さんぼ
さんぼ
アニオタです。 仕事の関係上部屋にこもりっぱなしなので、 ちょっといい音をとAVアンプを買ったら いつの間にやらセパレートにまで… 良く聞く音楽のジャンルは アニソン全般(サントラ多…

マイルーム

本だらけの部屋
本だらけの部屋
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
現在のシステム オーディオ用 プレイヤー:RaspberryPi2 DAC:Audio-gd Master-7 プリアンプ:Audio-gd C-3FV パワーアンプ:Audio-g…
所有製品
  • ヘッドホン
  • ヘッドホン
    AKG K701
  • ヘッドホン
    SENNHEISER HD650
  • ヘッドホン
    SENNHEISER HD800
  • ヘッドホン
    FOSTEX TH900

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

Raspberry Pi 2でi2s出力

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年07月15日


プレイヤーをSqueezebox Touch(USB接続)からRaspberryPi2(I2S接続)に変更しましたので、その顛末などを書いてみたいと思います。ちょっと長くなりましたので音質について知りたい方は導入までの部分はすっ飛ばしてください。

・導入まで
Squeezebox Touch(以下SBT)は米Logitechが販売していたネットワークプレイヤーで、日本では未発売でしたので、私は四年ぐらい前に個人輸入してずっと使ってきましたが、ここ最近SBTのディスプレイのバックライトが寿命間近というのが伺えました。
また、24/96kHzの楽曲を再生すると稀に早送り再生したような状態で再生されてしまうという事があり(これはおそらくDAC側のUSBチップのファームウェアの問題だと思います)代替え候補を探しておりました。
ちなみにSBTは海外でも販売終了しており、後継機も出ていません。

色々と情報を調べる中行き着いたのがRaspberryPi2(以下RP2)のpiCorePlayer(以下pCP)でした。
これはRaspberryPiをSqueezeboxのクライアントにできるディストリビューションで、Squeezeboxサーバーが構築済みの当方の環境にはうってつけです。
その上i2s出力ができるという事で、ずっと遊んでいたうちのDAC(Audio-gd Master-7)のi2s入力が使えるのでは?という淡い期待がありました。
あと安いから失敗しても痛くない(笑)

と言う訳でとりあえずRP2をアマゾンで購入。
ただRP2のi2s出力はMCLKが出力されておらず、
MCLKが不要なDACを使うか、MCLKをどうにかして作り出すかしないといけないようで、今回はお気楽オーディオキット資料館さんで頒布しているRP用のMCLK生成基板MCK GEN-BPLUSを使いました。
ケーブルの配線を間違えて音が出ず立ち往生したりしましたがなんとか音出しできました。


これが最終的に完成した状態です。
ちょうど音出しできた頃にphilewebでRaspberryPiの記事があり
そこで見かけたUSBパワーコンディショナーを導入してみました。
こちらの効果に関しては…あるかなー?ぐらいの感じです。
また時間がある時に外して聴き比べしてみたいですね。

・音質
さて肝心の音ですが、はっきりと変わった事が分かります。
解像度があがり付帯音が明らかに減りました。
音の分離感もよくなり、各楽器の音が生々しくなります。
にじみが取れたせいか低音の量感が少し減ったように感じ、
最初に聴いた時はドラム系のアタック感が少し失われたように思いましたが、
数日聴き続けた今はそうも思いません。(耳がエージングされたのかな?)

硬くなる、hifi調になるという方向の変化だと思います。
柔らかい音が好きな方には向かないかもしれません。
個人的にはi2sすごい!と思いました。

・問題点
192kHzの楽曲を聴くと凄まじいノイズが入る事が分かりました。
i2sケーブルかMCK GEN-BPLUSに電源として使用しているスイッチング式のACアダプタが怪しいかなと思いとりあえずケーブルから対策してみることに。


接続のために作ったi2sケーブルです。
右端が実験用のテストケーブル(これで音出しできました。)
右2が14cmくらい。192kHzでノイズがでます。
真ん中が8cmくらい。ノイズ対策で短くしたものの効果なし
左2は結局試してません、他と違いフラットケーブルです
左端が22cmくらい。これでDACの上に設置すると192kHzでもノイズが出ませんでした。


i2sケーブルは短いほど良いという情報があったのですが、短いと
ちゃんと設置できずに機器の背後にぶら下げる形となっていました。
このようにDAC上に設置するとノイズが出なくなりましたので設置環境の影響を強く受けそうです。
またノイズの出なかったケーブルはシールドが二重にされていたのでその効果もあるかもしれません。

・設定等ソフトウェア面

pCPをマイクロSDカードに入れRP2を起動すると、うちのSqueezeboxサーバーで
自動で認識されていました。後はサーバーの方で確認したpCPのIPにブラウザ
でアクセスしこのAudio outputの項目をI2S-audio genericに変更してSAVEを
押すだけです。
他の設定は変更していません。
Linuxの知識も特に必要ないので非常に簡単です。

・総評
正直言って自分にとってはかなり良い方向の変化でした。
とりあえず音出し確認したらSBTに戻してSBTを壊れるまで使うつもりでしたが、今はSBTに戻すつもりはありません。ただリモコンが使えなくなったのが辛いので現在はSBTをリモコン用にpCPと同期させています。

ちなみにWindowsのSqueezeplayと言うソフトでもpCPとの同期ができるのでコントローラー、再生曲確認用に使えます。

次回の日記→

←前回の記事

レス一覧

  1. こんにちは、はじめまして。かもんと申します。

    私はRP(1も2)も全く不案内ですし、I2Sケーブル(コードアサイン詳細も)同様に不案内です。

    共通点は、フラッシュメモリに保管しているデジタル・オーディオ・ファイルを再生用に使用しているという点のみです。ですから、焦点ぼけになっているかもしれませんが、私の経験から申し上げると、

    ①RP2駆動用の電源の品質は極めて重要だと思います。

    ②I2Sケーブルが自作できるなら、いろいろなケーブル素材を試してお気に入りの音質を出す素材を探す楽しみがあります。少ない出費ですみます。

    ③音源は、USBメモリ(ですね?)をRP2に直挿しとお見受けしましたが、15㎝程度の延長USBケーブルを使ってRP2と中継すると、音質改善すると思います。ダメだったとしても少額出費ですみます。もし改善したら、その理由を別途説明することができます。

    少しでもお役に立てれば幸いです。以上、お邪魔しました。

    byかもん! at2015-07-15 14:31

  2. こんにちはかもんさん

    レスありがとうございます。
    オーディオファイルは現在フラッシュメモリではなくNASに入れてネットワーク経由で取り出しております。

    電源は重要ですね。RP2の電源はEL SOUNDさんのアナログ電源を使っておりますが、MCK生成基板の方の電源がスイッチング電源なので、これは追々トランス式の電源に変えたいなと考えております。

    I2Sケーブルは既存のLANケーブルを加工しておりますので、いずれオーディオグレードのLANケーブルを使って作成してみたいなと思います


    USBメモリは使っておりませんが、そういう改善方法もあるのですね。参考になります。
    ご助言ありがとうございました!

    byさんぼ at2015-07-15 16:48

  3. あらためまして、お邪魔します。

    レスしようと思った動機は、画像にあるI2Sケーブルの自作品をみたからです。I2Sのピン・アサインは知りませんが、これが自作できるなら、コード素材をいろいろ取り替えて遊んでみれば、思いがけず良品質の音質が得られる可能性があると思ったからです(これは私がSSDとBDP-105JPというプレーヤーをつなぐUSBケーブルを完全自作してきた経験知に基づくものです)。

    その念頭にあったのは、Oyaideのヘッドフォーン用のリケーブル素材です。メーターあたり500円もしないでしょう。Audioグレードと銘打ったLANケーブルは、お金を捨てるだけです(USBケーブルを完全自作してきた経験知)。ですのでポイントは、I2Sが完全自作できる仕様かどうかと言う点ですが、ズルをしてI2Sのピン・アサインを調べずにこうしてレスしています。ソリー。

    トランス電源ですが、エルサウンド電源はそれなりの性能を確保していますが、他には、
        RAL-AC05-03(↓)
        http://www.ratocaudiolab.com/product/accessories/ral_ac05_03/
        コーセルの G1タイプ(5V-1A)
    も検討されてはどうかと思います。コーセルは、直流・交流とも電線は自作が必要です。

    byかもん! at2015-07-15 18:07

  4. かもんさん
    レスありがとうございます。

    なるほど、当方のI2SケーブルはDAC側の端子がRJ45なのでRJ45用の圧着ペンチを買えば一から自作する事は出来そうです。
    その方向でも検討して見たいと思います。

    トランス電源の情報もありがとうございます!
    参考にさせていただきます。

    byさんぼ at2015-07-15 19:48

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする