ふかひれ
ふかひれ
 AV環境にて主に大編成のオケ物をBlu-rayのLPCM 2ch(最近5.1chも)にて楽しんでいます。  高校生のころより40歳半ばまで吹奏楽団にて打楽器(鍵盤を除く)を演奏しておりました。…

マイルーム

☆☆☆☆☆ ふかひれ商事 ショールーム ☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆ ふかひれ商事 ショールーム ☆☆☆☆☆
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーンなし / 8ch以上
==============================
==============================
============ ■■■■■■■■■■  ショール
ーム前景  ■■■■…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新のレス

お気に入り製品

日記

海外製AVプリアンプ StormAudio ISP3D.16ELITE 試聴会レビュー 2018

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月16日

昨日、「海外製AVプリアンプ StormAudio ISP3D.16ELITE 試聴会」
AVAC新宿でありました。

【日時】9月15日(土) 1回目11:30~13:00 2回目14:00~15:30  16日、17日フリー試聴
【定員】15日は 各部定員10名(事前予約制)
【会場】新宿本店シアター1(サウンデリア)
【司会進行】メーカースタッフ

日・月曜日はフリー試聴を行っています。

私にとっては、海外製AVプリはX1おやじ邸の「THETA CasablancaⅢ」以来ですので興味津々にて試聴会に参加しました。

Storm Audio ISP 3D.16ELITE

Storm Audio PA16 ELITE

まずは、ATMOSデモディスクより「リーフ」
 最新の日本製AVアンプより多少臨場感があるかな程度
「ニューイヤーコンサート2017」
 楽器数の多い強音部では音が団子になってしまう。高域部が歪でいる。
「グラシエーター」
 やはり、高域部が歪でいる。
「グレイテスト・ショーマン」
 ぜんぜん迫力がない、楽器数の少ない曲は多少きけるかな。
「プライベートライアン」
 戦争ものの血が噴き出る部分があるため好みでないのですが、時間の経過とともに音が良くなって来た感じ。
「CHRIS BOTTI IN BOSTON」EMMANUEL,CINEMA PARADISO
 本領発揮か音質・音場感とも日本製AVアンプを超えた感じ・・・。
「GATTI MAHLER 2」(AURO-3D)
 マルチチャネルにて聴いていてもごく自然な音場形成がされており、各楽器の音に力強さがあり、楽器数の多い強音部でも音が団子にならず 海外製AVプリの面目回復となりました。

視聴後、スタッフからお話を聞くと Storm Audio PA16 ELITE(16chパワーアンプ)がDクラスのため音出ししてしばらくは中・高域が粗目とのことです。

最後の「CHRIS BOTTI IN BOSTON」「GATTI MAHLER 2」を聴かなければ
ガッカリして帰ってきたところですが、最後に汚名挽回です。

ただ、お値段が・・・(海外価格差は小さいようですが)
 Storm Audio ISP 3D.16ELITE 170万円(AVプリ)
 Storm Audio PA16 ELITE 150万円(16chパワーアンプ)
 Storm Audio PA8 ELITE 100万円(8chパワーアンプ)

AVプリ:
 AV8805 とは実売で4倍の価格差を考えると・・・・・。実力差に見合わないかな。(1.5倍だとぴくぴくしてしまうのだが。)
パワーアンプ:
 MX-A5000 のみをお持ちの方は、再考の価値あり。
 MX-A5000 + 他のパワーアンプ をお持ちの方は、設置場所が少なくなるメリット有。


#おまけ
 やはり「THETA CasablancaⅢ」の方が実力は上ですね。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. お疲れ様でした・・ いぃ~ですよね。 ちょっと行って来るわ!で行けるお住まいって !(^^)!


     う~~ん 結果はそーでしたか。 まぁ- サラウンド再生を10人程度でも多人数で 家庭用スピーカーでごく普通の広さでの視聴ですから 無理もないかな?って(笑)

     B&Wを150万と言っても16chアンプですから ちょっとナメていませんか? なんて・・・  常設なのかもしれませんが もっと鳴らし易いスピーカーの方が良い結果が得られそう。  ふかひれさんのゴールデンイヤー(黄金耳)には何もってしても辛口評価でしょうが・・・ 「ツメが甘いんだと!詰めが!!」って(笑)  サラウンド再生は 調整、調整、また調整ですからね。 


     機の詳細は分かりませんが トリノフにしてもコレにしても サラウンド処理がとてもシンプルなのは良い事でしょうね。 それと余計な機能(笑)が無いのも好感度 高!  シッカリ測定して、サラウンドの事だけを追求してる姿勢は◎ 一方日本モデルは上位モデルでさえ ゴチャゴチャと付け過ぎ! 普及クラスはターゲットがソー言う方たちだから 何でもかんでも採用しても構わないが 上級モデルだからこそ もとリサーチして欲しいですね。 

    byアコスの住人 at2018-09-16 11:22

  2. ふかひれさん 海外製品はすごいですね。ヤマハの5200にも興味ありますが今の私にはかえそうにありません。レビュー楽しみにしています。

    byELVIS at2018-09-17 22:05

  3. ふかひれさん すみません。どうも、携帯、でのレスは、難しい。途中で切れてしまいます

    byX1おやじ at2018-09-18 09:07

  4. ふかひれさん
      多分 下流の 物量が かなり 違うように思いますよ。

    byX1おやじ at2018-09-18 11:39

  5. アコスさん、おはようございます。
    今週は忙しく、朝返信の時間が取れませんでした。

    16chアンプは温まってくると結構いい音していましたよ。
    日本でもシンプルAVプリが出るっと即買いなのですが、
    AV8805は、映画モード等使用していません。
    ダイレクトモードの方が格段に音が良くなっているので
    映画を観ても低音の迫力不足を感じることはありません。
    (AV8802Aの時は、迫力不足を感じ映画モードを使用していました。)

    byふかひれ at2018-09-22 05:41

  6. ELVIS さん、おはようございます。

    5100と5200の違いをしっかり観てきますね。
    サラオウンドAIの追加以外に他の部分がどのように変わったか
    私自身も興味があります。
    また、前回は5000を下取りに出し5100を差額13万位で購入できたと聞いております。

    byふかひれ at2018-09-22 05:47

  7. X1おやじさん、おはようございます。

    「CHRIS BOTTI IN BOSTON」を視聴するとき、我が家では2chでの視聴が多かった(AV8802Aからの名残で)のですが
    イベント後あらためてAV8805の7.1chにて試聴すると イベントでの音質と我が家での音質は大差ないことに気が付きました。
    チョッと評価が下がります。
    ただし、AURO-3Dはさすが本場ですので格段に各音に力強さを感じました。
    日本産のAVプリはAURO-3Dをうまく再現出来ていない気がします。

    byふかひれ at2018-09-22 05:59

  8. ふかひれ様

    初めまして。Auro3Dと申します。ハンドルネーム通り、Auro3Dを探究しております、まだこのコミュニティに入って半年にもならない新参者です。最近、検索機能があるのを知り、Storm Audioのキーワードでこの日記にたどり着きました。

    もう2年以上も前のことでよく覚えておられないかもしれませんが、ここに指摘してある、「日本産のAVプリはAURO-3Dをうまく再現出来ていない」という部分を、もう少し詳しく教えていただけませんでしょうか。

    私は現在、マランツの8805を使っているのですが、この日記で触れられている機種の後継機のISP MK2に関心を持っています。しかし、日本での発売開始発表から3ヶ月も経っても、どこのショップにも入っていないようで試聴する機会に恵まれていないため、情報を求めて探している中で、ふかひれさんの書き込みを見つけたのです。

    どうかよろしくお願いします。

    byAuro3D at2020-12-09 05:49

  9. Auro3Dさん、初めまして。

    レスに気づくのが遅くなり失礼しました。

    海外AVプリは、
    このStorm Audio ISP 3D.16ELITE と
    X1おやじさんのTHETA CasablancaⅢ の
    2台しか聞いたことはないのですが、
    日本製のAVプリに比べ大編成のオーケストラ物を
    マルチ再生したときにほぼ自然に聴こえる気がします。

    日本製は反響音が不自然に聴こえうるさく感じます。
    私のAVプリはAV8805ですが、大編成のオーケストラ物を
    聴くときは、ほぼ2chで再生しています。

    ただ、本文にもある通り価格差4倍の違いがあるかというと
    そこまで価値をみいだせませんでした。

    感じかたは人それぞれですから、実際に試聴することをおすすめします。

    byふかひれ at2020-12-11 04:10

  10. ふかひれさん

    おはようございます。ご回答、ありがとうございました。

    そうですか、「日本製は反響音が不自然に聴こえうるさく感じます」か。

    マイルームを拝見させていただきましたが、Tannoyでサラウンドシステムを組んでおられるのですね。私もかつて、同じ同軸のKEFで揃えていたことがあります(当時はパイオニアのAVアンプを使っておりました)。

    今はスピーカーは変わりましたが、今度は同じAVプリを使っています。

    ふかひれさんのオーディオルームの構造を存じ上げませんが、このコメントを拝見してなんとなく想像できることは、両者の自動音響補正システムの違いが大きいのではないかということです。

    私の伊豆の部屋はかなりライブなのですが、以前のKEFとパイオニアの組み合わせの時に比して、今のソナスとマランツの組み合わせの音は、よく言えば「ふくよかで艶やか」、悪く言えばおっしゃる通り、「反響音が不自然に聴こえうるさい」ともいえるかもしれません(個人的には、ちょっとエコーがかかっているような「幻想的な」音が好みなので、これはこれでいいのですが)。

    この新旧システムの違いは、もちろん数多くあるので、決定論的なことは言えないのですが、私の勘だと(笑)、パイオニアの補正システムMCACC-Proと、マランツのAudysseyの違いも小さくないような気がしております。

    Storm AudioやTrinnovなどの補正装置は、音量や音色のみならず、位相や群遅延(どちらの用語も文系の私は不案内です)なども補正するそうで、結果として出てくる音は、スピーカー間の音の重なり部分や共振などが少ない、Solidな音がするのではないでしょうか(聴いたことがないので、予想です)。

    なぜか東京近郊のショップでは未だにMK2の試聴の機会がないようで、今、輸入代理店に問い合わせているところです。視聴がかないましたら、また日記などでご報告させていただきます。情報ありがとうございました。

    なお、勝手ながらふかひれさんを「お気に入り」に入れさせていただきます。今後ともよろしくお願いします。

    byAuro3D at2020-12-11 08:06

  11. Auro3Dさん、おはようございます。

    相変わらず遅スレで申し訳ございません。
    「お気に入り」登録ありがとうございます。
    私も登録させて頂きました。

    MK2のデモがないのは最近のコロナのせいでしょうね。
    コロナが落ち着けばデモをやるのではないでしょうか。


    ところで、私が反響音に違和感を感じるのはそもそも強い反響音事態があまり好きでないことも影響しています。
    反響音が強いと各楽器の本来の音が埋もれてしまい、
    特にステージの奥の楽器が聴きとりにくくなってしまうからです。
    ほど良い強さの反響音は好きですよ。広い川原で吹いているトランペットなど反響音が皆無で寂しい音になってしまいますから。

    で、本題の海外製AVプリはご指摘の通り補正技術が進んでいるのでしょうね。
    確かStorm Audioの機器を導入すると、専門の調整係の人が導入宅にて機器の音響調整をしてくれるとのことでした。

    これからもよろしくお願いします。

    ふかひれ

    byふかひれ at2020-12-13 03:57

  12. ふかひれさん

    度々、すみません。非常に興味深いコメントをいただいたので、この記事の趣旨とは離れますが、どうしても独り言のようなレスをしたくなりました(笑)。

    >ところで、私が反響音に違和感を感じるのはそもそも強い反響音事態があまり好きでないことも影響しています。
    反響音が強いと各楽器の本来の音が埋もれてしまい、特にステージの奥の楽器が聴きとりにくくなってしまうからです。


    ふかひれさんのサイトをあたらめて拝見したところ、打楽器奏者でいらっしゃるとか。私は小学生の時にヤマハ音楽教室でピアノをいやいや始めさせられ、友達と缶蹴りがしたくて半年足らずで逃げた(笑)程度ですが、でも、やはり今でも楽器音の中ではピアノが一番好きです。やはり、「三つ子の魂、百まで」なのでしょうか。

    このコメントを読んで、自分はピアノの音のどこが好きなんだろうか、と改めて自問自答してみました。思い当たったのは、私は「余韻」(残響音)が好きなんだと。

    ハンマーが弦を打った瞬間のPulsiveな音より、その後部屋全体に消え行っていく「はかない」感じの音が好きなのです。バイオリンも同じです。オルガンも。

    ゆえに、私はLiveなオーディオ(ルーム)が好きなんだなと。音源も指揮者の位置で録音したようなものが苦手で、ホールの真ん中の席の音が好きです。要は「風呂場の鼻歌」が好きなんですね(笑)。つまりふかひれさんが求めておられる「楽器本来の音」とはやや方向性が異なり、「本来の音」が出た後の、「空間に残る音」が好きなんです。

    そして、複数の楽器がある場合は、それぞれの残響音が空間の中で混ざりあい、言葉にならない「間接音のハーモニー」ができますが、これは作曲者が意図した「直接音のハーモニー」とはまた異なったものでしょう。このある意味、「偶然の産物」を私はこよなく愛するのです。

    音(楽)の趣味は、絵の趣味と同じように、十人十色ですね。改めて考える機会を与えてくださり、感謝します。

    byAuro3D at2020-12-13 09:00

  13. Auro3Dさん、おはようございます。

    Audysseyの悪いところは、多点測定を行うくせに
    各SPの角度(横・縦)の認識?がないところだと思っています。
    各SP間の音量のバランスは調整してくれますが
    方向性の認識が多少曖昧なのではないでしょうか。
    特に天井にSPを配置した場合設置位置により曖昧差が大きいきがします。
    YamahaのCX-A5200には角度認識があるのに・・・
    AV8805の後継機にはこの辺も頑張っていただきたいところです。
    Audysseyを採用している限り無理かな・・。

    byふかひれ at2020-12-14 05:34