りっきー
りっきー
どうも!りっきーです! 集合住宅から戸建に引っ越したのを機に自宅兼仕事場のAV環境をグレードアップさせました 好きな音楽は東方同人CD 主に仕事しながら聞いてます 基本PCオーディオ。…

マイルーム

六畳一間のお城
六畳一間のお城
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
基本DACにUSB接続でPCオーディオをやってます。
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新のレス

日記

日記へのレスはありません

製品レビュー/コメント

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気にいられユーザー

日記

C3850!こいつはすごい奴です!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年11月04日

せっかく日記を再開したのでもしこれから自分と同じ機材を購入しようとしている人のために使用感なんかを書いていこうかと思いますん。

自分もネットの情報には大変お世話になりましたからね。
こういう情報は共有していこうかと。
まあ私感ははいりますがね!オーディオは信仰が大事なので仕方ない。

で、その第一弾がこれ


日本が誇る高級オーディオメーカー、アキュフェーズのプリアンプC3850です。
まず自分がこの機種を選んだ最大の理由は、ボリュームのコントロールのしやすさです。
この製品のボリュームは

60dBまでがリモコン一押しで+2dB
60~50dBまでが一押し+1dB
50から30dBまでが一押し+0.5dB

と、このように帯域によって上がり幅が違い、特に50~30の間ではとても繊細な音量設定ができます。
ですが現実問題、日本の六畳間で50~30なんて大きすぎて普通ならとても聞いてられません。
つまりせっかくの繊細なボリューム機能が使えないわけです。
ですがC3850にはボタン一つでデフォルト20dB音量を下げてくれるアッテネーター機能があり、これを使えば狭い部屋でも50~30の間の繊細なボリューム機能を活用することが出来ます。
これによって自分が今聞きたい理想のボリュームを選べ、なおかつちょっとリモコンを押しただけで音量が跳ね上がり、夜中に爆音を鳴らしてしまうという事故を防ぐことが出来るんですね。
自分は夜中に仕事をしながら音楽を聴くことも多いので、これは大変助かってます。

利便性は◎です。

そして音質ですが、なんといっても突出してるのは音場の広さです。
購入前にラックスマンのC900uやアキュのC3800とも比較しましたが、両者を完全に圧倒しています。
その広がり方はさながら宇宙空間で、部屋の広さを何倍にも感じさせる開放的ななりっぷりを聞かしてくれます。
パワーアンプのほうは実はラックスマンもかなり良くて迷ったのですが、プリアンプはもう即決でした。C3850、本当にすごい奴です。
スピーカーを内振りではなく、平行気味に配置するのが好みの人には最高のプリアンプであることを保証します。

この日記がC3850の購入を考えている人の助けになればいいなぁ。



暗くするとカッコいい!
まあマッキンには負けますがwアレはかっこ良すぎでしょう・・・ずるい

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする