assi
assi
理論?派・自作ローコストオーディオをやってますが、実はハイエンドやオカルトも好きだったりします。よろしくお願いします。

マイルーム

リビングオーディオ
リビングオーディオ
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~120型 / ~5.1ch
メイン:自作3wayマルチアンプ サブ:LinuxによるPCオーディオ 3wayマルチアンプだったり、フルレンジの時もあり。気分で変わります。
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

Raspi-Xover

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年07月17日

久しぶりにRaspiチャンデバの紹介です。

Raspberry Pi をファイルプレーヤー兼チャンネルデバイダ兼イコライザ として使用します。

HDMIのLPCM 8chを利用して96kHz24bitで出力します。

再生ソフトはMPD、チャンデバソフトもすべてフリーソフトです。

構成
raspi → HDMIケーブル → AVアンプ(7.1ch対応) → 自作3WAYスピーカー


インストール法


iirチャンデバは24dB/OctのLR、各ch4つまでのパラメトリックイコライザが設定できます。

firチャンデバは各ch 16384tap のフィルタが使えますがフィルタの設計にはoctave等の数値計算ソフトが必要です。

興味のある方は試してみてください。
(フィルタゲイン等のチェックはしてないのでユニットを破損しないように注意が必要です)

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. assiさん こんにちは~

    ラズパイ持っていてfirとiirの違いを体感してみたい人には最適なパスかも(^^。(ちなみに私はfirもiirも殆ど違いを感じない駄耳と分かっているので安心しきっています。)

    2007年頃、WindowsXPとFoobar2000によるソフトウェアチャンデバが盛り上がりかけた事がありましたが、その導入の簡単さとは裏腹に一般的にはなりませんでした。最近は良いDSPがパワーアンプに装備されているし、PCがフリーズしたらどうなるか怖いWindowsのタイプは、リスキー過ぎたのかもしれません。Linuxのラズパイならもう安定していますよね。

    なんにせよ、フリーというのは強み。
    ラズパイお持ちの人は、ぜひ遊んでみて欲しいですね(^ー^

    bynightwish_daisu at2021-07-17 14:59

  2. nightwish_daisukiさん、こんばんは。

    firとiirで音質差があるわけではありません(個人の感想)。firの方が自由度が高いので必要な特性が簡単に得られるのです。
    iirだと細かい補正をしようとするとかなーーり面倒になります。
    そんなわけで私はfirをメインに使ってます。

    byassi at2021-07-17 18:50

  3. assiさん こんばんは

    スクリプト拝見しました。
    以下は必要なくなったのでしょうか?
    sudo apt-mark hold libraspberrypi-doc raspberrypi-bootloader libraspberrypi0 libraspberrypi-bin libraspberrypi-dev

    bycoal at2021-07-17 19:52

  4. coal さんこんばんは。
    現在の Raspberry Pi OS では大丈夫みたいです。
    不具合があったのは一時的みたいです。

    byassi at2021-07-17 20:26

  5. ありがとうございます

    >現在の Raspberry Pi OS~
    bullseyeになっても使えそうですね。

    bycoal at2021-07-17 21:54

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする