「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
かもん!
かもん!
もともとPCオーディオ(有線LAN)でしたが、音質に限界があることが判明したので、それに代わるものとして、SSD再生に転向しました。これに関していろいろ情報交換をお願いしたいです。

マイルーム

かもん!のマイルーム
かもん!のマイルーム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
16畳のエアボリュームで音楽を楽しんでいます。ほとんど1:2の長方形形状で、定在波問題を克服することは困難なため、FostexのSWで低音を補強しています。 好きなジャンル:クラシック全般(ジャ…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

かもん!の日記を読みたくない人は絶対に読まないでください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年08月07日

私のこの日記にSACDリッピング「違法論」に基づくレスはやめてください。それがあった場合は「不当な中傷」に当たらないかどうか吟味の上、その疑いがあれば当コミュ編集部に通報し所定の処分の検討をお願いするとともに、私のこの日記へのそのような不当レスは即刻削除しますので、予めお含み置き願います。


タイトル:お詫びと今後の対応について

コミュの皆さん、このたびは、特定テーマ、しかも、みかけは法律問題という、皆さんにとってはなじみのないテーマで一部の方に不快な思いをさせたことを陳謝します。すみませんでした。私の本意は既に説明してありますので、繰り返しませんが、決して違法行為を慫慂(しょうよう)しているのではありません。これは誤解なきように願います。

ただ、一昨夜のどなたかの日記にコミュの場でこれ以上このテーマに触れるのはふさわしくないのでは?というご意見がありました。

違法論の法律解釈に明確な根拠がないことについて取りあえずの目的は果たしたように思いますし、あとは一種の内部告発を待つだけです。そう考えてよほどのことがない限り法律解釈論議は当面、自重することにしました。難しすぎますもんね。

但し、これまでの人格攻撃に対しては隠忍自重しますが、新たな攻撃に対して手をこまねいているつもりはありません。私にも名誉がありますので、そのような新たな不当攻撃に対しては、応分の報復(倍返し)をせざるを得ないこと、その場合にはこの特定テーマの領域に再び入り込まざるを得ないことは予めご了解願います。

ということで、皆さんにはこれまでどおり和気藹々のコミュを思う存分お楽しみください(私が申すのもなんですが)。

なお、私が皆さんの日記にレスすることによって日記投稿者ご本人に迷惑をかけることがあるやもしれずそのことが投稿忌避につながるのは好ましくないので基本的に表ドアからのレスはしません。どうしてもお伝えしたいことがあればコミュのメールシステムを利用させて頂きます。ご安心ください(笑)。

また、私が日記を投稿するときは全て本日の形式(中身を暗示しないタイトル・定型文による本文開始)をとりますので、コミュの新着日記記事一覧リストからは記事の中身が分からないことになります。

よって、かもん!が何を言っているのか興味のある方は本文をお読みください。興味のない方・コミュから追い出したいと思っている方はこれで「完全スルー」出来ることになります。だれやらがそのような要望を書いているようなので、「猫」に小判を与えないためにもよい工夫だと自画自賛しております(笑)。

この方式について編集部とは何も打合わせをしておりませんが、臨時の対応策として認めて頂けるのではないかと思います。

それでは皆さん、肉は食べますが精進潔斎して気分一新のうえ出直すつもりですので、今回の「法事(?)」にこりずに今後ともよろしくお願いします。


なお、最後に一言。

「違法論」を唱える人は五分類できます。①特定利益団体の在籍者とそれに準じる者、②PC音痴(CDリッピングがそもそも出来ないのでヤッカミから反対)、③エーリッヒ・フロムの著書「自由からの逃走」組(ナチス政権を生んだ当時のドイツ国民の精神活動の分析をした歴史的名著で、自分で考えるより他の人の考えについていこうという安易な主体性の放棄)、④意外に思われるでしょうが、犯罪現場に戻る犯罪者心理のもう一つの顕現(声高に違法論を唱えれば、自分は犯罪者ではないと見られるという犯罪者の隠れ蓑戦術、但し本件ではそもそもの法律解釈に錯誤がある)、⑤その他(二字で言えるのですが刺激的なので、あえて「その他」)。誰がどれに当てはまるか、すぐお分かりでしょうが、法律論(この中で本当のことが分かっているのは①だけ)を離れると、その実態がマネタイズ(=金儲け)にあることも見えてくるでしょう。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする