assi
assi
理論?派・自作ローコストオーディオをやってますが、実はハイエンドやオカルトも好きだったりします。よろしくお願いします。

マイルーム

リビングオーディオ
リビングオーディオ
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~120型 / ~5.1ch
メイン:自作3wayマルチアンプ サブ:LinuxによるPCオーディオ 3wayマルチアンプだったり、フルレンジの時もあり。気分で変わります。
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

位相補正

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月01日

独り言。

任意の周波数音圧特性(位相フラット)のフィルタを作るのは簡単です。
任意の周波数位相特性(音圧フラット)のフィルタを作るのは簡単です。
この2つを組み合わせれば、どんな特性のフィルタも簡単に作れます。
難しいのはどういう測定結果に基づいてどういう特性のフィルタにするか決めることです。

フィルタを掛ける(畳み込む)のはminiDSPやトリノフなどのハードを使ってもPCでソフトで行っても数学的には「同じ」です。

DIRACにしろトリノフにしても結局メーカーの想定した特性にしかなりません。
自作派としては自分でフィルタを作るのが面白いと思ってます。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. はじめまして assiさん

    REW+rephase使ってフィルタ作成はやりました。
    プログラム自作までは私には難しくてついてけません。
    調整や測定もハマると沼で難しいです。
    やはり市販のソフトやハードは素晴らしいなと思いました。

    byzukinkun at2020-11-01 22:23

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする