくるんでしょうけど。。。

    byゲオルグ at2021-06-01 21:22

  3. ゲオルグさん

    遅レス失礼いたします。

    イブラギモヴァは、あの大震災があった年の秋に初めて聴きました。バッハの無伴奏パルティータ3曲だけのプログラムでしたが、生涯に何度聴けるかどうかと思ったほど感動しました。

    バッハ演奏にありがちな峻厳とか荘重とか、そういう重たい深刻ぶったものと無縁。金箔のごく薄い膜が宙に浮遊し舞うかのように美しい。ふわりと舞い上がるように音が現れ、自由自在に振る舞い、気配のように消えていきます。彼女の驚異的な技術は、勢いで振りかぶるような技巧とはまったく無縁。鮮やかなテンペラメントやテクスチュア、細密なパターンが多種多様にあって、それらを対比させ調合し、ていねいに重ね合わせることで、バッハの奥深い音楽の本質を紡ぎ出しています。

    パガニーニは、あまり聴いてこなかった作曲家ですが、最近、演奏会やCDなどで聴く機会が増えてきました。ヴァイオリンの技巧を際限なく開発した人ですが、かつてはその技巧がこれ見よがしばかりに思えたのです。それがこの頃の若い世代で技巧のある人ほどにさりげなく優しく演奏しているという気になってきました。精緻さにともなうある種のピンポイント的な集中と遊び心が不思議と聴き手のツボを押さえて心を軽くしてくれるのです。

    24の奇想曲は、あまり取り出して聴くわけでもないのに、気がつくといつのまにかCDが増えてしまいました。演奏家にとってはどうしてもまとまってきちんと弾いてみたい魅力があるようです。

    もうこれ以上、この曲集のアルバムを増やしても…と思い、このアルバムを買うのは躊躇していましたが、何だかやっぱりゲオルグさんに背中を押されちゃいそうです。

    byベルウッド at2021-06-04 11:26

  4. ベルウッドさん

    レスありがとうございます!

    >鮮やかなテンペラメントやテクスチュア、細密なパターンが多種多様にあって、それらを対比させ調合し、ていねいに重ね合わせる

    パガニーニにおいても、こういった印象は重なるところがあるように思いました。ただ私のボキャ貧のため、こういう的確な表現ができませんでした。。。とにかくさまざまなパターンの技巧を凝らしているのに、軽やかさが失われないのが、ある意味超絶なのかな~と思っているところです。24の奇想曲の可能性の限界を試すようなチャレンジだったのかもしれません。

    それに技術に基づくものであると同時に、紡ぎだされてきた音楽のイメージの多層性・豊饒さのようなものも感じさせてくれました。技巧に流されない確かな楽想の表現とでも言いますか。。。「金箔のごく薄い膜が宙に浮遊し舞う」感じもあり、ロマ的な哀愁を帯びた叙情もあり、鳥のさえずりのようなユーモアもあり。。。といったようなところですね。でもこれだけてんこ盛りでも暑苦しくならないのが、彼女のヴァイオリンの美徳なんですね。

    いやいやこうして書き記していくと、このアルバム、名盤の佇まいをたたえ始めているではないですか。。。(笑)

    byゲオルグ at2021-06-04 21:41

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする