「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
かもん!
かもん!
もともとPCオーディオ(有線LAN)でしたが、音質に限界があることが判明したので、それに代わるものとして、SSD再生に転向しました。これに関していろいろ情報交換をお願いしたいです。

マイルーム

かもん!のマイルーム
かもん!のマイルーム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
16畳のエアボリュームで音楽を楽しんでいます。ほとんど1:2の長方形形状で、定在波問題を克服することは困難なため、FostexのSWで低音を補強しています。 好きなジャンル:クラシック全般(ジャ…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

STEREO誌付録のUSBノイズフィルター(耳より情報です、多分) その1

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年07月12日

このコミュでも何度も話題に上る、同誌1月号付属のUSBノイズフィルター、ES-OT4の利用法についての情報を見つけましたので、少なからざる人にとって参考になろうと思い、書いておくことにしました(一応過去記事を検索しましたが、同一内容の既述があれば、すみません)。

このノイズフィルターは、本来、PCオーディオ(USB)において、PCとUSB-DACとの間にセットしてPC由来のノイズ削減を図ろうとするもので、ノイズ処理が粗雑なPCを使用する場合は、かなり効果があるということは、多くの皆さんが実感されるところでしょう。

何気なく、同誌6月号を見ていたときに「ネットワークプレーヤーはじめました」という連載記事が目につきました(157頁)。この連載は、(最初にご本人がそう言っていますが)オーディオ初心者である編集部員の穴埋め記事程度の内容ですが、あれっと思うものがありました。

連載記事

その頁の下にある写真です。

拡大図

おやおや、これは、USB-A端子付きのプレーヤー(N-70A)とUSBメモリの間に使っているじゃないか? という訳です。


本来の使い方(接続方法)は、1月号記事(65頁)に掲載の図で示されている以下のようなつなぎ方ですね(矢印は音楽データの流れ)。

拡大図

左側のUSB Atype端子:USBケーブルでUSB-DACと接続←本機←右側のUSB Btype端子:USBケーブルでPCと接続

ところが、この編集部員さんは、その部分を、

左側のUSB Atype端子:USBケーブルでUSBメモリと接続→本機→右側のUSB Btype端子:USBケーブルでプレーヤー(N-70A)と接続

に換える訳ですから、ある意味、信号の流れが逆になります。もちろん信号伝送方式も変わります(アイソクロナス転送方式からバルク転送方式へ)。信号の流れやUSB転送方式が変わっても、そのまま使えるというのは便利ですが、逆に言うと、その程度のモノということ?(失礼!)。


で、効果ですが、ノイズ処理が粗雑なPCを使用する場合は、かなりの効果があることは万人が認めるところ、でもそれなりにノイズ対策が施されているオーディオメーカー製品ではどうなの? ということですが、この連載記事では、はっきりと「N-70Aで効果あり」と書いています。

N-70Aクラスの入門機種だから効果があるのか? または、BDP-105JPクラスでも効果があるのか? それ以上の高額機器ではどうか? は皆さんご自身でお試しを。

なお、「左上の外部電源:DC5V/1A入力端子」ですが、「バスパワーモード」と「外部電源モード※」に切り替えが可能ですから、これも同誌1月号66頁の注意事項をよく読んで試してみてください。

※「外部電源モード」にしたところで微弱電流があるので、完全にプレーヤー由来ノイズフリーという訳ではありません。


モード切り替えによる差異なども含め、できれば、その効果(結果)を共有知にして頂きたく、ご自分の日記なり、ここへのレスなり(結果記述のみでOKです)、ご協力をお願いします。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする