cocoa
cocoa
趣味でスピーカーや家具を作っています。 今回はウッドホーンを製作してバーチカルツインにシステムアップしたいと頑張っています。

マイルーム

自作の部屋です。
自作の部屋です。
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
狭い部屋なので出来るだけ簡素にして楽しんでいます。
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

スピーカー端子の功罪

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月15日

・前から気になっていたこと
  TADのユニットを使用て、すべて設計した自作のバーチカルツインタイプのスピーカーが完成し時に、2wayマルチのため接続間違いでドライバーを飛ばしたりしないようにと、スピーカーコードの接続にはスピコンを使用し、ウーハーとドライバーの接続端子を変えることによって接続ミスのないようにしていました。
 ところが暫く聴いていると音は出るけど、音楽がまるで一本調子で細かいニュアンスが表現されず、小音量では全く聴くに堪えませんでした。
 そこで少々乱暴ですが、スピーカーユニットの端子にスピーカーケーブルを直結にしてみたところ、ベールを3枚も4枚も剥いだように小音量時でもしっかり聴けるようになりました。

・スピーカーのバージョンアップ
  TADのユニットを使用した自作のバーチカルツインタイプのホーンですが、昨年fc200Hzの大型ホーンを作って載せ替えをしました。
  これを機会に、電線病が徐々に頭をもたげて、もっと良くなるのではないかと欲をだした結果、泥沼にはまることになります。
 当初はスピーカーケーブルを直結にして満足していたのですが、直結だとスピーカーケーブルの交換が簡単に出来ないために、せめて音質の劣化がないスピーカー端子やバナナプラグにしてケーブルを試したいと探したのですが、ほとんどが銅合金でバナナプラグにおいては接触の問題で柔らかい純銅などは難しいようです。
 やっとのことで、純銅のスピーカー端子とY字端子を探してスピーカーケーブルの交換が簡単に出来るようになりました。

・音楽を聴いて感じた違和感
 スピーカーケーブルを何種類も聴いて、あるケーブルで電線病も落ち着きやれやれと思って暫くは満足して良かったのですが、何か違和感を覚え良く聴いてみると、
 1つ目は左右のスピーカーの音質の微妙な差
 2つ目は左側に定位が流れる(壁からの反射音が大い?)
 3つ目は音楽が低音(ウーハー)から高音(ドライバー)になると左右の定位が動くこと
 4つ目はエコーのかかりや細かいところが分かりにくい(音が鈍い?)

・再生装置のチェック
  私の場合は入口から出口まですべてバランス接続のため、長さの関係で自分で作ったXLRケーブをまず疑い点検を始めました。
  入口のDAC、フィデリックスさんにお願いした2Wayのフィルター、パワーアンプと、テストソースを使ったテストでは出力にばらつきや問題が見つからず、問題はスピーカーとなりました。
スピーカー以降だとすると、スピーカーユニットのばらつき、スピーカーボックスの製作誤差、ホーンの製作誤差の確認から始まり、スピーカーの設置位置、背面の家具の見直しなどいろいろ考えられるので、1つずつテストと測定をしましたが原因は不明でした。
 左右のバランスなどは調整したものの 悶々とした日々を過ごしていたのですが、たまたまアンプの移動をすることにしたきに、気に入ったスピーカーケーブルが決定して、設置位置が決まれば特にバナナプラグで頻繁に差し替える必要もないと考え、当初のころを思い出してシンプルに再度スピーカーユニットの端子に直結し、アンプのスピーカー端子にもプラグを使わず接続することにしました。
 まさかスピーカー端子やY字、バナナプラグだとは思っていなかったのですが、その結果は驚くほどで、左右の音質差は全くなくなり、左右の定位もセンターにしっかり定位して動きません。
 さらにバイオリンやピアノなどで、低音から高音へ動くときの音像の移動など違和感もなく、大音量でなくてもホールトーンやエコーなど細かな音の動きも良く分かりようになりました。
 今回はスピーカーケーブルの両端のバナナプラグとスピーカー端子、そしてスピーカー端子からユニットに行くケーブルの両端にある端子と、ざっと5個の端子によって起こった障害でした。
 今回使用した端子がそれほどの粗悪品だったとは思えないのですが、ほとんどの方も使われているだろうプラグの功罪について考えさせられました。 
 何とか問題解決が出来て助かりましので、これで暫くは悪い虫も治まりそうです。
 これは私の装置と私の感じたことなので、表現についてはご容赦ください。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. こんにちわ、cocoaさん。reviathです。

    スピーカー端子の話ですが、私的には端子がSPキャビに固定されているため、SPの振動をダイレクトに受けている影響も大きいと思います。

    良くケーブルにスペーサーを噛ませて床から浮かせると音質改善になりますが、コレもSPの音圧を受けて振動している床の影響を抑えた事に依ります。

    もちろん端子の材質や構造の影響も少なくないハズですが、振動の事にも注視すると良いと思います。

    byReviath at2020-07-17 17:19

  2. Reviathさんありがとうございます。
    おっしゃる通りスピーカーの振動は悩ましいですよね。
    BOX自体はインシュレーターでアイソレートしていても、中の配線材の振動まではなかなか処理ができないですよね。
    私の場合は、箱の中の補強はに80×60mmのフレームを組んでいますが、これに沿わせて固定しています。
    良く見てみると、スピーカーユニットの端子もかなり頼りないですね、せめてGTサウンドのユニットの端子くらいのものを付けてほしいですね。
    そうすれば振動にも、配線の接続にも安心できるのですが。

    bycocoa at2020-07-17 17:36

  3. cocoaさん、はじめましてこんにちは

    これには自分も同意します。
    スピーカーターミナルはスピーカーを作るための
    必要悪だと思ってます。
    本当は望ましくないけど他にどうしようも
    無いじゃんね、みたいな。
    自作SPであれば多少の不便さと引き換えに
    気に入ったケーブルをユニットへ直接
    繋げられますので自分もそうしています。

    SP背面でケーブルを分割しようとすると
    接点や異種材料の数が一気に増え、
    少なからず音にも影響が出るので
    なるべくやりたくありません。
    お金を掛けてその劣化を減らす努力をするよりも、
    最初から切らない選択肢が取れるなら
    それに越したことはないと考えます。

    byテナガザル at2020-07-18 14:09

  4. テナガザルさん、こんにちは。
    オーディオには、沢山の接点がありめすが、自作スピーカーならでは出来る直結かなー、と思います。
    いくら6N、8N等高価なケーブルを使っても、銅合金やベリリウム銅の端子を何箇所も挟むのは余り気乗りしませんよね。
    サンシャインさんのHPにも詳しく書いて有るようです。
    既製品のスピーカーはそうも行かないんでしようね。
    良いと思う事を頑張りましょうね

    bycocoa at2020-07-18 14:26

  5. cocoaさん こんにちは

    以前、B&W N805をネットワークをバイパスしてスピーカーユニットに直接半田付けして、ケーブルを引っ張り出していました。なかなかに良い具合でした。

    接点の影響は大きいですね。特に端子は、振動の影響も受けやすい。最近、プリアンプのRCA端子が振動の影響を受けていることに四苦八苦しました。スピーカーだとなお影響は大きいでしょうね。

    銅は、振動面であまり音が良くないし、かといって機械強度の高い銅合金やベリリウムカッパーは電導性でやや劣るし、選択に迷いますね。当方は、ベリリウムカッパーのバナナプラグで現状は納得していますが、日記を拝読してちょっと考えてしまいます。

    byベルウッド at2020-07-18 16:51

  6. ベルウッドさん、こんばんは。
    バナナプラグは便利ですが、音質で考えると難しいですね。
    しかし、B&Wを改造とは凄いですね。
    私の場合は、自作なので気楽にいろいろやっています(笑)
    もう少し上手い接続方法が有ると良いですよね。

    bycocoa at2020-07-18 19:24

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする