「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
6Moto
6Moto
友達いません。 音楽マニアでオーディオマニアにあらず。主役は音楽。それをスポイルするようなオーディオ論はごめん。アートが先んずるべし。 好きな音楽ジャンル(と主なバンド) Beatles:T…

マイルーム

6MotoのLiving(After Midnight♪~)
6MotoのLiving(After Midnight♪~)
持ち家(戸建) / リビング兼用 / 防音なし / スクリーンなし / ~4ch
基本、NASに溜め込んだ主にリッピングデータをネットワーク越しに聴きます。Squeezebox Touchや、2台のHDC-1L(オーディオPC)のWin7機でfoobar2000や、Linux機(A…
所有製品
  • フォノイコライザー
    AUDIO-TECHNICA AT-PEQ20
  • カートリッジ
    SHURE(カートリッジ) M97xE
  • スピーカーシステム
    BOSE 101MM
  • スピーカーシステム
    DIATONE DS-77HRX
  • ADプレーヤー
    PIONEER PL-30L

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

結局狩られた「ビートルズ1+」その1(?)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年11月09日

 既にバンドは無く、存命のメンバーも1/2なのに未来永劫限りなく続きそうなビートルズの「新譜」リリース。今回も一般ニュースで流れるほど話題となっておりました。いやはや、やっぱりビートルズってすごいんですね。2009年のリマスター発売のときも、当時でさえ珍しくもなんとも無かった「リマスター」という行為が大騒ぎになったのも記憶に新しいところ。今回の「新譜」も2回目の再発なわけですが、今度は映像が目玉という事もあって話題には事欠きません。

 ファンとしては「またかよ」と思いつつも財布に紐を緩めてしまうわけですが、さすがに全フォーマット(各国盤含め)をそろえるという根性(?)はなく、もっともハイ・スペックなものを価格面から輸入版でゲットしました。さて、今回の目玉は書いたとおり「映像」にあるわけですが、それだったらDVD&Blu-Rayだけで良いだろうという事は許さず、(マルチ・チャンネルの作成のついで、ってのもあったかもしれませんが)しっかり音声の方もリニューアルされました。それも「リマスター」ではなく、「リミックス」。この騒ぎで手にした一般人(とあえて書く)の何割が正しい意味を捉えているかはわかりませんが、マニアには一大事。ある意味、神の領域の「改変」ですから。もっとも、すでに前科はあります。「ロックンロール・ミュージック」や初CD化の際の「ヘルプ!」や「ラバー・ソウル」などはともかくも、「ラヴ」は、「ついにやってしまったか!」というものでしたし。ある意味「ラヴ」は特殊だとしても「イエロー・サブマリン・ソングトラック」もあったし、「レット・イット・ビー・ネイキッド」もあるじゃないか、いやいや、現役時代にも米キャピトルの「勝手ミックス」ってのもあったじゃないか、と、もう一般人にはどうでもよい話に(笑)。

 それはともかく、ぼちぼちネット上でも賛否渦巻く肝心の「リミックス」の評価もともかく。オーディオ・コミュ的に話題にしなければならないのは、やはり「ハイレゾ」でしょう。Blu-RayにはPCM Stereo 96kHz/24bitの文字が躍っております。5.1chのダウンミックスなのか、アプコンでは無いのかとかどうかはいちいち調べていませんし、調べて書こうとは思いませんが、リンゴUSBに続くビートルズ楽曲のハイレゾ音声(「ラヴ」にもDVD-Audioは存在していますが)です。どうせなら、音声としてダウンロード販売もして欲しいものですが、これは次ネタとしておこうという魂胆でしょう(笑)。ハイレゾ・ブームな昨今にしては意外にこのネタはネット上でも希薄で、本当の意味での「ハイレゾ・ブーム」はビートルズが次ネタとして大々的に売り出した後なのかな?なんて言うのもあながち考えすぎでもないのではないかということでこの話、一度閉めておきたいと思います。(なんのこっちゃ)

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする