MF
MF
PCオーディオまであらゆる再生方法を実践して音の違いを楽しんでおります。

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

豊澄電源機器株式会社ノイズ対策専用トランス②

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年03月15日

今一度音量を90dBほどまで上げて聴いてみて・・・
豊澄NRだけにしたりアイソレーショントランスだけにしてみたり・・・。
どうもクラシックなんかだと金管楽器が伸び切らない感じが・・・。
容量的には相当余裕があるはず・・・。
もう一度元のアイソレーショントランスだけにしてみて・・・
うーーん、やっぱこれだな~(汗)

仕方ないので、冷蔵庫に使ってみました。


お!
これは良いかも(笑)

個人的感想なので参考程度にお受け止め下さい。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. すみません、
    ノイズカットトランス と書くと電研製の意味になります。

    ノイズ防止トランス NRシリーズ 
    が正解では?

    byYongJoon at2021-03-16 04:49

  2. MFさん、精力的に取り組まれていますね。

    豊澄のノイズ防止トランスは日記のような感じでしたか。。。
    ノイズ対策をしたトランスは数多くあるようですね。

    ・ノイズストッパートランス:鶴田電機
    ・ノイズ防止トランス:豊澄電源機器
    ・ノイズゼロトランス:ユニオン電機
    ・ノイズ減衰トランス:布目電機   ・・・・・

    下記のURLに2021年版のノイズカットトランス10社が掲載されていました。
    https://metoree.com/categories/noise-cut
    transformer/#:~:text=%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%88%
    E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%811960%E5%B9%
    B4%E3%81%8B%E3%82%89%E3%80%81%E9%9B%BB%E7%A0%94,%E9%AB%98%E3%81%84%E3%81%
    AE%E3%81%8C%E7%89%B9%E5%BE%B4%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82

    ですが、同じような特性でも、音はかなり違うようですね。
    オーディオ用のノイズフィルターを開発~販売している競合する開発者も、「オーディオ用の電源トランスは、電研精機のものしか認めない」と言われていたそうです。

    自分でも価格が倍のオーディオ用トランスも試したのですが、効果が全くと言っていいほど違いました。

    バッテリーその他、電源まわりの機器をたくさん試されているMFさんには、ぜひ電研精機の<<ノイズカットトランス>>を試してみてもらいたいです。

    byヒジヤン at2021-03-16 13:09

  3. MFさん

    前の日記にレスしてしまいましたが、無用な口出しだったかもしれませんでしたね。

    トランスに限らずノイズフィルター的なものは音楽をつまらなくしてオーディオを退屈なものにしてしまうリスクがあります。

    電研精機はとある試聴室で聴きましたが、まさにそういう音でした(当時はトランスのせいだとは思わなかったですけど)。もともとメカトロニクスの制御機器とかメディカルエレクトロニクス用途ですから、オーディオ用としては冷静にみてみる必要がありますよね。

    byベルウッド at2021-03-16 15:12

  4. ベルウッドさん 横から少し失礼、『質問』です。
    (MFさん、2つ分場所をお借りします m(_ _)m )

    >もともとメカトロニクスの制御機器とかメディカルエレクトロニクス用途ですから

    こちらの記述のソースはどこでしょうか?それともベルウッドさんのイメージでしょうか?
    少し意地悪かもしれませんが、当フォーラムで話題の電研精機研究所のNCT-I3シリーズの紹介ホームページには「音響機器」という単語が三度登場します。メーカーのターゲットはそのページから明らかです。もしも、見られた事がなければご覧下さい。

    電研精機研究所の<<ノイズカットトランス TM>>、中にはコンデンサーを併用したモデルも存在しまして、それは私がオーディオに好ましくないと思うものです。ここで申し上げたい事は、オーディオトランスに限らず、電研精機研究所なら何でも良いというのではない。つまりはそういう事で、適材適所が大事です。そのための製品ラインナップです。

    オーディオトランスの場合、
    田村もLUNDAHALも橋本も特性が似ているから同じ音?そんな訳ありませんよね。コア材やその組成も違えば巻き方も上手・下手があったり?


    話が長くなりましたので、続きます。

    bynightwish_daisu at2021-03-16 17:33

  5. ベルウッドさん宛ての質問が2点あります。以下にそれを記します。

    『質問①』
    ベルウッドさんが視聴室で聞かれた<<ノイズカットトランス TM>>というのは何というシリーズだったのでしょう?
    電研精機研究所の営業戦略として音響機器を意識し始めたのは近年の事かもしれません。少なくとも『昔は』オーディオ用ではないという営業スタンスが見られた事は、ネット上の情報から伺い知る事が可能です。それが近年、明らかに変容しています。昔がどうであれ「現在も」同じとは限らないという気持ちがあります。ベルウッドさんが視聴室で聞かれた<<ノイズカットトランス TM>>というのは何というシリーズだったのでしょう?それは何年前の出来事だったでしょうか?

    『質問②』
    以前のベルウッドさんとのやり取りで、一世紀ほど前のWesternElectricの電線の被覆を剝いても酸化は見られず、綺麗な光沢を保っていた話題のその電線の購入元。今回、このついでにその購入元を教えて頂けますと幸いです。
    (百年前、OFCは言うに及ばず高純度の銅を製錬する技術が存在していたとは思えず、私はそのWestern Electric電線が偽物である可能性を疑っています。冷やかしではなく購入してでも調べてみたいのです。このモヤモヤした気持ちをどうかクリアーにさせて下さい。)


    出来事を正確に把握したい。その気持ちだけです。
    よろしくお願い致します。

    bynightwish_daisu at2021-03-16 17:38

  6. 先のメーカー名の記述に間違いがありました m(_ _)m
    ----------------
    誤:LUNDAHAL
    正:LUNDAHL
    ----------------

    bynightwish_daisu at2021-03-16 17:42

  7. 表現に訂正があります m(_ _)m
    ---------------------------------------
    訂正前:酸化は見られず、綺麗な光沢
    訂正後:酸化は見られず、綺麗な銅の光沢
    ---------------------------------------

    bynightwish_daisu at2021-03-16 17:46

  8. ベルウッド さん、
    あまり自分で聞かずに、理屈でUSBオーディオを否定していた当時と似てると思います。

    X1オヤジさんの所で多数 電研ノイズカットトランス 導入されていますので、MFさんが訪問される時に一緒に行かれては如何でしょう?

    百聞は一見にしかず、です。コスパ凄いですよ。

    byYongJoon at2021-03-16 18:55

  9. 修正再投稿です(MFさん、お知らせメール大量、五月蠅くてスミマセン)


    電研精機研究所の<<ノイズカットトランス TM>>の中で音響用途に私が
    個人的に 『オススメしない』 例は、Rシリーズです。
    理由は パスコン併用型 だからです。

    パスコンが併用されると、Thomann S-75MK2のようにアンプのAC100V入力の直後にノイズフィルターが存在するような機器の場合に於いて、そのアンプ内のノイズフィルターのパスコンとトランス内のパスコンが並列になり、並列になることで合成された新たなパスコン容量が電源回路上に現出します。これでは双方が望んだフィルター特性を得ることは難しく、音質評価が、各家庭で組み合わされる機器でバラバラになる事が容易に想像できます。これは<<ノイズカットトランス TM>>の誤った低評価にも繋がりかねません。どこの使用環境でも安定した結果を得ることが難しいともいえます。(プロはそれらを折り込み済で選定するので問題ない。)
    (パスコンを使用したノイズフィルターを複数装着しても、コンデンサー合成容量が増えて特性が変わるだけで、効果が増すとは限りません。)

    少し脱線しましたが、
    シリーズ名のほか、容量(kVA)も重要なファクターです。

    容量は、中村製作所によれば消費する機器の3倍あればOKとのこと。実際のプロの現場ではそこまでの余裕を持たせていないように見受けられる向きもあります(パワーアンプ総合最大出力とトランス容量の比較による個人的印象)。

    bynightwish_daisu at2021-03-16 18:58

  10. YongJoonさん 横から失礼します
    ベルウッドさんは金田式バッテリーDCアンプで、
    そもそもがAC100Vを使用していないのかも(^^;

    bynightwish_daisu at2021-03-16 19:04

  11. 帰宅してびっくり・・・笑

    YongJoonさん、ご指摘の通り訂正しておきますね♪

    ヒジヤンさん、音は何にやっても変わりますから試すしかないですね笑
    アンプより上流の方が効くのかな?って感じがしました!

    ベルウッドさん、そのお話していましたよね・・・笑
    拙宅の環境では日記の通りでした!

    nightwish_daisuさん、どうなさったのですか?笑
    ベルウッドさんのご意見もご自身のシステムでのお話ではありませんし、ノイズフィルターは確かに副作用があるものも確かにありますから、トランスも冷静に見てみる必要がありますと書かれてるだけですよ?

    皆様へ
    同じシステムでも部屋が変われば音は当然変わる訳ですし電源事情も様々です。

    へ~~そうなんだ
    試してみようかな
    いや、うちには合わないかもしれない
    でも面白そうだな

    いろんな意見があって当然だと思います笑

    byMF at2021-03-16 22:25

  12. MFさん

    お疲れ様です(笑)
    まぁ・・・断定は厳しいですよね(笑)
    ウチではこうだった、自分はこう感じました、他の環境ならわかりません、ならわかるんですけど・・・

    アタシも仕事上は結構影響力あるらしいので、発言(特に公共の場)
    に気を付けるようになってます。

    byデーンちゃん at2021-03-16 22:43

  13. MFさん、いろんな意見があって当然ですね。

    MFPCもオーディオ専用でない材料を、目と耳と使いこなしで活用するから、高性能でモジュール化が出来るのですよね。製品コストは生産数に反比例するのは自明の理です。

    MFさんが多用するバッテリーも使いこなしが難しそうです。バッテリーはどうしても力感や躍動感が不足し音楽をつまらなくしてオーディオを退屈なものにしてしまうリスクがあります。

    パワーアンプにバッテリーを使用する事例を、あるお宅で聴きましたが、まさにそういう音でした。ビートが感じられませんでした。

    バッテリーは瞬時に電流を流すのが不得意なようで、オーディオ用としては冷静にみてみる必要がありますよね。

    byヒジヤン at2021-03-16 22:44

  14. つまりは大人の事情でノイズカットトランスが評判よくなり売れすぎると困るということですね。
    実際NCTはアクセサリーの範疇を超えてますからねー。
    しかも良い、売れて当然ですし。

    by at2021-03-17 18:13

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする