「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
6Moto
6Moto
友達いません。 音楽マニアでオーディオマニアにあらず。主役は音楽。それをスポイルするようなオーディオ論はごめん。アートが先んずるべし。 好きな音楽ジャンル(と主なバンド) Beatles:T…

マイルーム

6MotoのLiving(After Midnight♪~)
6MotoのLiving(After Midnight♪~)
持ち家(戸建) / リビング兼用 / 防音なし / スクリーンなし / ~4ch
基本、NASに溜め込んだ主にリッピングデータをネットワーク越しに聴きます。Squeezebox Touchや、2台のHDC-1L(オーディオPC)のWin7機でfoobar2000や、Linux機(A…
所有製品
  • フォノイコライザー
    AUDIO-TECHNICA AT-PEQ20
  • カートリッジ
    SHURE(カートリッジ) M97xE
  • スピーカーシステム
    BOSE 101MM
  • スピーカーシステム
    DIATONE DS-77HRX
  • ADプレーヤー
    PIONEER PL-30L

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

秋の音源狩り1

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年11月13日

 音源狩りが止まらない今日この頃なので、私的メモとしても書き残しておこう。

Sabaton:Heroes+Live From The Sabaton Cruise 2014
矢場豚でもサバ缶でもないです。数多くのバンドが出演するフェスでは思わぬバンドの発見も一つの楽しみですが、そんな今年のLoud Park 15のめっけもんはスウェーデンの彼ら。戦車のセットもさることながらパフォーマンスとオーディエンスとのコミュニケーションで多くのファンを掴んだ事でしょう。ネット上でも賛辞爆発でここぞとばかりに日本でもバックカタログ一斉リリースです。私も前知識なしでヤラレたクチなので、早速彼らの作品を購入。この作品は最新アルバムに2枚のライヴ盤をカップリングしたお徳用3枚組で、ライヴの方は日本では来日記念盤として切り売りリリースさされました。ただ、3枚組でも日本盤より安いですからねぇ…。と、お得なこちらを購入。肉体メタルManowarのような戦闘メタルですが音楽性は似て非なるもので、シンフォニックで分厚く、フォーキーな曲もあったりと民族性も聞かれます。オーディエンスとのやり取りも余すことなく(?)収録されておりますが、映像で見たい気がします。再来日も近いかな?

Sabaton:Carolus Rex(Swedish Ver.)
同じくサバトン。一つ前のアルバムで、基本英語で歌う彼らですが、これは自国のファンに向けた母国語ヴァージョンをボーナスディスクとして付けた2枚組です。彼ら自身も英語では表現し切れていないと語っていますので、母国のファンの愛聴盤となっていることでしょう。全くわからない言語ですが(笑)、何かこっちのほうがいいよ。

Stryper:Fallen
ライヴで聖書をばら撒き、一歩間違うと工事現場な黄黒ストライプ・ファッションで一世を風靡し、クリスチャンメタルと言うジャンルを確立した(?)代表的バンド。当時日本でも非常に人気があり、来日公演のライヴビデオもリリースされ、BSでも来日公演が放映されました。一時期消滅しておりましたが、オリジナルメンバーで再集結しコンスタントに活動を続けております。これが作品ごとに見事に上げ潮で、第二次ピークを迎えたと言っていいと思います。美しいハーモニーと、エッジの聞いたメタルサウンド(とやかましいスネア)が特徴で、力強いハイトーン・ヴォーカルも衰えを知らず、ヴォーカルは各種プロジェクトにも参加しています(あのBostonのツアーにも参加しておりました)。個人的には前作の方がトータルでバランスの取れた秀作だと思いますが、本作も一度聞いたら耳から離れない秀逸なメロディが満載で、聞き込んでいくごとに印象は変わっていくかもしれません。

 今日はこのあたりで。偶然ですが、先日のSaxon含め、みんな"S"ですな。SlayerもLoud Park 15は圧巻でしたし、"S"の年ですな

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする