ラッキーチャンスをもう3度
ラッキーチャンスをもう3度
元来音楽と映像が大好きな人間ですが、より良い音で楽しみたいと思うようになり、機材にも目を向けるようになったのが5年程前のことです。 オーディオに全く興味のない家内の厳しい目を意識しつつ、心もとない財…

マイルーム

豊かなオーディオライフを目指して一歩づつ前進!
豊かなオーディオライフを目指して一歩づつ前進!
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~80型 / ~7.1ch
もともと機械に全く興味がなかったのが、不惑の年を迎えたころから大の機械好きに。 パソコン弄りから始めたのですが、ちょうどネットワークオーディオやハイレゾという言葉が世に出始めたところで、元来の音楽好…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

リビングルーム・オーディオ/システム変更しました

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年05月22日

ラッキーチャンスをもう3度 です。約一年ぶりの投稿になります。

この一年、仕事が忙しくなり散財の原因だった「飲み歩き」をぐっと減らした結果、想定以上の貯金ができたので(どういう飲み方をしていたの?という話ではありますが)、ちょこちょこと機器の入れ替えをおこなうことが出来ました。

自分なりに納得のいく環境にたどり着いたので(現時点でこれ以上の背伸びをすると大ケガしそうです)、あと2年くらいはこのシステムで音楽を楽しみ、次なるステージにすすむ為、蓄財にはげむ決意をした次第です。

そこで、機器入替の備忘録と“蓄財の決意”もかねて、現時点のマイ・ルーム情報をアップデートいたしました。

まずはメイン・システムであるリビング・オーディオセットから。



約4年間、B&W684をメイン・スピーカーにしてきました。映画鑑賞時の不満はなかったのですが、音楽を聴くときの出音が散漫な気がしたので(縦に長いという見た目の影響が大きい可能性もありますが)、ブックシェルフ型のEPICON2を選択。



試聴を重ねて決めたのではなく、立ち姿(横顔)の美しさと、オーディオに興味を持つきっかけとなったのがDALI LEKTOR 2であったこともあってのDALI1点チョイスです。(これでサラウンドバック以外すべてDALIになりました)
高域は明瞭かつ綺麗な音を奏でてくれます。ボーカルは抜けがよく、艶を感じます。低域も時間を重ねるにつれ、見た目よりはるかに力強い音が出てくるようになりました。
違う種類のスピーカーケーブルでバイワイヤリングをしたせいか(自分なりに工夫をこらしたつもりですが)、曲によって低域のキレ、バランスの悪さを感じることもあるので、シングルに戻すか、同一のものにするか、詰めてみようと思いますが、総じて大満足です。

アンプはPM15-S2からPM11-S3へ。この変更が一番衝撃的でした。スピーカーの入れ替えより先にこちらの変更を行ったのですが、同じレベル(db)で聴いても段違いにエネルギッシュな音がスピーカーからはじけ出てきたので感激してしまいました。
これまで聴こえなかった音が聴こる、という感覚を体感できたのも、このシステム変更でした。アンプの影響力の大きさを身をもって知ることができました。



プレーヤーはOPPO BDP-103DJPからBDP-105D Japan Limitedへ。これも大きな衝撃を受けました。まず躯体の高級感がグッとアップ。厚み、重量が増し、本体の操作ボタンは物理ボタンからタッチパネル式に。「アップグレードした」という満足感を得ることができました。



そして、音のほうも格段にレベルアップ。とにかく音圧が違います。プレーヤーでこうなるの?と驚きました。圧縮保存した音源でも質量を感じる音に。定位や奥行という言葉の意味も初めて分かりました(いや、分かったような気がします、くらいにしておきます)。
レコードを聴く比率も減ったくらいのインパクトがありました。


とはいえこちらも大のお気に入り、7:3が均等になったという感じでしょうか。

まだトライしていませんが、BDP-105D Japan LimitedはUSB-DACとしてDSD11.2もネイティブ再生できるとのこと。どんな感動をえられるのかワクワクしています。
ネットワーク・オーディオ機能を使うにはリモコンだけではダメで、液晶モニターないしはスマホ・タブレットを使わないといけないというのが、唯一不便を感じるところ(使い方によってはとても便利、とも言えますが)でしょうか。

結論として、この3点セットの変更により、オーディオ・ライフの満足度がケタ違いにあがりました。

あと、SWをYAMAHA NS-SW210からTEAC SW-P300に変更しましたがこれは微妙な買いものでした。購入動機も「テレビ画面と左右SPの位置関係をシンメトリーにするためAVラックと縦横サイズがマッチするもの」という中途半端なもの。
音楽視聴には使わず、映画鑑賞の時間もままならないうえ、出音もSWという性質上(と言いきって良いのでしょうか)、価格差を実感できるような改善を感じませんでした。(メーカー側もハイレゾ視聴用を謳っており、そもそも利用用途があっていない)

やはり「コレ欲しい!」という強い欲求無き買い物は控えなくては、ということを学びました。

その他、電源タップをダイソーからオヤイデに変えてみたり、各種ケーブル類を替えてみたり、ほとんどの場合で良い結果を得られたと思います。

兎に角、2年くらいはこのシステムで音楽を楽しみたいと思います。皆さまの日記を読み、いつかは自分も、という妄想にひたりながら・・・

次回は、書斎のサブ・システムの変遷備忘録を書きます。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. はじめまして

    お使いの機器達、とても美しいですね。私も納得です!

    インテリアや空間も含めて素敵な環境がうらやましいです。

    さて、PM-11S3ですが私も使用しておりまして、個人的ではありますが小音量の音の美しさは特筆すべきものがあります。

    通常の音量で聴く際も音のパワーが有り余るほどストレートに力強くまっすぐ聞き手に伝えてくれるこの駆動力に私もやられてしまいました。

    是非大切になさってください。また素敵な音の出会いが使い込んでいくうちにありますようにお祈り致します。

    byつぎ at2016-05-22 08:11

  2. こんにちは。私もPM11S3です。
    雑誌ステレオサウンドNo186に、各社プリメインアンプ11種の比較記事があります。

    マランツPM11S3は 「今回の中で屈指の力感、図太さが抜群、エネルギッシュでパワーがある、しっかりしたボデイ感がある。」 と表現されてますね。実際に聞いてみてまさにその印象です。

    録音のあらもあからさまにしますので、音源は選ぶ方と思いますが、そこはマランツのポリシーですね。DENONとはだいぶ違うのも面白いです。

    byYongJoon at2016-05-22 08:28

  3. ラッキーチャンスさん こんにちヮ!   アコスです。


     THE リビングオーディオ って感じで 素敵な仕上がりですね。  以前の様子が伺えないのでちょっと残念でした。

     しかし実に計画性がある行動をなされるのですね (^^♪  次は2年後なんですね(笑)  しかし、いっぺん(一度)に逝って仕舞うと、何が良かったのか? マイナス要因は無かったのか?  少し楽しみが減って仕舞う様な・・・ と、私は思ってしまいます。


     私的には今年を『我慢の年』として、蓄えに励みたいトコロです。 と、言っても収入が増える見込みはなく、支出は増える事もないが減る事は無いので・・・ 蓄えは微妙な増加でしょうね(笑)


     
     ラッキーチャンスさん邸は 非の打ちどころが無い綺麗な仕上がりですから・・  色々な音楽や映画をこれからも楽しまれて下さい。


     アコス…。

    byアコスの住人 at2016-05-22 12:24

  4. つぎ さま

    はじめまして、レスありがとうございます。

    > PM-11S3ですが私も使用しておりまして、個人的ではありますが小音量の音の美しさは特筆すべきものがあります。

    仰ること、よく分かる気がいたします。

    いまは音量を上げたほうが、より良さを引き出せるリスニング環境で使っていますが、いずれ書斎のニアフィールド環境で小音量も試してみたいと思っています。たぶん大感激できると思います。

    マイルーム(ユアルーム?)拝見いたしました。

    積極果敢にオーディオ道を突き進んでいるようにお見受けします。横から色々と勉強させて頂きますので、引き続き宜しくお願いします!

    byラッキーチャンスをもう3度 at2016-05-22 21:51

  5. Yong Joon さま

    レスありがとうございます。

    >こんにちは。私もPM11S3です。

    はい、このコミュニティに参加したときから、PM-11S3を狙っており、Yong Joonさんが当機をお持ちなのは知っており羨望の眼差しで見ておりました。

    >マランツPM11S3は 「今回の中で屈指の力感、図太さが抜群、エネルギッシュでパワーがある、しっかりしたボデイ感がある。」 と表現されてますね。

    実際に視聴している今、非常に腹落ちする評価ですね。

    DENONも当初は候補にいれていたのですが、マランツのほうが自分の趣味にあうと感じた一方、これまでメインで使っていたPM15-S2の線の細さ、非力さが気になることも多々あり、当機に対しても多少の不安を感じておりました。
    しかし、全くの杞憂に終わりました。

    オーディオに対する、探究心と知識にいつも感服しております。今後ともよろしくお願いします。

    byラッキーチャンスをもう3度 at2016-05-22 22:02

  6. アコス様

    ご無沙汰しています。

    >非の打ちどころが無い綺麗な仕上がり

    過分なコメントありがとうございます(汗

    >以前の様子が伺えないのでちょっと残念でした。

    最初は元の写真も残そうかと思ったのですが、ほぼ変わり映えしなかったものでやめておきました。
    我が家にはオーディオ機材をラックからハミ出させてはならない、という厳しい規定があり、フタを閉めるとほぼほぼ変化無しです(笑)

    私の目にはアコスさんの部屋がTDLかUSJのように映り、本当に羨ましい限りです! やはりいつかは専用ルームが欲しいです。

    >いっぺん(一度)に逝って仕舞うと、何が良かったのか? マイナス要因は無かったのか?  少し楽しみが減って仕舞う様な・・・ と、私は思ってしまいます。

    仰る通り、一度にいくと一つ一つの機器入替による変化の体感という、オーディオならではの大きな楽しみ、知見獲得のチャンスを失ってしまいます。

    とはいえ、次回は大物狙いで行きたいとも思っており、暫くはこの環境で我慢しよう(←この言葉が既に危ないですね)という戒めを含めて2年間はこのままで、と書きました。

    しかしながら、、アコスさんの鋭いささやき(?)に早くも心がゆらぎはじめてます。正直チャレンジしてみたいことは山程あるので、近々前言撤回をさせて頂く可能性大、ということにさせて頂きます(笑)

    byラッキーチャンスをもう3度 at2016-05-22 22:25

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする