Orisuke
Orisuke
バブル世代の趣味人です。 オーディオと写真、山登りは趣味の3本柱で30年くらい下手の横好きをやっています。

マイルーム

D58ESのニアフィールドリスニング?
D58ESのニアフィールドリスニング?
借家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーン~100型 / ~4ch
単身赴任をいいことに、一軒家の貸家の一室を念願のオーディオルームにしました。しかも、「ど」のつく田舎なので音は出し放題。ただ、D-58にはちょっと狭いかな・・・・。巨大なヘッドホンの中にいるような、巨…
所有製品

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入り製品

お気にいられユーザー

日記

Node 2iとAmazon HDはゲームチェンジャーですね

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年03月01日

遅ればせながら、Bluesound Node 2iを導入しました。NCT-I3と同様、嫁にばれないように単身赴任先にヒッソリと導入されたのは言うまでもありません(汗)。

以前にOPPOの一連のユニバーサルプレーヤー(結局、BDP-95, 105, 105LTD, UDP-205と通算4台買いました)を導入したときと同等の衝撃を感じました。
Node 2iはゲームチェンジャーです。


電源はNCT-I3+Power Plant P500のカスケードから給電。S/PDIFで外付けDAC/ヘッドフォンアンプに接続しています。

Amazon music HDとの合わせ技で音楽の世界の窓がどばーっと開かれた開放感、さらにそれが充分な高音質でありながら低コスト、低労力で実現されたことによる爽快感。これをゲームチェンジャーと言わずしてなんと言う。

単体でのアナログ出力の音質はそこそこですが、NCT-I3とPowerplantのカスケード電源に繋ぐと、ポピュラー系で最適のレンジ感や中低域の躍動感が出ますし(80年代ロックや昭和のポップスはこちらのバランスの方が気持ち良いです)、ストリーマーとして外部DACに同軸S/PDIF接続すれば、Fレンジ・Dレンジがぐっと拡張されてフルオケでも問題ない解像感・音場感まで一気に到達します。帯域バランスが良いので高域に神経質な古楽でも文句なしに楽しめるのが個人的には最高。WiFi使用、iPadのBluOSからの操作ですが、我が家の安価なネットワークディスクからのファイル再生では太刀打ちできないレベルの音質です。現状では使いこなしにオーディオの経験が必要な部分がありますが、今後、電源・DACチップ・オペアンプなどが改良されていけば最強のストリーマーに成長することでしょう。

iPadでのBluOSとAmazonmusicHDの連携はかなり良く出来ていますし、マニュアルいらずで半日いじり回しているうちに理解できる操作系も良いですね。日本語化もアップデートで万全になっています。

ただし、同一録音をCDやSACDと聴き比べると、Amazon music HDはラウドネスの標準化だけでなく(設定でoffにすると元のCDに近づく)、FレンジやDレンジでもなんらかの標準化に近いコントロールをしているようにも感じます。おしなべて凄く聴きやすい感じがして、それはそれで良いことですし、これはあくまで音楽を楽しむツールなので文句を言う筋合いも無いのですが、上手く再生できないことにチャレンジするのもオーディオなので、そこは多少の脱力感を感じます。なので、ライナーノート、ジャケットが無いこと以外にもまだまだパッケージ版CDを買う意義はあると個人的には思います。

うれしいのは、Amazon music HDの品揃えの良さ。まるで、「タワレコ渋谷店貸切聴き放題」の特権を得たかのようです。

例えば、私の過去の日記と関係したところでは・・・・
・Ken Yoshida録音のアルファレーベルの盤がかなり揃っている。これはUltraHD(24/192か24/96)で音質良し。
・Mercury Living Presenceがほぼ揃っている(ただし、ウィルマ・コザートによるリマスターでは無い可能性が高く、独特の中域の張りや低域の突っ張りは弱め)。一部UltraHD。
・ほぼ全て廃盤のブランディーヌ・ヴェルレの録音が揃っている。
・廃盤の多いオワゾリールのホグウッドの録音が揃っている。
・ノリントンのヘンスラー録音が充実している。
・ライナー/CSOのRCA Living StereoはUltraHDがたくさん揃っている。などなど
こういうのは、個人的には堪りません!

クラシック関係では、ユニバーサル系やヨーロッパのマイナーレーベルが充実しており、逆にワーナーはやや様子見気味なのかも知れません。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. Orisukeさん

    こんばんは。

    国内楽曲の豊富さもあって当方もAmazon Music HDを選択いたしました。ストリーミング全般に言えることと思いますが、媒体(CDやヴィニール)を介在させずマスターに近い?状態でデジタル音源として提供されることによる音質的なアドバンテージがあるのかもと考えています。その上でとにかく聴き切れないくらいの音源の量と存外に高いアーティストカバー率でほんと飽きないですよね。

    Bluesound Node 2iは比較的廉価な機器ですのでトップエンドとは云い切れないかもしれませんが音質的にも侮りがたく、BluOS搭載機の今後の展開には大きな期待をしています。

    なお、当方は少しでも工夫できぬかと思い、以下のI/Fカードに換装を行い電源強化を図りました。

    https://www.fidelityaudio.co.uk/bluesound-node-2--2i-interface-only-the-original-4743-p.asp

    byゴンザエモン at2021-03-01 19:43

  2. ゴンザエモンさん
    こんばんは
    導入3日目にして、Node2iの音は我が家ではMac +Audirvana の送り出しよりもすでに良くなってしまっています。今組ませているのは昔オペアンプ遊びをしたバーブラウンの一昔前のDACですが、今後、ESS9038ProやAK 4499、はたまたロームBD34301EKVの最新チップ3人衆(?)と組ませたらどこまで化けるのやら、末恐ろしいです。電源は、先日導入した電研NCT-I3が凄い効きを見せています。外部にリニア電源増設というのも、魔改造っぽくて良いですね。

    AmazonHDは、サブスクのストリーミングとして非常に完成度が高く、日本人奏者の盤もたくさん入っていて良いですね。新しい盤も多くてコスパは最高だと思います。ワーナーとSONYにもう少し気合いを入れて参加してほしいところですね。

    byOrisuke at2021-03-01 23:09

  3. Orisukeさん、こんんちは

    Node2i ヒッソリ導入おめでとうございます。

    私もLINNを見限り、Node2i+Amazon HDで快適に聞いています。
    DACプリは、中華格安AK4499入りにし、トランスで110Vに上げたり、USBコンディショナーつけたり、インレットをFURUTECHに替えたり、フォースバー +たわしアースつないだり、と色々やっています。(NCTはもう少し様子見です)
    拙い耳ですので、どれが功を奏しているのかよくわかりませんが、コスパ抜群、快適です。

    Amazon HDはほとんどのレーベルが揃っているんでしょうが、
    HyperionやUnicorn Kanchanaが見つからないのが残念です。

    byTON2 at2021-03-02 18:15

  4. TON2さん
    こんばんは

    AK4499入り中華DAC、私も考えています。現用のCDPがES9038Proなので、敢えて別のDACを聴きたいなと。BD34301EKV入り中華DACがS.M.S.Lあたりから出てくるかも、と期待しています。

    ただ、いろいろ細かい対策を重ねていくと、昔いじり倒して押し入れに入っていた古いPCM1798でも想像以上に滑らかな音が出てきます。これまでCDトランスポートからのS/PDIFやMacからのUSB入力では出なかった音です。Node2iの送り出しはかなりのポテンシャルですね。

    AmazonHDへの対応は、各社まちまちなんでしょうね。Hyperionは、「イブラギモヴァ」で検索して何も出てこなかったので、やっぱり無いんですね(まあ、自前でダウンロード販売してますからね)。BISは鈴木雅明&BCJなど充実していて音も良いですね。Outhere系もアルファ、アパルテは新譜も結構出ていてUltra HDで良い音しています。まあ、現状でもたいしたものだと思いますが、データを提供した各社にちゃんと見返りは行っているのか心配になります。

    byOrisuke at2021-03-02 23:49

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする