かもん!
かもん!
もともとPCオーディオ(有線LAN)でしたが、音質に限界があることが判明したので、それに代わるものとして、SSD再生に転向しました。これに関していろいろ情報交換をお願いしたいです。

マイルーム

かもん!のマイルーム
かもん!のマイルーム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
16畳のエアボリュームで音楽を楽しんでいます。ほとんど1:2の長方形形状で、定在波問題を克服することは困難なため、FostexのSWで低音を補強しています。 好きなジャンル:クラシック全般(ジャ…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

ハイパーソニック・エフェクトおよびハイレゾ関連イベント

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年07月31日

先ほど、WEB記事に昨日の東京・八重洲でのイベント「ハイレゾ音楽塾」の記事があることを発見。


一、二点ピックアップしますと、

放送大学でご紹介したビクタースタジオの高田英男氏が講演。

「マスターの音をそのまま届けられるため、広い音場空間のままで収められる」といったメリットを説明。解像感についても、微小な音になるピアニッシモを録音で聴かせるといった高い表現力を可能にするといった利点があり、「演奏者の感情や緊張感まで音で感じ取れる」とした。ハイレゾでは高域の伸びがメリットと言われることも多いが、低域がゆったりと安定する点や、奥行きの広がりなど、可聴域にもはっきり改善が見られることなどをプロの視点から述べた、とのことです。

PCM(192kHz/24bit)とDSD(5.6MHz)というフォーマットの違いについても試聴。単に音が良い悪いという区別ではなく、PCMのスピード感やシャープな質感の一方で、DSDのゆったりした低域やアナログ的な音の特徴などを解説。高田氏が録音して感じたのは、スタジオで使うアナログコンソールで聴いた音に最も近いのが、DSD 11.2MHzだった、とのこと。


そのほか、これまで書いてきたハイパーソニック・エフェクトに関連してコンパクトにまとめられています。


<ここで謹告>

私のこの日記にSACDリッピング「違法論」に基づくレスはやめてください。それがあった場合は「不当な中傷」に当たらないかどうか吟味の上、その疑いがあれば当コミュ編集部に通報し所定の処分の検討をお願いするとともに、私のこの日記へのそのような不当レスは即刻削除しますので、予めお含み置き願います。




次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする