ゲオルグ
ゲオルグ
Musical Fidelity A1とHarbethのスピーカーのマッチングに魅せられて、オーディオに深入りすることになりました。日記の頻繁な更新には自信がありませんが、少しずつ製品コメントもアップ…

マイルーム

3つの部屋に各セットをこしらえてます。
3つの部屋に各セットをこしらえてます。
3つの部屋に以下のセットをこしらえてます。  〔自室:和室8畳〕  ★セット1 HARBETH HL-K6(スピーカー) LUXMAN C-600f(プリアンプ) MUSICAL FID…
所有製品

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り製品

日記

オンキヨー製SPユニット OM-OF101とWバスレフボックスの印象

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年08月28日

今年の夏は、8月お盆休みの長雨、
一転、月末になっての連日の猛暑という気象で
もはや異常が常態化しつつあるような昨今ですが
みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

とはいえ、もうすぐ9月。。。
少しずつ昼間の時間も短くなって
それに合わせたかのように、
虫たちは秋の知らせを愚直なまでに届けてくれます。
夜ともなれば、まだ控えめながら虫の音が聞こえてきたり
昼間も、ゆらゆらした陽炎の立つなか
赤とんぼが舞い始めたり。。。

そんな光景に、なにか誘われるところがあったのでしょうか
オンキヨー製スピーカーユニット OM-OF101と
それに対応したダブルバスレフのSPボックスのキットを入手して
この前の週末に組み立ててました。
やはりこのご時世、積極的に外出する気にもなれず
気を紛らわす意味でもいいかな~なんて思ったこともありましたし。。。

いちおうしっかり接着したほうが良かろうとの予想から
こんなものも購入して使ってみました。。。



今度のオンキョーのSP
売りは何といっても「バイオミメティクス」技術の採用です。
宣伝文句を引用しますと
「生物が進化の過程で得た機能・構造を採用した」というもので、
このユニットでは「トンボの翅脈の模様が表面にデザインされ、
また五角形を回転させた湾曲状のフォルムは
貝殻からヒントを得たもの」なんだそうです。
「これらにより軽くて丈夫という振動板の理想に近づき、
振動板の共振を分散させて高域特性を改善、再生帯域を広げています。
また振動板を支えるエッジは渦巻き形状で、
振幅時の音響負荷を対称として歪みの低減をはかり、
エッジからの不要音も低減させています」とのこと。



なるほど鳴らし始めて2,3日経ったころから
ユニット(およびボックス)の素性が徐々につかめてきて
中高音域の歪みや不要音の低減は感じられるように思われました。
たとえばFE103系といった
同じ10㎝口径紙製フルレンジユニットの良く知られたモデルとくらべて
このオンキヨー製のユニットは
慣らしがそれほど進んでいなくても
スムーズに中高音域が出ているなという印象は持てたということです。

特に女性ヴォーカルはいい感じに思われました。
素直に伸びる感じがあります。
全体として優しく伸びる印象ですが、後味にきりっとした感じが残る。
でもそんなに神経質な音味ではないといったところです。



たとえば上記のアルバムではシーネ・エイのヴォーカルの
ふくよかな豊かさも感じられつつ
高音域も自然と伸びていく印象があります。

ただこれはもちろんボックスの印象も含まれているところもあって
箱のサイズの小ささと板厚の薄さが
意外にいい味につながっているのでは。。。と思えたからです。
けっこうな箱鳴りがしているのですが
それが嫌味になっていないぐらいでギリギリ留まっているというか
これ以上になるとボーボーでボワンボワンになりそうな
その寸前のバランスで踏みとどまっているところがあります。

このボックスを組み立てる前に
手持ちの小型バックロードホーンのボックスにも入れてみましたが
低音の量感は高まるものの
SPユニットの持ち味を活かせているかというと
個人的には疑問符がつきました。
まあ、この種のユニットで本格的にシンフォニーを聞く
ということはないですし、
低音は欲張らないほうがいいように思いました。

さて、オンキョーといえば
上場廃止のニュースが伝わり
ホームオーディオ部門からの撤退も
余儀なくされることとなりました。
特段、オンキョーブランドに深い思い入れはなかった私ですが
今回のSPユニットの購入は
なんと申しますか「最後のはなむけ」といったところも
若干はあったように思います。。。
そんな思いも込めつつ
今度のSPで聞いた中で、
とりわけ印象深かった1枚のアルバムを紹介して、
この日記を終えようと思います。



「Anita Cerquetti - Casta diva (Norma)」
https://www.youtube.com/watch?v=aIaN6a0d7dc

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ゲオルグさん

    工作が大の苦手の不器用さを誇る(?)自分にはレスのしようのない記事かと思って読み進めておりましたが、最後の最後に懐かしいアニータのお顔が出てきて驚くやら嬉しいやらで、ついコメントさせていただきました。マリア カラスの同時代の歌手の宿命で、対抗馬(実際にカラスの降板のリリーフでスターになったのも事実ですが)されてしまった彼女ですが、やはりこのノルマは清純さと気品を備えていて本当に良いですね(鬼気迫るカラスとは対極)。久々に聴きたくなりました。ELOQUENCEシリーズで再発されていたのですね。情報有難うございます。

    byパグ太郎 at2021-08-28 22:14

  2. パグ太郎さん
    レスありがとうございます!

    アニータ・チェルケッティに反応して下さる方がおられると嬉しいな~と思っておりました。高校生のときにラジオでノルマのこの曲をたまたま聞いて以来、(大していまだに詳しくないのですが)個人的に女性オペラ歌手の原型のような存在になってしまっています。。。おっしゃる通り清純さと気品を備えた彼女の歌声を聞くと何かが昇華されていくような快感があります。一昨年にELOQUENCEシリーズで再発された折、ご紹介したくなったのですが、うまくまとまりませんでした。。。そのときは「夏の嵐」を見直したり「愛の破片」まで手を伸ばしたりしたのですけれどね。

    でも今回はピッタリはまりました。このオンキョーブランドの終焉を、やや面妖な(といっては失礼かもしれないですが)かたちで彩ってくれたこのSPで聞くと、なんだかいい感じなのです。古い音源のほうがうまく鳴らしてくれるSPなのかな~と、今コメントを打ちながら思っているところです。。。

    byゲオルグ at2021-08-29 08:39

  3. ゲオルグさん

    再レス、失礼します。
    この展開では、やはり「夏の嵐」ですよね! ビスコンティはチェルケッティを自作に登場させつつ、カラスのスカラ座制覇の演出も手がけてもいると言う因縁話があって、、、なんて、マニアックすぎる話題は遠慮していたのです。50年代中頃は加えてテバルディがいたわけで、羨ましい限りです。そういう、時代の「終わりの終わり」という感覚が、共通テーマなのですね。その意味で晩年のビスコンティが繰り返し描いた、世代や文化の終焉と交代にともなう喪失、諦念とも繋がっているのですね。

    byパグ太郎 at2021-08-29 10:44

  4. パグ太郎さん

    >ビスコンティはチェルケッティを自作に登場させつつ、カラスのスカラ座制覇の演出も手がけてもいると言う因縁話があって

    いや~こんなお話初耳でした。。。でもヴィスコンティならありえるお話なのかもなんて。。。よくわかりませんが、彼の映画を見ていると、ギラギラしたものと言いようのない寂しさを感じるところがあったのは、仰るように、なにかを盛大に終わらせようっていうのがあったからなのかな~と少し思ってしまいました。「夏の嵐」は、とにかく冒頭のヴェルディのイル・トロヴァトーレのエネルギーみたいなものと、結末に向けてさびしい気分が増していくのが印象に残っていたからです。

    余談ですが、チェルケッティに関しては、「愛の破片」も印象に残っています。いろいろなことがあって30歳そこそこで引退してしまった彼女がそれから30年余り経って、つぶれた声でアリアを歌おうとするのですが、こんな声の出なくなったのに歌わせて。。。とぼやきながらも、目は輝き、情熱的な身振りも交えて、声を絞り出そうとしている姿が妙に感動的だったのです。痛々しいと見る向きもあったでしょうが、私はなんだか清純な感じがしたのでした。

    ただこの映画でも、彼女が一心に守ろうとしてきた自分の家庭において、娘との葛藤が(映画の主題とあまり関係ないにも関わらず)描かれていて、そのときの彼女は打って変わって困惑気味で淋しげでした。これは単に幻想の中で引退後の30年を過ごして来たわけではない彼女の現実を表そうとしただけなのかもしれないですが、終わったのに終わっていなかった奇跡のようなオペラ歌手の姿とのコントラストは、結果的により真に迫ることにつながっていたように思いました。

    byゲオルグ at2021-08-29 11:47

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする